「感謝の玉ねぎ」お礼の訪問報告

日 程・・・2017年2月3日(金)〜4日(土)

場 所・・・韓国ソウル〈ハンサリム連合〉


< 歓迎の挨拶:ハンサリム郭代表より >

 真冬に韓国に来て頂いてありがとうございます。グリーンコープとは、30年以上の交流の歴史があり、昨年初めて「もの」〈玉ねぎ〉の交流を行いました。「もの」だけの交流ではなく、国家を越えた交流だと思いましたし、丁寧なやり取りもされました。「感謝の玉ねぎ」の呼び名がグリーンコープの理事会で決まって有り難く思いました。この度、初めての「もの」の交流が終わりましたが、私たちには感動の交流が生まれました。個人の欲求を超えた、公共の交流、未来を目指して共に生きていく交流です。また、たくさんの方々に支えられて今回の交流があった事、キソプさん、生産者の方々、両生協職員に感謝の気持ちを述べたいと思います。

 

< 感謝の玉ねぎを輸入することになった背景 >

 グリーンコープでは、玉ねぎを1週間で27トン、年間1,400トンを扱っています。4月〜9月南九州、10月~3月北海道のものを扱っています。今期、九州産玉ねぎが病気や貯蔵中の痛みがあり、通常通りに出荷することができませんでした。10月に供給予定であった北海道の玉ねぎは、台風と大雨で相当な被害が出ました。玉ねぎが流された北海道は、作物だけではなく様々な被害が出ました。グリーンコープ生産者の畑は、水につかり病気が出て収穫量が減りました。台風が過ぎた後も玉ねぎを乾燥させることが追いつかず、寸断された道もあり、運ぶことも困難な状況でした。グリーンコープもそうであったように、日本全体が同じような状況にあり、野菜が高騰していました。

 

< 牧より当日お伝えした、義援金と感謝の玉ねぎお礼の内容 >
 熊本は震度7地震が立て続けに起こりました。たくさんの方々が被災しました。そのような中で、グリーンコープとして震災支援に取り組んでいるところです。地震直後にハンサリムより郭理事長、専務が義援金を届けに来てくださいました。とても有り難かったです。その後、自然災害が続き、食卓から玉ねぎが消えようとしていました。そんな時、ハンサリムから緊急支援として「感謝の玉ねぎ」を届けて頂けるということで、2度に渡り助けて頂きました。今日は、くまもとのみんなからも、しっかりと義援金のお礼と「感謝の玉ねぎ」のお礼を伝えてくるように言われています。くまもとでは、「感謝の玉ねぎ」の利用普及のために、理事会で試食しました。生でスライスしたものをドレッシングなしで味を確かめました。本当に甘みがあって美味しかったです。私は理事会で言いました。義援金も頂いています。特にくまもとは「感謝の玉ねぎ」を1人10袋は買いましょうと伝えました。
本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

 

< 全体感想 >

 今回、「感謝の玉ねぎ」の取り扱いから更なる交流・連帯の深化へ感謝の旅に参加させて頂き本当に良かったです。私がグリーンコープ組織の在り方、グリーンコープ運動、国際的な連帯や交流を始めて意識したのは、ピョンファ・エ・ダリで韓国の歴史や文化を学び、ハンサリム生協やドゥレ生協との交流をさせて頂いた時からです。それから、グリーンコープの事をさらに知ることができて、広い視野でグリーンコープ運動を深めることができました。
 私の任期が終わる前に、震災支援で義援金を頂いたことや「感謝の玉ねぎ」に対するお礼を直接言えたことは、私にとってとても有り難いものでした。
 懇親会では生産者の皆さんとも会話をさせて頂きましたが、生産者の皆さんはとても純朴で、いつも土と触れ合っている、おおらかさを強く感じました。実は、今回の交流会・懇親会に参加するために、4時間もかかる道のりを来て頂いたと知った時に思わず胸が熱くなり、4時間もかかるので早めに帰られる様子を見て、思わず感謝の思いを込めて握手させて頂きました。
 このように、助け合い、支え合いの精神が海を越えて実現されたことは本当に素晴らしい事だと思いました。これからも、ハンサリム生協との連帯が続いていくことを願っています。参加させて頂き本当にありがとうございました。


(理事長 牧 幸子さんより寄稿)

 





2016年度 新産地「真南風(まはえ)」との交流会を開催しました

 2017年2月21日に、本部会議室にて、2016年度 新産地「真南風(まはえ)」との交流会を開催し、利用普及推進委員会、商品おすすめ活動委員会、理事長・委員長会メンバー合わせて32名が参加しました。

 真南風は2015年から取引を始めた新産地です。真南風からは、代表の坂本勇一郎さん、パイナップルの生産者の平安名貞市(ヘンナサダイチ)さんの2名、鳥越農園ネットワーク代表の鳥越和廣さん、連合職員の小田陽史さんに参加していただき、詳しく説明していただきました。

 

 

 真南風は魚住けいさんと夏目ちえさんで1995年に立ち上げられた。真南風の生産者は石垣、宮古、西表、本島、久米島などで、40名ほど。「真南風」とは6月に真南から吹く風のことで、「南の沖縄から本土へ安心・安全な青果を届けたい」との思いで、会の名前を決められたそうだ。

 石垣島はパイナップルが好む赤土の酸性土壌で、以前は加工用として「大きくて香りがするだけのパイナップル」を栽培して、島の工場で缶詰にしていた。1970年代に外国産のパイン缶に押されて、島の工場が撤退。その後、「生でも美味しいパイナップルを作りたい!」との思いで、安全性や品種にこだわり、窒素を必要以上に与えず、酸味と甘みのバランスが取れた物を作ってきた。パイナップルは追熟しないので、畑で熟した物を収穫して、翌々日には組合員の手元に届き、1週間は保つそうだが、注文の時期と合わないこともある。
(そういうパイナップルを、熊本地震の時には大量に送っていただいたので、炊き出しの時に被災者の皆さんに食べていただき喜んでもらったと、牧理事長より感謝の言葉を述べられました。)

 宮古島は地下ダムがあり、農業用水が豊富だが、一時期水が汚れてしまった。このままでは人が飲めない水になってしまうので、水を守るためにも、農薬を使わず肥料(窒素)も使わない「有機栽培」を行っている。平均気温22℃で、雑草も虫も病気も多く発生する厳しい環境だが、有機によって野菜のえぐみを出さずに甘みを出している。

 

 

 交流会では試食(ピーマン・パプリカ・いんげん・平ザヤいんげん)を出したのですが、「甘くて美味しい」「このピーマンなら食べられる」という声が多くありました。試食とともに産地の説明を聞いたので、余計に理解が深まったという感想が多くあり、良い交流ができたと思います。試食に出した青果以外でもゴーヤやバジルは今カタログに載っており、パイナップルは4〜6月頃に登場します。ぜひカタログを見て注文をお願いします。

 

 

 

 

                                                              (利用普及推進委員会副委員長 岩本紀子さんより寄稿)

 

 





県央東地域本部主催で「子どもたちが地域で生活するために 〜重度心身障がい児(者)の家族のレスパイトを考えよう〜」を開催しました

 2月13日、くまもと県民交流館パレアにて、県央東地域本部主催の学習会「子どもたちが地域で生活するために 〜重度心身障がい児(者)の家族のレスパイトを考えよう〜」を開催しました。
 講師に認定NPO法人NEXTEP(合志市)理事長の島津智之先生をお迎えして、取り組んでいらっしゃるレスパイトケアに関する“なりたち”から“熊本地震直後の様子”や “現状と課題”など、今後私たちが第五次福祉事業3ヵ年計画において検討していくヒントをたくさん教えていただきました。 
 先ずは「レスパイトケアとは何か?」ということを、端的に「家族がひと休みできるサービスの全てを指す幅広い概念」とおっしゃいました。具体的に、2000年12月に活動を開始されてから今日まで、《子ども専門の訪問看護ステーション・ステップ♪キッズ》《子ども専門のヘルパーステーション・ドラゴンキッズ》《医療と福祉の連携をコーディネイトできる専門の相談員を配置した相談支援事業》《通園サービス・ボンボン》を次々に開設して来られています。 
 そのどれもこれもが、「子どもは子どもの中で子どもらしく」「一番弱い立場にある人たちが笑顔になれる社会は、きっとみんなが笑顔になれる」という信念のもと、成長する子どものニーズに合わせた支援を実施された結果なのです。 
 これからは多様性を受け入れるあたたかさが時代を切り開く鍵だということでした。さらに、支援者が一方的に支えているのではなく、支えられている部分もあるとおっしゃっていました。 
 ここでも共助・ささえあいの精神が活かされ、動かれているのだなぁと思いました。 
 配布されたパンフレットには、「これからも笑顔あふれる地域社会を創りだすために、地域の人々と共に、医療・福祉・教育等の諸問題について、問題点の解決のために必要な事業を考え、行動に移していきます」と書かれていました。 
 私たちも、地域福祉の課題について引き続き積極的に学び、何が必要で何ができるのか、先ずは知っていくことで、今後に繋げていきたいと思います。
 なお、この取り組みは福祉活動組合員基金の助成を申請予定です。

 

(県央東地域本部 福祉活動委員会委員長 磯川多香子さんより寄稿)





こうし地区主催で肥後七草会とのお野菜料理交流会を開催しました

 こうし地区では、肥後七草会女性部会の方々をお迎えして2月2日(木)御代志市民センターにて、お野菜料理交流会を開催しました。白菜の変わりメンチカツやトマト団子入りポトフなど、計5品の料理を教えてもらいました。

 

 

 日頃思いつかないような料理で、どれもおいしく、おどろきました。それぞれのテーブルに肥後七草会の方が入ってくれたので、野菜や果物の色々なお話しも聞くことができました。大変、勉強になる交流会でした。
 家でもすぐ、トマト団子を作りました。トマト団子は、白玉粉とトマトを混ぜることできれいなピンク色のお団子になり、幸せな気持ちになります!家族にも大好評でした。
 参加頂いたこうし地区の皆さん、ありがとうございました。
                     

 

 

                      (こうし地区 金子 弓さんより寄稿)

 

 

 

 

 

 

 





福祉委員会メンバーで、福祉活動組合員基金助成団体「NPO法人でんでん虫の会」訪問交流を行いました

 1月20日、福祉活動組合員基金の2015年度地域助成団体の中から「NPO法人でんでん虫の会」を訪問させて頂きました。

 

 『アパートにひとり暮らしをしていたある男性は犬が好きで、寝る時には2匹の愛犬と川の字になって寄り添っていた。ある日愛犬が1匹亡くなったことがきっかけだったのか、残された愛犬を連れて、アパートの生活から車中、そしてホームレス生活へ移行した。しかし、病気で入院。治療、リハビリをしながら回復し、再びアパートを探し入居。協力してくれた人にとても感謝していたという。しかし再び病に倒れ、孤独に亡くなっていた。発見されたのは亡くなってから2か月後のことだった。その方は、体調が悪くても「これ以上するとみんなに迷惑をかけるから」といろいろ気を遣って遠慮をしていたという。こういった悲しい出来事がきっかけとなり、ひとり暮らしの会員同士がお互いに顔を合わせ、支え合うことを目指して2010年に発足した。』

 

 2016年2月の福祉活動組合員基金助成団体報告会でも、代表の船本さんのこのお話には、強く心を打たれました。現在、活動の核になっている3名の方は、この出来事がきっかけに、とにかくひとりじゃない、みんながいるよ、お互い様の「なんでん・かんでん・いつでん・どこでん・だれでん」支え合いの気持ちで立ち上げられたというお話をうかがい、まさに命を守るための支え合いであることを知りました。そして活動内容を「ささえ愛」と呼んでいらっしゃいました。
 お話をうかがっていて、行政の仕組みに入れずに困っている方々がとても多くいることを知りました。多くの生活困窮者支援の制度も、行き届かないところがたくさんあることを知りました。
 訪問したアパートは、日中の「居場所」として毎週月曜日と金曜日にひらかれています。また、「おしゃべり会」は毎週水曜日に行われています。
 団体が身元引受人をしていることから、最近はコミュニケーションの全くない方への緊急依頼が来たりするような「コンビニ的な利用」が増えているとも述べられていました。
 この活動が、どれだけ尊い命を守ることにつながっているかという事を強く心に刻まれた訪問となりました。
 こういった地域団体があるからこそ守られている命がある。そういった団体に福祉活動組合員基金が役立てられていることを知り、毎月拠出する100円の存在の重みを感じました。

 

(福祉委員会委員長 内藤葉子さんより寄稿)





県央東地域本部主催で、第10回ゆっくりはなそうかい「ミモザと春の草花のスワッグ作り」を行いました

 2月11日、グリーンコープしみず店2F りすのお部屋にて、第10回ゆっくりはなそうかい「ミモザと春の草花のスワッグ作り」を行いました。
 今回で最後となる、ゆっくりはなそうかいに、子どもと一緒に参加しました。スワッグとは、独語で壁飾りの意味があるそうで、今回は花束をさかさにしたような形のスワッグを作りました。カナリヤイエローのかわいい元気なミモザ、桃の花、黄色のスイートピーやラフィアを使い、春らしい作品ができました。
 グリーンコープのおいしいお茶やケーキもいただき、参加の組合員さんと「震災から10ヶ月たったけど、今だから話せることがある」「なかなか思うように支援が進まない」「やはり、大きく価値観を変えた体験だった」など、震災のことを思い思いに語り、また、子どもの進学、学業、スポーツ、成長のことなども、まだ子どもが小さい私は、知らないこともたくさん聞けて、よい刺激を受けました。春の生花に触れて元気になり、終始気さくで楽しくなごやかな時間となりました。

  

  

  

(大江・水前寺地区委員長 藤野 美保さんより寄稿)

 





阿蘇地区主催で、愛農会「産直野菜料理交流会」を行いました

2016年11月22日(火)、阿蘇地区主催で、南阿蘇村白水保健センターにて、愛農会「産直野菜料理交流会」を行い、22名が参加しました

 

 今回は、根菜たっぷりの「ぎゅうぎゅう焼」がメインの料理交流会でした。生産者の方々から有機農業へのこだわりを直に聞き、大切に自信を持って育てておられることを知りました。
 カタログを広げたその時に、生産者さんの顔を思い出しながら注文します。

 

(阿蘇地区副委員長 岡部とし子さんより寄稿)

 





県央東地域本部 福祉活動委員会で、多機能型事業所サンシャインワークスの視察に行きました

 1月13日、合志市にありますサンシャインワークスの視察に行きました。
 広大な土地と、大変大きな施設の中で、障がい者の方がお一人おひとりの特性や能力に応じて黙々と一生懸命に作業をされていました。
 グリーンコープのカタログも丁合されており、膨大な量のカタログを1つひとつセットし、クリアケースに封入していくのですが、そのスピードがものすごく速く、かつ正確に行われており、思わず見とれてしまうほどでした。
 組合員の方の中にも「見ないカタログは外してほしい」「無駄だ」という意見もあるそうですが、皆さんの思いのこもったカタログ、ぜひ大切にすべて目を通していただきたいと思います。
 施設長の方がお話されていた中で印象深かったのは、「何をもって障がいというのか。その人その人の個性、特性をきちんと見極め、職員がきちんとサポートし、最大限能力を発揮できるようにする。私たちはただ、就労したいという障がい者に少し配慮し、心遣いをするだけです」ということでした。障がいの等級や区分、程度で判断するのではなく、障がい者に寄りそう姿勢こそ「地域福祉」に通ずる大切なことなのだと思います。

  

  

 

(県央東地域本部 福祉活動委員 久保智絵美さんより寄稿)





「2016年度米沢郷牧場との交流会」を開催しました

 1月24日(火)に本部会議室にて、グリーンコープ生協くまもと主催で、「2016年度米沢郷牧場との交流会」を開催しました。33名が参加し、交流しました。

 

 米沢郷牧場 ファーマーズクラブ赤とんぼ副代表の横山裕一さんから、産地の様子とグループの取り組み理念、生産者のこだわり・思いをじっくりとうかがうことができました。
 自然循環型農業は、地域の農業と環境を守り、安全な食べ物を生産し供給されている様子がよくわかりました。年配の生産者が農業を続けられるように、若い生産者は手助けし、後継者の育成、農業の研究や開発にも取り組み、向上心を持ち地域の農業を守っている生産者であること。生産者と消費者の交流には、「作る人と食べる人の交流の中で栽培していく大切さがある」と、人と人のつながりを大事にされていることも実感しました。
 交流会では、1月10日からの大雪で今年の木の芽を折らないようにラ・フランスやりんごの除雪作業をされている様子を聞き、農作業の大変さも伝えていきたいと思いました。

 

  

 

 

 

            (県南地域本部 商品おすすめ活動委員会委員長 柴原 貴子さんより寄稿)

 

 

 





益城地区主催で映画上映会「うつくしいひと」を開催しました

 

 熊本地震で大きな被害のあった益城地区で、今年度始めての取り組みとして、 1月28日(土)益城町交流情報センター ミナテラス 視聴覚室にて、益城地区主催で映画上映会「うつくしいひと」を開催しました。組合員を含む94人が参加。
 「うつくしいひと」は熊本出身の映画監督と俳優による、熊本の美しい風景、街並みを舞台にした短編映画です。今まで当たり前にそこにあった震災前の熊本の風景・日常が描かれています。
 上映会の後は、グリーンコープ災害支援センターから震災支援報告がありました。また、会場の外にえほんバスを設置し、参加された子どもたちに絵本のプレゼントをしました。

 

 

【震災支援報告】グリーンコープ災害支援センター:村上常務

 熊本地震発生直後から支援活動を続けています。はじめのころは組合員から地域の情報を受け、支援物資・おにぎり・お弁当などを避難されている方々に届けました。4/29からはグランメッセで炊き出しを始め、約4ヶ月間、毎日炊き出しを行いました。また、入浴施設を避難所などに出張させたり、休校で学校に行けない子どもたちのために「親子ひろば」を開いたりと、被災者に寄り添った支援活動を行ってきました。また、生活再生相談等、現在も継続して行っています。
 日が経つにつれ支援内容も変わってきて、買い物が困難な仮設に移動販売カーを出したり、仮設住宅に入居される方に生活応援セットを配布したり。その後、仮設住宅でのコミュニティづくりのイベントなども行っています。
 地震発生から9ヶ月が経ちましたが、今からが大変な時期だと思います。これからも支援を続けていきます。

 

【県央東地域理事長あいさつ】県央東地域本部:竹内地域理事長

 私も小さい頃から通っていた道を、今日通ってきました。当たり前の風景が変わっていて、心が痛みました。
 これから、益城は復興に向け進んでいくと思います。私たちも心に寄り添った支援をしながら、明るい未来に向かって一緒に歩んでいきたいと思います。

 

 

【終わりのあいさつ】益城地区:松川地区委員長

 熊本地震で被災された皆様にこころよりお見舞いを申し上げます。また、支援に携わられている皆様に感謝申し上げます。今回の地震で、私たちは深い傷を負いました。見知らぬ人と声をかけあって、泣くことも忘れて、無我夢中で毎日を過ごしていました。
 今日の映画では、震災前の美しい熊本の自然が見られました。映画の中で「一瞬の出来事が永遠に心に残る…かもしれない」という言葉がありました。熊本地震によって、なにげない日常がどんなに大事だったかと気付きました。それとともに人と人との絆や思いやりを感じることができました。
 一人ひとりの力は次への大きな力となっていきます。復興に向け、地区活動再開の第一弾として今日の上映会を企画しました。次は3月の地域組合員総会を行います。茶話会も行いますので、みんなで一緒にいろんな話をしましょう。

 

(参加者の感想)
・映画を観て、熊本はきれいだなと改めて感じた。
・象徴的な映像が、心情も含めて描かれていて、とても良かった。良い時間をいただき、ありがたかった。
・益城の方々の会話を聞いていて、まだまだ普通の状態ではないと感じた。
・グリーンコープが支援活動に力を入れている様子を知り、益城に住んでいる私も何かしないといけないと思った。

 

 

【えほんバス】

上映会のあと、えほんバスで絵本を選ぶお子さんたち

 






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:411 最後に更新した日:2017/03/23

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者