子育て講演会「すべての子どもが笑顔でいられる地域社会をつくろう〜増え続ける子ども虐待を防ぐ〜」を開催しました

 県央東地域本部福祉活動委員会では、子育て中のお母さんの悩みや不安が少しでも解消でき、楽しく子どもたちと向かい合うことができるように、Cスマイル代表のとみながとも子さんを講師にお招きして、10月26日(水)くまもと県民交流館パレアにて、子育て講演会「すべての子どもが、笑顔でいられる地域社会をつくろう〜増え続ける子ども虐待を防ぐ〜」を開催しました。
 とみながさんは自らの子育て経験を交えながら、優しい口調で、子どもとの良好な信頼関係の築き方のコツなどを話されました。
時には、子どもの視野の狭さを体感できるような動きを指示されたり、子どもが感じる大人の手のひらの大きさを目に見えるようにしてくださったり、心が満たされるような呼び掛け合いがあったり、耳にするとドキッとしてしまう虐待についても、とてもわかりやすく話していただきました。
 子ども(18歳以下)虐待の定義には、「身体的虐待」「性的虐待」「ネグレクト」「心理的虐待」があり、保護者が子どものためだと考えていても、過度な期待や過剰な教育、厳しいしつけによって子どもが耐え難い苦痛を感じるようであれば、それは虐待と捉えるべきとのことでした。
 また、「体罰」と「しつけ」とは、目的が違うことがわかりました。
 「体罰」とは大人が痛みや恐怖を使い子どもをコントロールすることで、「しつけ」とは子どもが社会の一員として感情や行動をセルフコントロールできるようにすること。「しつけ」と「体罰」は同じ延長線上にないということでした。
 そして、重要な点は「子どもの話を聴くこと」だと教えていただきました。大事にされ尊重された記憶が大切なのだそうです。
親が言いたいことだけを言って押し付けるのではなく、子どもの視界に入り、子どもの言い分にも耳を傾け、指示は小さな声で簡潔を心掛ける…と、具体的に教わりました。
 最後に、児童虐待について決して他人事にはせず、「あの子気になる」と感じた時には、ためらわずに通告するように呼び掛けられました。(全国共通の短縮電話番号189−いち早く−)
 ひょっとしたら、虐待をしてしまっている親も何かに困っているのかもしれません。
 孤独で周りに頼れる人がいないのかもしれません。
 周りの人がきっかけをつくることで、行政からの手助けが受けられたり、頼れる先を見つけられたりすることもあるので、とても必要なことだと思いました。
 参加された組合員の方々の感想も、「子どもに視点を置いて考えてみます」「あなたのことが大切だと伝えます」「子どもの笑顔のために、私も笑顔でいます」等と皆さん前向きでした。
 子育ては、なかなか思い通りにいきませんが、子どもと喜びを共にすることで絆が深まっていくものだと思っています。
子どもの成長は思っている以上に早いので、大切な時期の子育てをぜひ積極的に楽しんでいただきたいです。

 

  

 

  

 

                     (福祉活動委員長 磯川 多香子さんより寄稿)

 

 

 

 

 





県央東地域本部商品おすすめ委員会で株式会社庄分酢の視察と学習会を行いました

 10月6日、ここちよい秋晴れの天気のもと、活動委員17名で、福岡県大川市にある、株式会社庄分酢へ視察へ行って参りました。
 300年の伝統的な製法を守り、心を受け継ぐ酢造りに感銘を受けました。
 土蔵造りの蔵、木桶、発酵槽を見せて頂き、発酵、熟成に時間をかけ厳格な品質管理のもと、ようやく商品が出来あがることを学びました。
 普段の食事に酢を取り入れることで、身体も心も健康になると思います。安心・安全、おいしい酢を食生活に取り入れることを、今後の活動などでもっと多くの人に伝えていき、利用普及につなげていきたいと思いました。

 

 

 

 


県央東地域本部商品おすすめ活動委員 内山 幸子さんより寄稿





 県央東地域本部主催で、11月12日(土)に「ゆっくりはなそうかい 親子でバスソルト作り」を開催しました

 今回のゆっくりはなそうかいは彩生舎さんと「親子でバスソルト作り」を開催しました。

 部屋中に広がる優しい香りに心も体もリフレッシュ(夜はお風呂もアロマで癒されました)。

 茶話会では、家族のためにママの心も体も元気にするエッセンスが散りばめられ、化粧品の使い方のコツもわかり、女子力のかなり上がる話で盛り上がりました。

 

                (県央東地域理事長 竹内智子さんより寄稿)





福祉委員会メンバーで小規模多機能ホームほのぼの・長嶺へ視察・交流に行きました

 9月30日、福祉委員会メンバー9名で小規模多機能ホームほのぼの・長嶺へ視察・交流に行きました。
 小規模多機能ホームほのぼの長嶺管理者の江島さんより施設のサービスの特徴について詳しく説明いただきました。できる限りご自宅で安心して生活ができるように、顔なじみのスタッフの支援をうけることができるのは、ご利用者にとっても安心感があると思います。
 今回は「ワーカーズとして働く想い」についてたくさんお話いただきました。
 自分たちの夢をひとつずつ形にされていった活動、ワーカーの待遇改善に努力されている様子を知ることができました。何より江島さんがワクワクしながらワーカーズ活動をされていることをお話しから感じました。
 ご利用の皆さんとの交流では、一緒に歌い、楽しく過ごすことができました。どの歌も歌い出せば歌詞をみなくても歌っておられ、私たちも温かい雰囲気に包まれうれしい気持ちになりました。
 今回お聞きしたワーカーズの思いについて語るとともに、ワーカーズが提供する様々なサービスについて地域へ発信し、グリーンコープの地域福祉を広げていきたいと思います。
 

 

  

 

(福祉委員の吉田瑞紀さんより寄稿)





グリーンパワー小国合同会社を視察しました

 11月1日(火)に、県央東地域本部の理事、委員でグリーンパワー小国の馬洗瀬小水力発電所と杖立温泉熱バイナリー発電所に行ってきました。七城のイチョウの近くの小水力発電所は明治時代に掘られたトンネルの水路を、杖立は180年以上前から使用されている地熱を利用し、自然のままのものを発電に使用できるグリーンパワー小国合同会社はすばらしいと思いました。

 

                              (下飛田 智子さんより寄稿)

 





健軍・桜木地区主催で「菊池地域農協大津 産直野菜料理交流会」を行いました

9月13日(火)健軍文化ホールにて「菊池地域農協大津 産直野菜料理交流会」を行いました

 組合員14名に生産者・JAの方が7名の計21名での交流会となりました。

 菊池地域農協大津は2つの部会から成り、さつまいもは「大地有機研究会」、里芋は「瀬田園芸部会」のものを使用しました。まず、各部会より熊本地震の被害報告、現在の様子などのお話がありました。生産者の方からの直接のお話は大変心に沁み、「しっかり食べて貢献したいね」という参加者の声も挙がっていました。
 今回は3班に分かれ、各班に生産者の方1〜2名入っていただきました。一緒に調理しながら、野菜のことだけでなく熟練主婦の知恵を教えていただいたり、和気あいあいと楽しく交流する姿が見られました。ひと班で一品ずつ、里芋の入った鶏ずし(炊き込みご飯)、お姫さん団子汁(さつまいも入りの団子)、さつまいもと鶏手羽肉のレモン風味煮が出来上がり、どれも美味しく、「自宅ですぐに作ろう!」と意気込んでいる方もいらっしゃるほどでした。
 調理をしながらお話を聞くことで、生産者の方々がしっかりと「安心・安全」に心がけて栽培されていることを直接感じることができ、これからカタログで目にする度に生産者さんの顔を思い出す、そんなきっかけになったのではないかと思います。

(健軍・桜木地区 帆足 このみさんより寄稿)

 

 





共同体商品おすすめ委員会で納豆用・豆腐用大豆生産者・メーカーとの視察・交流を行いました

共同体商品おすすめ委員会で納豆用・豆腐用大豆生産者・メーカーとの視察・交流を行いました

 

 11月2日、共同体商品おすすめ委員会メンバーで、福岡県宗像市に「納豆用・豆腐用大豆生産者・メーカーとの交流会」に視察・交流に行きました。グリーンコープの納豆用・豆腐用大豆は、福岡県の生産者が作られています。今回はJAむなかたへお邪魔しました。
 まず、圃場を見せて頂きました。7月に大豆の播種が始まります。夏場の大豆の生育中の気象が高温少雨傾向でしたが、今年は順調に生育しているそうです。一部の地域で害虫も発生しましたが、作柄、品質ともに良好ということです。大豆は「フクユタカ」で非遺伝子組み換えです。大豆の収穫は11月中旬から12月はじめまでになります。収穫した大豆は、JAのカントリーへ運び、乾燥して調整に入ります。大・中・小に分けられます。検査を受け、倉庫で保管されます。グリーンコープの大豆は、森光商店が引き取り、専用倉庫で保管されます。
 交流会では、生産者・豆腐部会・森光商店・JAむなかた・JA全農ふくれんより自己紹介があり、昼食交流後に大豆の様子などの報告がありました。国産大豆が20%で後は輸入だと話されました。国産大豆で非遺伝子組み換えの大豆が貴重なものだということがわかりました。
 これからも納豆・豆腐をたくさん利用してください。

 

(利用普及推進委員長 狭間直美さんより寄稿)





代々木公園にて開催された「さよなら原発 さよなら戦争 9.22大集会」に参加しました

 9月22日に代々木公園にて開催された「さよなら原発 さよなら戦争 9.22大集会」に参加しました。

朝、熊本空港を出発する時から雨が降っていて、集会が開催されているのか心配しながら、代々木公園に到着しました。予想以上の強い雨が降る中でしたが、集会の場所には、本当に沢山の人や団体が集まっていました。

凄い雨の降る中で、雨合羽や傘に「原発反対」・「再稼働反対」など、プリントして着ている方も、中には小学生を含めた家族で参加されて、「原発再稼働反対」「被災者支援の打ち切り反対」などを訴えていました。

会場に着いた時、ステージは第1部のしめくくりの≪寿≫ライブが、行われて、「前を向いて歩こう」は、「上を向いて歩こう」の替歌で(一人じゃない、みんなで歩いて行こう日本)を込めた歌でした。

 第2部ステージでは、主催者の澤地久恵さん(呼びかけ人・作家)が、雨の中、大勢が集まってくださったことへの感謝を述べ、運動は原発政策を追い詰めている。政府は、もんじゅをやめると共に、原発をやめる勇気をなぜ持たないのか、汚染水は止まらず、故郷を奪われた人はかつての生活に戻れない。その上、福島原発事故の責任が電気料金の形で市民に負わされようとしている。子どもの病気、原発作業委員の病気も多い。など、原発政策の破綻ぶりを指摘していた。原発をなくすまで、最後までがんばっていきたい、と決意を述べた。

 福島原発告訴団長の武藤類子さん(ひだんれん共同代表)は、「被災者をみすてるな」「被災者の声を聴け」のむしろ旗掲げた被災者と共に登壇。国内の原発は少しずつ追い詰められている、一人ひとりがこつこつと、あと一息みんなでがんばろう。ひとまずお互いの努力をねぎらい、そして被災者の現状を訴えていました。

 喫緊の課題は、避難解除による賠償や、住宅支援の打ち切りの問題。家を奪われるのは非常なことで、国や福島県は、県外の自力避難者であっても県内在住の避難者も、救済を続けるべきだと述べた。

子どもの甲状腺がん・その疑いは、今月の県民健康調査の報告で174人。支援のため、3・11甲状腺がん子ども基金を立ち上げた。既存の制度がないなか、民間で行う。

被爆を避けるための保護も、本来国が制度化すべきだが、これらのことも取り組んでいきたい、一人ひとりを大切にし、支えあっている状況の報告とそれへの支援を呼びかけた。

大集会には、大雨にも関われず約9,500人の参加者が集まった。

 デモ出発までの時間に、出店ブースを回ってみました。

市民による「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」や「脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名」などがありました。デモは雨のため中止になりましたが、駅までの道のり他の参加者の皆さんと一緒に、「脱原発・再稼働反対」の思いを込めながら歩いてかえりました。

  

  

        (単協理事  野中志真さんより寄稿)

 





京北地区主催で産直びん牛乳工場見学を行いました

夏休みも残りわずかとなった8月23日。
大人11名、子ども8名、計19名でバスに乗り、産直びん牛乳の工場である「雪印メグミルク福岡工場」へ行ってきました。
工場内はとても清潔な環境で、徹底した温度管理がされていることがよく分かりました。
子どもたちは、空のびんに牛乳がみるみる注がれていく様子を食い入るように見つめていました。
今回の工場見学により、いつも飲んでいるびん牛乳のよさを改めて確認できたとともに、工場の方々の温かさも感じることができ、これからもより一層びん牛乳がいとおしくなりました。
このような牛乳を毎日飲むことができる幸せを感じました。

                                                                               (京北地区 村上 十夜美さんより寄稿)

 





組織・環境委員会で、熊本市中部浄化センターへ視察に行きました。

組織・環境委員会で、熊本市中部浄化センターへ視察に行きました。

 

 熊本市にあります、中部浄化センターの視察に行ってきました。せっけんフォーラム、せっけんの学習会、この度の熊本地震に於いて、水の大切さを実感し、私たちの大切な水はどのように循環しているか学習してきました。私たちが水道を使って流した汚れた水が、下水道を通って浄化センターへ流れてきます。(雨水はそのまま川へ流れます)

・最初沈でん池(4時間)静かに置いて大きな汚れを沈でんさせる
・反応タンク(9時間)水槽の様に空気を入れ、微生物が汚れを食べる
・最終沈でん池(4時間)微生物に分解できない油や繊維等を取り除く

 最後に消毒の為、塩素を入れ、浄化作業を行い、この様に24時間かけきれいにして川へ流します。途中汚泥を処理する際に発生するメタンガスは、発電に利用され、センター内で使用されているそうです。
 身近な大切な“水”きれいな地球をきれいなままに、一人ひとりは小さな力ですが、力を合わせて子どもたちへつないでいきたいと思いました。

〔水、豆知識〕
 〃本県民は1日あたり224ℓの水を使用している。
◆.灰奪廝映佞竜軻をそのまま流した場合、魚が住める状態にするにはお風呂11杯の水が必要。
 阿蘇に雨などでしみこんだ水は、約20年かけ熊本市内に湧き出ている。かたつむりの動くスピードくらいです。

 

 

(組織・環境委員 下飛田智子さんより寄稿)






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

プロフィール

書いた記事数:372 最後に更新した日:2016/12/05

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者