県央東地域本部こうし地区主催で、「本物のチョコレートワークショップ」を開催しました

 こうし地区では、1月31日(金)、泉ヶ丘市民センターで、「食育の会わくわく」による「本物のチョコレートワークショップ」を行いました。(15人参加)
 今回は、「チョコレートを作る取り組みは初めてです!」と言われる組合員さんばかりで、初めの説明から皆さん熱心に聞かれていました。
 3つのテーブルに分かれてチョコレート作りを行いましたが、それぞれに味わいの違うチョコレートができあがり、練り上げの違いも感じられました。
 できあがってすぐのチョコレートも大人の味でとても美味しかったのですが、2週間ほど冷蔵庫で熟成させると、味が馴染んでさらに美味しくなるということで、バレンタインデーに是非ご夫婦で味わっていただきたいと思います。チョコレートを通して民衆交易にもしっかりと触れられ、とてもいい取り組みでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

(こうし地区副委員長 島田和美さんより寄稿)

 





県央東地域本部「熊本地震支援」報告(12月)

2019年12月14日(土) 惣領仮設 「惣領仮設餅つき」
 12月中旬にしては寒さも厳しくなく、穏やかな陽気でした。仮設に着くとテントが立ち、豚汁・餅つきの準備が整っていました。
 杵と臼での餅つきに大興奮の娘たちは、実際につかせてもらうと「重い!!」「結構難しい!」と言いながら頑張っていました。
 つきたての餅を仮設の方にも教えていただきながら丸めました。近くの野球部の中学生たちも途中参加し、餅つきをしてもらい、賑やかでたのしい時間を過ごせました。(参加者40名程度)

(すぎなみ地区 米村睦子さんより寄稿)


 

 

 

2019年12月15日(日) 馬水南地区 「馬水南サロン餅つき」
 益城町の馬水南公民館で行われた餅つきの取り組みに参加しました。馬水南地区の老人会「結いの会」の皆さんが多く集まってくださり、和気あいあいと餅つきや豚汁作りを楽しみました。つきたてのお餅を丸めながら会話を楽しんだり、お野菜たっぷりの豚汁と一緒にできたてのお餅を美味しそうに、そして嬉しそうに食べている様子がとても印象的でした。ご近所の方のたくさんの笑顔が見られて充実した時間でした。(参加者20名)

(益城地区 河野里美さんより寄稿)


 

 

 

2019年12月16日(月) 広崎仮設 「広崎仮設サロン」(産直びん牛乳でチーズ作り&茶話会)
 今回は、サロンの皆さんと一緒にモッツァレラチーズ作りと、チーズ作りで出たホエーでホットケーキとホエージュースを作りました。モッツァレラチーズ作りは、参加者に見せながら作り、こねる作業を体験していただきました。はじめは恐る恐るという感じでしたが、慣れてくると楽しそうにされていました。ホットケーキは、生クリームとフルーツを準備し、焼いた生地にのせて、ちょっとしたケーキのように各自で飾ってもらいました。ホエージュースは冷凍マンゴーを使い、ジューサーで混ぜただけというジュースですが、とても美味しく出来上がりました。災害支援センターの村上さんも参加され、とても和やかに会話も弾み楽しいひとときになりました。(参加者14名)

(こうし地区 島田和美さんより寄稿)


 

 

2019年12月24日(火) 馬水・惣領地区 「惣領公民館(お茶しませんかの会)餅つき」
 12月24日クリスマスイブの日に惣領公民館の餅つきに参加してきました。
 当日は40名くらいのご近所の皆さんが続々集まって来られ、一緒にお餅をつく方や、丸める方それぞれに楽しんでいらっしゃいました。一緒にお餅をついたお父さんは、「昔は親戚が集まってみんなでお餅をついたもんね〜」と思い出話をされる方もいらっしゃいました。女性の皆さんは、公民館の中で、つきたてのお餅をいろんな話をしながら上手に丸めていらっしゃいました。
 お餅と豚汁が出来上がったら皆さん席に着かれ、代表の村上さんのご挨拶の後、幸山元市長と益城町議の方も一緒に参加され、一緒に召し上がられました。美味しいものを食べながら話も弾み、あちこちで笑い声が絶えない様子でした。
 また、幸山元市長には、グリーンコープの震災直後から今までの支援内容や福島の支援、そしてこれからも地域に寄り添って支援を続けて行くことをアピールして、聞いていただきました。ほんの数時間ではありましたが、幸山元市長からも「とても大切なことをされていますね」と、お声をかけていただきました。私たちに出来る事は特別なことではありませんが、この時間を通して、お話しすることで皆さんが元気になられ、喜んでいただけることがグリーンコープに集う私たちの出来る事なのかもしれないと感じました。これが地域福祉に繋がっていくのだと感じました。(参加者30名程度)

(地域理事長 竹内智子さんより寄稿)

村上さんと地域の皆さん

 

餅つき風景

 

竹内地域理事長と皆さん

 





県南地域本部 八代西地区主催でグリーンズカフェを開催しました

9月18日(水)、松高コミュニティセンターで、県南地域本部八代西地区主催のグリーンズカフェを開催しました。(12名参加)
 最初に、岩尾地区委員長より3つのお話がありました。1つ目は遺伝子組み換えナタネ汚染調査の報告でした。八代西地区では今回の調査でも陽性反応が出ており、遺伝子組み換え汚染が広がっていることが懸念されているということでした。JA八代の方もナタネ採取に同行し、検査まで一緒に確認されたそうです。同じアブラナ科の大根、白菜、小松菜、キャベツなどの身近な野菜との交雑の可能性を危惧されているということでした。2つ目はグリーンコープの活動が熊本日日新聞で9月下旬から連載されることの紹介でした。そして最後は、「遺伝子組み換え作物反対」と「ゲノム編集食品の規制と表示を求める」署名活動への協力のお願いでした。ゲノム編集食品は、遺伝子組み換え食品とは違い、遺伝子を効率的に改変できる技術であること、国はこのゲノム編集技術で改良した食品の表示を義務付けない方針であることを、資料を参照しながらわかりやすく丁寧な説明がありました。
 次に、各活動委員から報告とアピールを行いました。福祉活動委員からは福祉活動組合員基金(100円基金)についてのお話、学習会の案内、ゆるりの家・八代の紹介がありました。環境活動委員会からは、しおり折りにしたチラシを使って4R運動の確認と牛乳びんの洗浄方法を説明しました。また、酸素系漂白剤の使い方を実践しました。参加者からは使い心地など、酸素系漂白剤に対する質問が出ていました。商品おすすめ活動委員会からは、30周年記念開発商品であるGC「産直れんこん入り生ハンバーグ」のPRを行いました。
 その後、参加者全員で試食作りを行いました。メニューは、GC「産直れんこん入り生ハンバーグ」をメインに、パン、ごぼうサラダなどのワンプレートの試食でした。GC「産直れんこん入り生ハンバーグ」のパッケージに書いてある焼き方、焼き時間を皆で確認しながら調理を行い、美味しい試食ができあがりました。GC「産直れんこん入り生ハンバーグ」を食べた参加者からは、「何もつけなくてハンバーグそのままで美味しい!」との感想が多く聞かれ、他にも、おすすめのグリーンコープ商品やお弁当におすすめの品、せっけんの使い方などを談笑しながらの和やかな試食タイムとなりました。
 最後に、岩尾委員長より、今日の話を周りの方へ伝えてほしいことと班会の呼びかけがあり、参加者から開催の申し出がありました。

 

〜参加者の声〜
・GC「産直れんこん入り生ハンバーグ」の試食がとても美味しかった。試食のパンにつけたホワイトソフトマーガリンの活用方法を教えてもらえてよかった。
・楽しくお勉強できた。ゲノム編集食品の新しい話を聞けて良かった。せっけんの使い方を知ることができた。
・目がよく見えないので、字が小さいチラシなどはあまり見ないが、ゲノム編集食品の話を直接聞くことができて勉強になった。

 

 

 

 





植木地区主催で、グリーンズカフェを開催しました

 2019年9月12日(木)、熊本市北区植木町の大和地域コミュニティセンターにて、県北地域本部植木地区主催で、グリーンズカフェ(秋の組合員のつどい)を開催しました。(13名参加)
 県北地域本部では、グリーンズカフェのテーマを「おいしく語ろうグリーンコープ」とし、この秋に新登場予定の「産直れんこん入り生ハンバーグ」をはじめ、グリーンコープの美味しい商品の話題が美味しく語られていました。

 

 

 はじめに庵本地区委員長が「本日は、メーカーの方もお招きしています。試食も用意していますので、テーマのように、美味しく、楽しく、語り合いたいと思います」とあいさつ。次に、福祉活動委員から、一般社団法人グリーンワークス FP円縁による学習会、「今知りたい、お葬式・お墓事情〜身近な人が亡くなったときどうする〜」や、ゆるりの家・三里木の紹介、県内在住で「寝たきり芸人」と名乗って芸能活動をされている、あそどっぐさんを招いて八千代座で開催した講演会の報告をしました。続いて、環境活動委員が、グリーンコープの4R運動について説明。4つのRの意味を、ポスターとチラシを使って説明し、リユース瓶や仕分け袋回収などについては、実演も交えて説明しました。おすすめ活動委員会については活動委員が空席のため、地区委員全員でこの秋新登場する「産直れんこん入り生ハンバーグ」のアピールを力強く行いました。れんこんハンバーグの「れ」…「連日食べてもおいしいですよね」、「ん」…「ん〜これはたまらん、歯ごたえシャキシャキジューシー」、「こ」…「今度再登場するんですね」と、あいうえお作文で紹介していき、最後に、「good(グー)」で締めくくりました。また、産直びん牛乳について、委員が着用している、産直びん牛乳がデザインされたエプロンを披露。さらに、国際味覚審査機構の優秀味覚賞で、産直びん牛乳ノンホモと産直びん牛乳パスチャライズがダブル受賞したことを紹介しました。

 

 

 

 

 

 県北地域常務の小山さんから今年度の業務関連の報告があり、組合員の利用が減ってきている厳しい現状や、そのことを改善するために取り組んでいることについて詳しく説明されました。消費税が10%になることによる買い控えも今後予想されるため、お店やキープ&ショップで使える「ペイペイ」の活用を推進したり、1枚でも多く注文書を回収しようと、様々なことに取り組んでいくということでした。仲間づくりについて、新しい組合員を増やそうと、郵便局のイベントスペースを使った取り組みや、地域のイベントに出向いて試飲を行う仲間づくりに取り組んでいくことと、「近くに引っ越してきた家族がいる」など、「何かのきっかけで組合員になられるかもしれない。ささいなことでもかまわないので、ぜひ情報を寄せてほしい」とのことでした。
 メーカーを招いての学習会「みどり園によるお茶の学習会」や、この秋に新登場の産直れんこん入り生ハンバーグの試食もあり、盛りだくさんのグリーンズカフェとなりました。

 

 

 

 

<組合員の声>
Q、植木にグリーンコープのお店がほしいです。
A、キープ&ショップなら可能かもしれません。

Q、運動に関連して、グリーンコープのコマーシャルを見て思うことだが、グリーンコープは生産者が登場したりかわいいキャラクターが登場するアニメーションなど、グリーンコープの思いを伝えるものではあるが、「気軽に加入して、手軽に利用できるんだよ」というような、すぐに加入動機に繋がるようなものにはなっていないと思う。他の生協のコマーシャルはわかりやすい。改善したほうがいいと思う。
A、昨年から、ウェブ加入を始めている。社会のニーズに合わせたCMにしていこうと協議しているところである。

Q、ご年配の方が見やすい注文書にできないか。
A、オールグリーンコープで注文書は作成している。大きな文字にすると品目数が減るので、利用も減ってしまう。悩ましいところではあるが、見やすいフォントにするなど、改善の努力はしていくと思う。

 

<メーカーを招いての学習会「みどり園によるお茶の学習会」>
 煎茶や麦茶などのグリーンコープ商品のメーカー、みどり園 営業部長の宮原さんから、さまざまなお茶関連商品についての話を聞きました。参加者は、どくだみミックス茶、知覧茶、抹茶グリーンティなどを試飲しながら、気づいたことや日ごろお茶について疑問に思っていることなどを質問していました。質問に対する応答も丁寧で、参加者の興味は尽きることなく時間が足りないほどでした。宮原さんは、「以前は、お茶のおいしい淹れ方の学習会をしていましたが、最近は飲料の多様化によりご家庭で煎茶を飲まない人が増えているようなので学習会の内容も変わってきています」と話され、煎茶を含めたお茶に関する情報を幅広く話していただきました。「ごぼう茶やルイボスティが人気です」、「ごぼう茶はお茶がら(ごぼう)も食べられるんですよ。お茶を煮出したあとはパックから取り出して、生のごぼうと同じように調理してください」など耳寄りな情報や、「グリーンコープとの取り引きについてはすべてガラス張りになっています。約束事を間違えることがないように、常に気を引き締めて取り組んでいます」と、グリーンコープの厳しい基準に合った商品作りに尽力されている様子についても話されていました。

 

<参加者の感想>
・れんこん入りハンバーグは、れんこんがシャキシャキしていて何もつけなくてもおいしかった。
・4Rの話はポスターを使っていて目で見てわかりやすく、「なるほど、こんなふうに循環しているのか」と思った。ほとんどグリーンコープ商品で生活しているので、便利さを実感している。
・みどり園さんの学習会は勉強になった。ごぼう茶を注文したいと思った。

 

 

 





県央東地域本部「熊本地震支援」報告(11月)

11月18日(月)広崎仮設サロン(どこでもソーイングBOX作り&茶話会)
 

 この日はどこでもソーイングBOXを作りました。
 巾着型で中に針山がくっついている、あけてびっくり!!のかわいいソーイングBOXです。チクチク針を動かしながら思い出話に花が咲きました。
 いよいよ1〜2月には災害公営住宅に移られる様子もあります。次なる支援の形を模索する時期に来たと思います。(9人参加)

 

 

(県央東地域本部 地域理事長 竹内智子さんより寄稿)

 

 

11月21日(木)惣領仮設サロン(クラフトテープのかご作り&茶話会)


 クラフトテープで編むかご作り。
 かごは途中まで下準備をし、参加された方々には側面編みから完成まで作成していただきました。
 色は白とクラフトの2色からお好きな方を選んでもらいました。最初のうちは慣れるまでもくもくと編むことに集中されていましたが、編み進めていくとだんだん会話も弾み、完成後はそれぞれの好みで作った持ち手の形や縁飾りの色が違うかごを見ながら「同じ材料で作ってもみんなぜんぜん違うかごができるのね」と盛り上がり、楽しくお茶の時間へ進みました。(9人参加)

 

 

 

(ルミエールプロジェクトメンバー 重野美樹さんより寄稿)

 

 





県央東地域本部 環境活動委員会で、エコチャレンジの取り組み「段ボールコンポスト講習会」を開催しました

 11月29日、県央東地域本部 環境活動委員会で、エコチャレンジの取り組みとして「段ボールコンポスト講習会」を開催し、21人の参加がありました。
 「段ボールによる生ごみの堆肥化を推進する会」から、講師の森川公子さんに来ていただき、実際に段ボールコンポストを作ってみました。厚手の段ボールを組み立て、新聞紙で内側を補強し、竹パウダーを入れ、布でふたをします。毎日生ごみを入れ、3ヶ月ほどで堆肥になります。

 今、私の手元には、生ごみを入れ始めて10日たった段ボールコンポストがあります。ぱふぱふだった竹パウダーがしっとりとしてきました。毎日入れた生ごみは、どこへ行ったのかというくらいです。臭いはありません。毎日様子を見るのが楽しみになってきました。
 平均的に、家庭から出る生ごみは1日に500gといわれています。
 生ごみの焼却処分には、私たちの税金を投入して、大量の燃料が要ります。また、燃やすことで地球温暖化の原因のCO2の発生にもなります。
 知恵と、手間と、時間を惜しまないで、地球にやさしい生活を目指したいと思います。

 

 

 

 

 

(県央東地域本部 阿蘇地区 岡部とし子さんより寄稿)

 





県南地域本部で、「みかん招待園」(アグリネット)に参加しました

 11月26日火曜日、当日は晴天に恵まれ風もなくおだやかな暖かい日でした。
 園地に着くと、アグリネットの東さんから収穫時の注意点と「今日はいっぱい食べていってください」と、あいさつがありました。各自専用のはさみをお借りして、みかんを収穫したり試食したりしました。
 甘みと酸味のバランスがとれた味の濃いみかんに「美味しい!」との声があちこちで上がっていました。それから周辺のみかんを色々試食して、自分好みの味を見つけ収穫しました。収穫しながら東さん夫妻と息子さんに質問したりお話を伺って交流しました。
 園地の土は除草剤が使われていないので、ふかふか柔らかでした。そのため草を取っても取ってもすぐ生えてきてしまい大変な様子でした。また今季は夏場の長雨や台風、気温の高い時期が長かったなどで、病気の発生や害虫のカメムシ、カミキリムシの発生が多かったそうで、今はスズメバチが多く、作業には気を付けないといけないということでした。
 最後に東さんから「美味しくても美味しくなくても評価アンケートは是非記入して出してください。生産者の評価やレベルアップに繋がります」とアンケート記入について話されました。
 子どもたちも参加者も思う存分みかんを試食し、中には10個も食べた方もいました。みんなそれぞれ家庭用やお土産用にたくさんのみかんを収穫しました。参加者全員で112kgの収穫でした。

 

 

 

(八代西地区 岡村幸代さんより寄稿)





県央東地域本部阿蘇地区主催で、「御岳会産直料理交流会」を開催しました

 阿蘇地区では11月11日(月)に、南阿蘇村白水保健センターにて御岳会の皆さんと産直料理交流会を行いました。
 組合員未組合員合わせて15名の参加がありました。御岳会の方6名と合わせ21名が4班に分かれ、小松菜ごはん、チンゲン菜のクリーム煮、和風里芋ハンバーグ、小松菜スムージー、小松菜パンケーキを手分けして作りました。
 採れたてしゃきしゃきの小松菜やチンゲン菜、ごろっと立派な里芋に歓声を上げながらわいわいとにぎやかに料理をして、他の班をのぞいたり手伝ったりと楽しい時間を過ごしました。会食では御岳会の皆さんと、野菜のことだけでなく同じ子育て中の母としてのお話などもし、より親近感がわきました。
 料理はどれも大変美味しく、里芋アイスも「里芋とは思えない!」と驚きの美味しさでした。事後アンケートでも「家で作ってみます」「安全安心な野菜に感謝です」「これからは皆さんの顔を思い浮かべながら注文します」という声がありとてもよい交流会となりました。

 

 

 

 

(阿蘇地区 渡邉由紀さんより寄稿)





県北地域本部主催で、「有機農法すずらん会・訓子府(くんねっぷ)有機農法研究会との交流会」を開催しました

 11月15日(金)、玉名市勤労青少年ホームにて、有機農法すずらん会・訓子府有機農法研究会の生産者をお迎えし交流会を行いました。          

 北海道の広大な土地で、玉ねぎ・にんじん・じゃがいも等を作られている様子をドローン撮影によるスライドで紹介していただいたり、その青果物の管理をされている成田商店の成田さん作成のボードによる詳しい説明を伺うことができました。大きな機械と細かな人の手により丹精込めて作られた作物が届けられていることに改めて感動しました。

 昼食交流会では、活発な質疑応答が行われ、参加者から「生産者の顔が見える交流会、遠い北海道が身近に感じられました」や「広大な畑での手作業、ご苦労が身に染みます」などの声が聞かれました。

 生産者と組合員を合わせて約30人で和やかな雰囲気の中、私達の食卓に欠かせない玉ねぎ・にんじん・じゃがいもを感謝の気持ちをもって利用することで、これからも応援していきたいと思える交流会になりました。組合員の思いを込めたメッセージ集も直接お渡しすることができました!   

 

       

 

 

 

 

 

(県北地域本部 中原 美紀さんより寄稿)

 

 

 

 





県央東地域本部 福祉活動委員会主催で福祉講演会「現代の子育てこれで大丈夫!」を開催しました

 11月7日(木)に、くまもと県民交流館パレアにおいて福祉講演会を開催しました。(81人参加)
 講師はメディアなどでコメンテーターとしてもご活躍の臨床心理士の岡崎光洋先生をお招きしました。
 講演会では、いつもテレビで見る穏やかな印象と違い、とても力強い口調で、時には厳しく時には冗談も交えながら、さまざまな視点から子育てについて話をしてくださり、あっという間の2時間でした。
 親としては耳の痛い話もありましたが、子どもに身につけさせるべきこと、親が取るべき態度、子育ての根本(4K…個性・肯定・気迫・繰り返し)など分かりやすく話してくださりました。
 おかげで思春期真っ最中の我が子に、これからどう関わっていけばよいか、少し見えてきたように思いました。
 そして、講演の中で心に響いた言葉の1つに、「子どもは、人間関係の困難にあっている時、心が育っている」がありました。
 まさに、小6の我が子が友だちとの人間関係で悩んだり、傷ついたり、イライラしたりしている時期なので、「今、きっと心が育っている途中なんだ」と思うと、どんなに反抗的な態度をとられても優しく接することができるような気がしました。
 「子育てはもちろん楽ではないが、一生懸命やれば必ず返ってくるから結婚式ぐらいまでに心が育っていればいいのでは?」という言葉をお守りにして、沢山の情報に振り回されがちな現代の子育てですが、焦らずに、一生懸命子どもたちに向き合っていこうと思いました。

 

 


(こうし地区福祉活動委員 荒木由利子さんより寄稿)






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

プロフィール

書いた記事数:62 最後に更新した日:2020/02/10

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者