共同体商品おすすめ委員会主催で、「やまなし自然塾との交流会」を開催しました。

 1月22日(月)、グリーンコープくまもと本部に於いて、「やまなし自然塾との交流会」を開催しました。

 生産者は、すももを栽培されている田中良明さん秀美さんご夫妻。以前は桃やぶどうも栽培されていたそうで、各作物の栽培方法や食べ方など詳しく説明していただきました。
 やまなし自然塾は土作りを大切にし、環境を大切にし、できるだけ自然のままに農業をされています。その中で副産物として果物が採れるという考え方です。BMW技術を活用したり、山梨大学と共同研究したりしながら、安全性の高い栽培方法を目指しておられます。
 栽培で一番頭を悩ますのが、病害虫防除とのこと。原則として化学合成農薬を使用せず、防除は樹の生命維持に必要な最低限しか行いません。BM生物活性水を使用し、樹が本来持っている力を高めたり、ハーブを使った防除試験も行っているそうです。BM生物活性水を使用すると樹が強くなるかどうか、データとしては実証されていませんが、生産者は日頃樹を見ている中で有効であると実感されているそうです。
 やまなし自然塾で、すももを栽培されているのは田中さんの所だけで、グリーンコープでは直送企画のみで扱っています。
 すもも栽培の魅力を伺ったところ「すももは品種で味などが大きく違う」と話されました。
 また「自分が食べたくない物は子どもにも食べさせたくない。だから安全にこだわる」との秀美さんの言葉が心に残りました。
 現在グリーンコープに出荷されているのは「太陽」という品種のみですが、田中さんの園地では9種のすももを栽培されており、今後グリーンコープでも扱える品種が増やせないか検討中とのこと。
 すももは追熟するので、届いて酸っぱいと感じたら3日程置くと良いとも教えていただきました。
 受粉のタイミングが1年の内で1週間しかなく、その時に雨が降るとその年の実の付きが悪くなるとか、ぶどうは昼夜の温度差が大きくないと色付きが悪くなったり、実ができた頃に雨が降ると病気になりやすいとか、気候に左右されて栽培が難しい様子も伺いました。それでも、やまなし自然塾という生産者仲間がいることで心強く農業できているとのこと。
 優しい心と強い信念で栽培されている様子が伝わりました。

 

 ​ 

 

 

 

 

(利用普及推進委員長 松尾さおりさんより寄稿)

 

 

 

 

 

 

 

 

 





福祉委員会主催で、「子どもへの虐待防止に関する学習会」を開催しました

 11月24日(金)グリーンコープ本部会議室Bにて、にじいろCAP事務局長 高松哲人さんをお迎えし、「子どもへの虐待防止に関する学習会」を開催しました。
 にじいろCAPとは、虐待が起こらない街づくりを目指し、子どもにやさしいまちづくりを九州の自治体と協働し、年間600回の講演をされている団体です。最初に子どもを取り巻く環境について話をされました。現在子どもが家にいる割合は約25%で、4人に1人ということでかなり少なくなってきています。子どもは減ってきていますが虐待報告はこの25年で10倍になっています。内容は主に通告が増えていますが、行政は見守るだけで社会的養護措置は整っていないという現状にびっくりしました。
・虐待されたまま9割の子どもが親と一緒に住んでいる。
・学校の1クラスに1〜2人は虐待を受けている可能性がある。
・学校でやんちゃな子は家で同じことを親からされている可能性がある。
・虐待する親自身が子どもの頃虐待を受けていた。「自分の時は誰も助けてくれなかった・・・この位なら大丈夫」という考え。
など、様々な現状を話されました。
 そのような中、子育てってなんだろうと考えた時、アタッチメント(愛着)の発達が必要不可欠です。プロ(保育士等)が頻繁に変わる施設より、プロでなくても、少数の一定の人が接することが大事とのことでした。それにより施設中心の現状から、各地で里親制度の重要性が増しているとのことでした。
 そして子育ては愛情と情熱だけではできないので、みんなで子育てに取り組まなければなりません。里親はもちろん地域の中で気軽に相談できる大人の存在をつくり、暴力や体罰のない子育ての環境をつくっていきたいとおっしゃっていました。
 私たちが出来ることを引き寄せて考え、地域に広めていきたいと思いました。

 

 

                 (県央東地域本部 福祉活動委員会委員長 廣末 信代さんより寄稿)

 

 





2017年度納豆用・豆腐用大豆生産者、メーカーとの交流会開催しました。

 11月2日(木)、共同体の商品おすすめ委員会主催の2017年度納豆用・豆腐用大豆生産者、メーカーとの交流会を、利用普及推進委員会メンバーで、福岡県柳川市にあるJA柳川にて、開催しました。

 グリーンコープの納豆と豆腐の原料である大豆を栽培されている、JA柳川を訪問しました。
 福岡県は国産大豆の収穫量第5位、その中でもJA柳川は作付面積が一番大きい生産地です。視察した圃場は栽培管理モデルになっている畑で、種を播いた日・開花日・害虫防除日等が書かれた看板が立てられていました。周りの生産者はこの圃場を参考にしながら栽培されるそうです。私たちが訪問した時は、大豆の葉は枯れ落ち、実が茶色く色付き始めていました。この後2週間程経つと実がカラカラと音が鳴る程に乾燥し、収穫となるそうです。連作を避けるために、麦や稲の栽培と交互に大豆を栽培されるとのこと。土作りを大事にされていて、この圃場では前年度に収穫した稲わらがすき込んでありました。
 圃場視察後は納豆・豆腐のメーカーと交流会を行ないました。くまもとのメーカーであるマルキン食品(納豆メーカー)、内田安喜商店(豆腐メーカー)からは地震後の様子も伺いました。特に内田安喜商店では地震による歪みが影響していて、今でも修理が必要な状況にあるそうです。人手不足も深刻だと話されました。諸富食品(豆腐メーカー)、原野食品工業(揚げメーカー)からは、大豆の品質が製品に大きく影響すること・福岡県産大豆は品質が良いことを伺いました。
 日本の大豆自給率はわずか7%だそうです。日本が輸入している大豆は、ほとんどが遺伝子組み換え大豆で、ポストハーベストも心配されます。
 グリーンコープは、栽培契約をして国産大豆を確保しています。今年はさや付きが例年よりも多い様子です。
 これからも国産大豆を使い続けていけるように、大豆商品をたくさん利用してください。

 

※ポストハーベスト…収穫後に使用される農薬

 

  

 

  

 

  

 

         (利用普及推進委員会委員長 松尾さおりさんより寄稿)





2017年度 みかん招待園 Eプラントクマモトとの交流会を開催しました。

  11月9日(木)GCくまもと 理事長委員長メンバーでEプラントクマモトの園地に行ってきました。
大隅さんの園地は、小高い山の斜面にありました。「みかん山」というように、産地は同じような所にありますが、大隅さんの所は真南向きではないので、産地としてはそんなに広くないそうです。

 

 

  「今年の作柄としては甘いと思うが、ここ数年の天候不順で読めないこともある」ということでした。収穫時に雨が降ると、樹になったままカビがついてしまうことも。実際に腐っているみかんがいくつかありました。これを防ぐ為に、一般的には収穫前に(樹になっている状態で)「腐敗防止剤」を使う場合がほとんどですが、「組合員の皆さんに安心・安全なみかんを届けたいから、余計なものは使いたくない!」ときっぱり言われる姿が印象的でした。

 

 

  収穫する時に痛んだ物が無いかきちんと見るのはもちろんのこと、箱詰めするまでの間に7回も傷が無いかどうか確かめているそうです。そこまで注意していても、組合員のお宅に届いた時に傷んだみかんが混じっていることもありますが、ここまで注意してもらっているので、防ぎようの無いことだと思いました。
  除草剤についても、グリーンコープで不使用をお願いしていますが、グリーンコープから言われたからでなく、自分たちがこだわっていて、様々な勉強もされているから使わないとのことでした。
私たちが安心・安全な産直品を食べることができるのは、こういう生産者がいらっしゃるおかげだと強く感じました。

 

 

 

  実際に収穫させていただき、美味しいみかんを食べた後、昼食をとりながら交流会を行いました。充実した1日となりました。

 

    

 

                                               (利用普及推進委員会 岩本 紀子さんより寄稿)





長崎蒲鉾(有)を視察しました。

  9月25日(月)、共同体商品おすすめ委員会メンバーで、長崎市にある長崎蒲鉾(有)に視察に行きました。
 

  長崎蒲鉾は、水産練り製品を製造しているメーカーです。一番の特徴は、商品に「無リンすり身」を使用していること。無リンすり身は業界の中でも特別で、一般では手に入りにくい原料になるそうですが、「使わなくても良い添加物は使いたくない」という考えを貫き、重合リン酸塩はもちろん、一般的に使われる保存料、合成着色料等の添加物も使用していません。原料の魚(スケソウダラ以外)は長崎近海で漁れる鮮度の良いもの、揚げ油にはGC一番搾りなたね油菜の花物語を使用しています。
  「手のぬくもりで乾燥したり、雑菌付着を防ぐために、できるだけ人の手が触れないように、機械を使うようにしている」そうですが、おいしさと安全のためには、人の目と手でもしっかり管理されていました。
  長崎蒲鉾の商品には、GC仕様のパンを使い内閣総理大臣賞を受賞した「ハトシロール」、秋川牧園の産直若鶏ナンコツを使用した「ナンコツ揚げ天」等、こだわりが詰まった商品がたくさんあります。栄養価の高い魚を美味しく手軽に食べられるのでおすすめです。

    

 

    

 

                                         (利用普及推進委員会委員長 松尾さおりさんより寄稿)

 





福祉委員会で「麻生田げんきの森保育園」へ視察に行きました

 9月29日(金)、福祉委員会で麻生田げんきの森保育園へ視察に行きました。
 鮮やかなオレンジ色の階段を1段1段ゆっくりと上りながら、どんな保育園なのか期待に胸をふくらませていました。
 玄関の中に入るとパァーッと太陽の光が差し込み明るい室内が広がっていました。
 それと同時に真新しい木の優しい香りに包まれました。
 保育園の顔となる玄関は“今日の給食の献立”が写真で展示してあり、子どもたちがどんなものを食べたのか見ることができて安心です。
 また、園児たちの靴箱には1つひとつ子どもたちの写真が貼ってあったりと、随所に先生方の配慮を感じることができました。
 そして、次は保育室へ!
 まず目に入って来たのは、カーテンレールを利用し、つるされたクリアケースに1枚1枚きちんと入れ、飾られていた園児たちの製作物です。
 壁が少ないのでカーテンレールをカーテンとは別にもう1つ付け、製作物をそこに飾る様にしたとのことで、とても工夫されているなぁと思いました。
 木材で作られた棚も、角をなくし、子どもたちがぶつかってもケガをしない様に配慮されていました。
 他にも、トイレにあるオムツを入れる棚は、そこに入れるカゴの大きさに合わせて作られていたり、給食の時に使う食器は陶器を使われていたり…、先生方のたくさんの想いがつまった保育園だということが様々なところから感じることができました。
 オールグリーンコープの食材で安心・安全な給食に魅力を感じて、麻生田げんきの森子ども園を選んで来られる方がたくさんいらっしゃるそうです。
 母親としては給食で使用される食材はとても気になる所なので、やはり、安心・安全な給食というのは大きな魅力だと思います。
 子どもたちが落ち着いて、笑顔で過ごせるのはもちろんのこと、先生方の笑顔がとっても素敵でした。
 園児も先生方も皆、1人ひとりの個性を伸ばすことのできる保育園だと感じました。
 帰りの車で、「この様な園が近所にあれば、子どもを安心して預けることができる。心から預けたい!」と思いながら家に帰りました。

 

    

  

 

(県北地域本部 福祉活動委員会 委員長 眞理恵さんより寄稿)

 





利用普及推進委員会で、GC「産直国産牛」ワンコイン試食会を行いました

 9月28日(木)利用普及推進委員会内において、GC「産直国産牛」ワンコイン試食会を行いました。
 (有)矢野畜産の白石さんを講師に迎え、GC「産直国産牛」についての学習会とあわせて、GC「産直国産牛モモ一口カツレツ」の、ソースも一緒に作れるおすすめの焼き方を教えていただきました。

 

 学習会では、まずDVDで産直国産牛の飼育している様子を見ました。どの生産地も牛が穏やかな表情をしており体もきれいで、衛生的に管理されている様子が伝わってきました。カメラに向かって話す生産者の手を牛が後ろから舐めていたのが印象的で、愛情深く育てられているのだと、改めて安心安全を感じました。
 GC「産直国産牛」と国産牛の違いですが、GC「産直国産牛」はモネンシン(抗生物質)、ホルモン剤を使っておらず、肥育用配合飼料に含まれるトウモロコシはnon-GMO(非遺伝子組み換え)、PHF(収穫後農薬不使用)と安全性が明確です。
 2000年より供給が開始されたGC「産直国産牛」。当時は抗生物質やホルモン剤を使うのが当たり前で、牛はデリケートで飼料を変えると体調を崩すこともある中、グリーンコープの考えを理解する生産者を探し、流通経路等、様々な課題をクリアして今があることに、カタログで注文できることは決して当たり前ではないと感じました。
 パッカーの(有)矢野畜産では香水、マニキュアは禁止、手に切り傷がないか等、工場に入る前に細かいチェックがあります。一番、重要なのが手洗い!髪の毛も特に注意を払っていて、帽子も作業服も二重になっており1時間毎に粘着テープのローラーをかけているとのことでした。工場内の外と中は気圧が変えられていて、入室する際に空気が中に入らないようになっています。

 

 お肉は余分な脂身や筋を手作業で除去。冷蔵商品は変色等の劣化防止のため窒素を充填。金属探知機やウエイトチェッカーを通し、消費ラベル、個体識別ラベルを貼付して出来上がりです。生肉を扱うだけあって徹底した品質管理が行われていました。

 

 

 

 

 

 学習会に続き、GC「産直国産牛モモ一口カツレツ」のおすすめの焼き方を教えていただきました。片面のみ焼き、蒸し焼きにすることで、しっとり肉汁たっぷりでした。

 

 

 

 

 

 

 お肉を焼いたフライパンで、そのままソースも作り、あっという間に一口モモステーキの完成!!試食タイムはモモ肉の柔らかさに感動し、家でも作ってみようとの声がたくさんでした。

 

 

 

 

 

 

 産直国産牛の生産者とパッカーはリスクがある中で、組合員の要望とグリーンコープの考えを理解してくださり、今、GC「産直国産牛」があります。
 地域本部でも、今回の学習会で学んだことを1人でも多くの方に伝え、ずっとGC「産直国産牛」を食べ続けていける為に、ていねいに利用普及していきたいと思いました。

 

 

 

          (県央東地域本部 商品おすすめ活動委員会 委員長 柳田 恭子さんより寄稿)

 

 

 





エスケー石鹸蠕邯工場へ視察に行きました

  8月25日(金)、共同体組織委員会メンバーで、埼玉県川口市にある、来年で創業100周年を迎えるエスケー石鹸蠕邯工場へ視察に行きました。川口工場へ移転し50年経つそうです。
  材料を混ぜる釜は9t(450ml×2万本)製造できるそうです。大きな機械、さまざまな種類の充填機がありました。
新発売の「お洗濯のしゃぼんナチュラル」のために、新しく購入された充填機もありました。
  硬度が高い水にも溶けやすい、「お洗濯のしゃぼんナチュラル」をみんなで利用し、せっけん仲間を増やしていきたいです。12月発売予定の香料入りも楽しみです。

 

  

 

  

                                          (組織環境委員長 下飛田 智子さんより寄稿)

 

 





福祉委員会で傾聴の学習会を行いました

 7月28日(金)に社会福祉法人グリーンコープ熊本県本部専務経営委員歌野秀子さんを講師に迎え、福祉委員会内で傾聴の学習会を行いました。
 学習会のはじめに「スーパープラス思考」の話がありました。マイナスな場面を考え方や見方を変えることで、自分の気持ちやその場も雰囲気を変えることができることを知りました。
 社会福祉法人グリーンコープの基本理念について、話をしていただきました。「共に生きる」という理念は、グリーンコープの四つの共生「自然と人」「人と人」「女と男」「南と北」につながっていることに加え、「最も弱いものが最も大切にされるべき」という想いに重きがおかれていることを知りました。また、ワーカーズが「労働協同組合」として働くだけでなく「地域づくりの一員であり、職業としての貢献」というのは、福祉に関わる人の根底に流れるもののように感じました。印象的だったのは、食事をとれない方に自分で食べることができるように、ワーカーの方が様々な工夫をして食事を自分でとれるようになった話は、利用者の方とワーカーズの方が、その時を共有し、気持ちに寄り添いながら介護をされている中での利用者さんの変化やそのご家族とのやり取りで、まさに介護の醍醐味だと感じました。
 傾聴については、以前から「限られた場面だけでなく生活のどの場面にもかかわってくるもの」と思っていましたが、学習会を受けてその思いに確信が持てました。お話をするときに「面談することの了承を得ること、名乗ること、目的を伝えること」、また介護の場面においては、「相手は人生の先輩であり、自分が学びを得られることに感謝すること」、「共に楽しむこと」は人として対等であること、また相手を大切にすることにつながっていると思いました。
 傾聴の姿勢で共感を態度で表すことの一つである頷きで、天井を見てからつま先を見るくらい頷くと相手は聞いてもらったと思えるというのは、少々驚きましたが実生活でしてみると納得できました。また、個人的は話を控えることや守秘義務を守ることは話相手の方の安心感につながり、信頼関係を築くことにつながっていると思いました。
 ボランティアを行う時は利用者目線で考えて行動をすることを学びました。
 今回の学びを様々な場面で実践していきたいと思います。

 

 

 

                (県央西地域本部 福祉活動委員会 委員長 小林 香織さんより寄稿)

 

 





映画「日本と再生〜光と風のギガワット大作戦」上映会を開催しました

 グリーンコープは脱原発社会を目指し、市民電力事業を進め、原発フリーの電気を選べるようにグリーンコープでんきの販売をスタートさせました。
 その歩みを力強く進めていくために学びを深めようと、7月12日(水)に、イオンシネマ熊本にて、映画「日本と再生〜光と風のギガワット作戦〜」の上映会を開催し、組合員127人が参加しました。
 映画上映に先立ち、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(isep(アイセップ))の渡辺福太郎さんより、映画の紹介と、内容に関連した世界のエネルギー事情についても説明いただきました。

◆世界のエネルギー事情◆
 世界の風力発電の導入量は、2015年に世界の原子力発電の導入量を抜きました。2016年の太陽光発電と風力発電の導入量は原発の2倍の導入量になっており、世界で発電されたエネルギーのうち、約23%が再生可能エネルギーで作られた電気となっています。

世界では、再生可能エネルギーが原発を超える勢いで急速に普及してきているのが実情です。

◆映画の紹介◆
 河合弘之監督と、映画を企画・監修した飯田哲也isep所長が、全世界を駆け巡り、再生可能エネルギーの動向、世界のエネルギーの動向、日本のエネルギーの動向について余すことなく取り上げ、自分たちでエネルギーを作っていこうという熱意を持った人々についても、存分に描かれている映画です。

 

参加者の感想(一部抜粋)
・世界の現実を、私たちは知らされていないと感じた。
・世界は日本の原発事故から学んで、再生可能エネルギーを実現させているのに、何も変わらず原発を再稼動させている日本の動きを恥ずかしいと思う。
・うちはオール電化なので、グリーンコープでんきに変えられないが、出資金で協力していきたいと思う。

 

上映会終了後、映画館入り口のロビーにて、「グリーンコープでんき相談会」を行いました。

 

 

 






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

プロフィール

書いた記事数:478 最後に更新した日:2018/04/05

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者