県央東地域本部 たつだ地区主催で「みんなおいでよ 産直生産者『佐伊津有機農法研究会』〜料理交流会〜」を行いました

 平成31年2月21日(木)に、GC生協くまもと県央東地域本部 たつだ地区運営委員会は、熊本市託麻公民館調理室において「みんなおいでよ 産直生産者『佐伊津有機農法研究会』〜料理交流会〜」を開催いたしました。(参加者14名)
 10時からスタートし、生産者の方に自己紹介をしていただきました。生産者の方はご夫婦と婦人部の方が4名、天草から朝6時に出て来られたとのことでした。
 まずは、生産者、参加者一緒に、産直びん牛乳を使ったチーズ作りを体験してもらいました。最初は皆さん緊張されていましたが、だんだんと場の雰囲気が和んできて、作り方に驚かれ喜ばれていました。
 生産者、参加者に分かれ、生産者には「ガネアゲ」、参加者には5班に分かれていただき、「大根きゅうり和風サラダ」「小松菜チャーハン」「めんつゆで簡単!小松菜のおひたし」「絹ごし豆腐のふわふわあんかけ」を作ってもらいました。皆さん手際よく分担されて、作られていました。
 試食をしながら、生産者の方から生産の仕方を聞き、肥料を使用するより有機で作ると木の衰えが早く、カミキリムシ1匹でも木が駄目になるという大変さ、それでも愛情込めて作られていることを知りました。
 「ガネアゲ」は生姜とビールで作られ、揚げたてはホクホクで、冷めてもカリカリ感があり、生姜の味もしっかりしていて美味しかったです。それぞれの料理も野菜が生かされていて、とても美味しかったです。お土産の「ガネアゲ」も皆さん喜ばれていました。
 現地に行かないと会えない生産者の方々との交流はとても貴重で、良い体験をさせていただきました。

 

(県央東地域本部たつだ地区 コミュニケーション委員 緒方 真妃さんより寄稿)

 





県央東地域本部 しみず地区主催で「肥後七草会料理交流会」を行いました

 2019年2月14日、県央東地域本部 東部センターにおいて、「肥後七草会料理教室」を行いました。
 

 肥後七草会生産者6名で来ていただき、参加者は10名と少なかったのですが、とても楽しく勉強になる料理と交流会となりました。
 会場は東部センターでの開催となりましたが、肥後七草会の皆さんが臨機応変に手際と順序良く調理できるよう考慮していただけて、スピーディに料理ができました。
 冬野菜のブロッコリー、白菜、春菊を使って、いつもとは違う調理方法(丸ごとブロッコリーを茹でる、春菊を塩もみして生で和えて食べる)をしたことやオイスターソースで和えたりと、新しい料理が新鮮で、美味しいと盛り上がりました。
 生産者の方々が大切に育ててくださった野菜や果物を更に美味しくいただける幸せを噛み締めて、日々のレパートリーに加えていきたいと喜びの声も上がりました。
 交流会では、生産についてのご苦労を聞く際に、参加者も真剣に聞かれ、これを機に利用普及に繋がりました。

 

始めに肥後七草会の方から説明を受けています!!
苺チョコ餅作りに奮闘しています!!
色鮮やかな料理が盛り付けられました!!
美味しい料理ができあがり「いただきます」

(県央東地域本部しみず地区 地区委員長 田河内 由加さんより寄稿)





県央東地域本部 大江・水前寺地区主催で「産直生産者『肥後七草会』の皆さんとお野菜たっぷり料理交流会」を行いました

 2019年2月14日、熊本市青年会館 料理室において、肥後七草会の皆さんと「お野菜たっぷり料理交流会」を開催しました。生産者5名、組合員13名、合計18名が参加しました。
 参加者が4つのグループに分かれ、生産者の方には各々1〜2名入っていただき、肥後七草会レシピに沿ってご指導受けながら、調理を進めていきました。今回のメニューは「白菜と鶏だんごのスープ煮」他3品でした。調理の過程でその都度ポイントを教えていただけたので、スムーズに流れていきました。
 その後、出来上がった料理を食べながら、生産者の方に色々なお話を聞かせていただきました。不知火や温州みかんなどを生産されている方に、気候により収穫時期が左右され、人手が足りないため、なかなか手が回らないこともあるなどの苦労話の聞かせていただきました。
 生産者の方々と交流することができ、色々と感じるものがありました。今後、産直品を食する時、ますます感謝の気持ちを持つことができそうです。
 生産者と参加者の皆さん、ありがとうございました。

皆さん一生懸命にお野菜の下処理しています!!
生産者と会話しながら進めています!!

(県央東地域本部大江・水前寺地区 コミュニケーション委員 前田 瑞枝さんより寄稿)

 

 

 





2月20日(水)、益城町小池島田仮設「東無田食堂」へ伺いました。

 2月20日(水)、益城町小池島田仮設「東無田食堂」へ伺いました。

 晴れたり曇ったり、風の冷たい日でした。到着すると、既に組合員が、ごぼうの笹がきをしていました。「今日のメニューは揚げ物がメインです。これはかき揚げにします。地域で採れた食材も使わせていただくんですよ」と、手を止めることなく説明してくださいました。

 

寒風に体温を奪われる屋外での下準備
ボリューム満点のメニュー

 

 屋外に設置されたフライヤーの油が温まると、あく抜きの済んださつま芋に衣をまとわせて、続々と投入。揚げたてのいも天を味見していただくため、“みんなの家”でサラダの準備をしていらっしゃった、ボランティアグループ「絆」の方々もお呼びしました。「甘くて美味しい!」「ホクホクして美味かね〜」と、皆さん笑顔で、口々に賞賛していました。

 

いも天は衣の味付けから始まりました。
みんなで揚げたてを試食

 

 「揚げ物がメイン」とおっしゃるとおり、食材は変われど、次々とフライヤーで調理していきました。かき揚げは野菜3種がタネ(ごぼう、にんじん、たまねぎ)で、組合員がおむすびを作る要領で一塊にして投入。絶好のタイミングで油から上げられて、プロ級の出来映えでした。から揚げは鶏肉にから揚げ粉を塗して揚げるというシンプルさでしたが、から揚げ粉はグリーンコープでも大人気の商品なだけに、流石の安定な味わいでした。

 

かき揚げは好い塩梅の大きさでサクサクの仕上がり!
から揚げも抜群の美味しさでした♪

 

 運営のお世話をされている田崎さんに、小池島田仮設について、お話を聞きました。
 「ここの地域は熊本地震で7割の家が全半壊しました。再建の目処が立って仮設から出られた方も多くいらっしゃいますが、依然40戸余りの方が住んでいらっしゃいます。ほとんどが高齢者で、自助努力にも限界があり、自立再建の目処が立たず、継続的な支援が必要なのです」
 また、「東無田食堂」についても、お話しいただきました。
 「以前は食事を作るのが役目だったお母さんたち、おばあちゃんたちが、家が壊れて料理できなくなりました。仮設に入居して台所はあるのに、料理する気にならず、出来合いの惣菜を食べるようになり、栄養状態が悪くなっていきました。様々な団体からの支援を受けていましたが、『支援を受けるだけでは嫌だ』という方がいらっしゃって、やがて『一緒にやる』と自然に手伝う方が増えていき、ボランティアグループ『絆』が起ち上がりました。食堂は、仮設住宅に住んでいる方も出られた方も来られる“地域食堂”に移行していくための予行演習と思って始めました。月に2回の開催で、30〜40人の利用があります。『ここに来れば会える』と、同窓会みたいに集われています」
 ボランティアグループ「絆」のメンバーは15人ほど。公費解体が始まるまでの半年間、瓦礫の中で暮らしている内に、手仕事を始められたそうです。田崎さん曰く、「自分たちが楽しむためというのが出発点だったのでしょうが、作ったポーチは1,000個を売り上げ、そのお金は神社への寄付に充てるなど、必要とされる喜びに繋がっているようで、今では立派な、なりわいになりつつあります。積極性や社会性など、大事なことが育まれています」――― グリーンコープが理想としている支援のカタチが、ここで実現できているようでした。
 お伺いした日は4人のお母さん方が、甲斐甲斐しくお世話をしていらっしゃいました。盛り付けやお給仕の他、お皿におかずが残っていたら「持って帰られますか?」と声をかけられていました。確かにボリューム満点な食事内容だったので、多くの方が持って帰られていました。

 

絆のお母さん方が盛り付けしてくださいました。
これが1食分。満腹まちがいなし!
生活再生相談室からも訪問されていました。
会話が弾み、笑顔が溢れ、和気あいあい♪

 

 来られていた方の声
  ・いつも美味しくいただいています。来るのが楽しみです。ありがたいです。感謝しかないです。
  ・ここに来られる方は大丈夫なんですよ。お昼近くなってから誘っても、「もう食べた」と断られます。そんな方を引っ張り出さなくちゃ…と思ってます。
  ・食は大切なことです。ここは食べる楽しみを味わえる場所になっているんです。揚げ物は自宅でもしますよ。でも、味が違うと感じます。みんなで食べると美味しいです。お喋りする機会も多いほうが良いです。
  ・夫が来づらそうにしています。なので、夫には食べさせてから、自分だけで来ています。
  ・自力で再建できて仮設を出た人との断絶を避けるためにも、みんなが自然に寄り合える場が、今後も必要だと思っています。

 

以上、報告します。





県北地域本部主催で「みかん招待園」を行いました

 2018年11月24日(土)、玉名市天水町の「天水グループ」に於いて、「みかん招待園」を開催しました。(参加人数89名)

 

 昨年度は水俣展開催のため見送られた「みかん招待園」。2年ぶりということもあり、大変な人気で、定員を超える多くの申し込みがあり、参加者は抽選となりました。
 圃場には、子どもの手が届く高さから大人でも手の届かない高さまで、たくさんのみかんが実っていて、1つひとつ手作業で収穫する大変さを実感しました。「今年の夏は雨が少なかったから甘いみかんになっているよ。」と生産者が言われたとおり、圃場のあちこちから「おいしいね」「甘いね!」と感嘆の声があがりました。
 昼食交流では、みかんの木に囲まれながらシートの上で生産者とお弁当を食べ、質疑応答では、減農薬栽培なので手作業による草刈りを頻繁に行わなければならないことや、イノシシが畑を荒らしてみかんを食べてしまうこと、木の樹齢や日の当たり具合によってみかんの味が変わることなど、みかんについてのお話を聞くことができました。
 毎年、大変な苦労の元に安全安心で美味しいみかんが私たちの手に届くことに感謝し、楽しい1日を過ごしました。

 

 

(県北地域本部組合員事務局 寺田 いづみさんより寄稿
〜「みかん招待園」まとめより抜粋〜)





県北地域本部主催で「生活アートクラブによる学習会」を行いました

 2018年11月6日(火)和水町中央公民館にて、植物成分で防虫、抗菌、消臭する商品を取り扱っている(有)生活アートクラブ代表取締役の富士村さんをお迎えし、最近よく耳にする「香害」香りについての学習会を、理事・委員研修で開催しました。(参加人数38名)

 「香害」についてだけでなく、農薬や殺虫剤、森や木、今、問題になっているマイクロプラスチックなど幅広く話していただき、とても内容の濃い学習会でした。
 私たちは絶えず呼吸することで、空気中の香りを吸い込み有害物質を体に取り込んでいるという話を聞き、「香害」の恐ろしさを感じました。「安くて使いやすいからという理由ではなく、環境、家族のことを考えて口に入れるもの、使うものを選んでいきたい」、「日々未来への選択をしているのだ」と改めて感じる学習会となりました。

 

 

(県北地域本部組合員事務局 寺田 いづみさんより寄稿
〜「生活アートクラブによる学習会」報告書より抜粋〜)





県央東地域本部 福祉活動委員会で「2018年度共済学習会」を行いました

 1月11日(金)東部センター2階会議室にて、FP円縁の御書典子さんを講師にお招きし、「2018年度共済学習会」を開催しました。
 学習会では、CO・OP共済について基本的なことから詳しく教えていただきました。お話を聞いて、保障内容や共済と保険の違いなど、知っていたつもりで実は分かっていなかったことが沢山あることに気がつきました。
 また、J1900という、加入条件が緩やかで先天的な病気や障がいを持ったお子さんでも入れるコースがあることも今回初めて知り、CO・OP共済の相互扶助(たすけあい)や協同の精神の素晴らしさを改めて感じることができました。
 今回学んだことを生かして、自分自身の保障プランもライフプランやライフスタイルに合わせて、しっかり見直そうと思いました。そして、CO・OP共済をしっかり地域に伝えて、たすけあいの輪を広げていきたいと思います。 

 

    

 

  

 

 

(県央東地域本部 福祉活動委員会 こうし地区 荒木 由利子さんより寄稿)





県央東地域本部たつだ地区主催で「肥後七草会みかん収穫体験ツアー」を行いました

 2018年11月22日(木)県央東地域本部たつだ地区主催で“みんなおいでよ!”企画「肥後七草会みかん収穫体験ツアー」を開催しました。
 前日までの大雨が嘘のような晴天に恵まれ、バスでみかん畑のある宇城市不知火へ出掛けました。八代海沿いから山林を上り、見晴らしのいい山頂に、みかん畑が広がっていました。
 生産者の方から、収穫時における二度切りの説明や、木によって味に個性があると教えていただき、味見をしてから好みの木を選んで、収穫しました。
 沢山みかんの木があり、味見でお腹いっぱいになりましたが、どのみかんも美味しく、愛情込めて作っているのを感じました。
 収穫後、みかん畑にブルーシートを広げ、持参したお弁当を全員でいただきながら、生産者の方から日々のお仕事の苦労を聞くことができて、より一層、大切に食べたいと思いました。
 特に、除草剤を使わずみかん畑の手入れをしているお話を聞きましたが、ものすごーく広い畑で、とても大変だろうと思いました。
 それなのに、どの段もとてもきれいにされていて、生産者の方の人柄も分かりました。
 これからも、生産者の顔が見える関係を大切にしていきたいと思いました。

 

      

 

(県央東地域本部 たつだ地区 コミュニケーション委員 井村ユリエさんより寄稿)





県北地域本部 福祉活動委員会主催で、子育て講演会「7男3女の子育て日記」を開催しました

 2018年9月12日、和水町中央公民館に於いて、全国で講演会や著作活動をされている7男3女の母、“岸信子”さんを講師に迎え、子育て講演会を開催しました。(参加人数39名)

 

 講演会は岸さんの幼少時代のお話から始まり、子育て中のお話を笑いあり涙ありで楽しく話してくださいました。
 子どもと向き合っていると、イライラしたり悩んだりすることは本当に多々あります。
 しかし、子どもたちの“今”をしっかり見つめ、どんなことが起きても、その中から良かったと思えることを見つける「子どもたちの良かった探し」をすることで、もっと大きな喜びや発見をすることが出来ると知りました。
 子育てを楽しむコツを学び、また、これからの子育てが楽しみになるようなお話しを伺うことが出来、日々の生活の糧となりました。
 講演会が始まる前、岸さんから「今朝、娘が出産で入院したんです。」というお話があり、その予想通り、講演会の最後に「無事に産まれました!9人目の孫です。」と嬉しい報告も聞くことが出来、会場がより和みました。

 

    

 

(県北組合員事務局 寺田いづみさんより寄稿)





県央東地域本部こうし地区主催で「共済学習会」を開催しました

 12月20日(木)泉ヶ丘市民センターにて、講師に御書典子さんをお招きし、「お金に振り回されないセカンドライフについて」と題した共済学習会を行いました。

 心身ともに豊かなセカンドライフを送るための健康維持・マネープランの見直し・生きがいを持つ意義を学びました。

 老齢年金を中心にした年金制度や、雇用保険と年金のからみなどの複雑な年金のお話も、詳しく、わかりやすく教えていただきました。

 学習会後は、産直びん牛乳で乾杯した後、おいしいケーキとお菓子をみんなで食べながら交流しました。

 

  

 

  

 

(県央東地域本部 こうし地区コミュニケーション委員 平野 みゆきさんより寄稿)






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

プロフィール

書いた記事数:547 最後に更新した日:2019/03/26

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者