「肥後七草会みかん収穫体験」を行いました

 平成30年11月3日(土)に、県央東地域本部 京北地区主催で、「肥後七草会みかん収穫体験」を、肥後七草会みかん園にて行いました。組合員と、まだ組合員でない方、子どもたち、生産者、合計37名が参加しました。
 開催日が土曜日ということもあり、当日は家族での参加が多く、9時45分に元気館しみずを出発したバスの中は、子どもたちの楽しみながら過ごす声が賑やかでした。
みかん園に到着し、少し歩くと目の前には沢山のみかんの木々があり、開けた視界の下のほうには海も見え、とても嬉しい気分になりました。
 いよいよ収穫体験が始まりました。「木によってみかんの味が違うけん、どんどん味見して美味しいのを探してね。美味しかったらその木は全部美味しいよ」とコツを教わり、子どもたちも大人もパクパク。酸味が強いみかん、ジュースのようなみかん、甘〜いみかん。本当に色んな味を味わえて楽しかったです。
 その後の昼食交流会では、生産者の方々も一緒に、お弁当を食べました。天気も良く、景色も良く、収穫体験後のお弁当は、ひときわ美味しく感じました。
 みかんの木は長くて50〜60年も育つけれど、作業が効率的ではなくなるので、10年〜12年程で植え替えられているという話を聞きました。また、みかんの重量当てクイズをしてくださり、子どもたちは何キロなのか、興味深く考えていました。とても、楽しい一日が過ごせました。
 肥後七草会の皆様ありがとうございます。

 

みかんを手にとっての集合写真、子どもたちの笑顔がはじけています。
みかんの木に顔をうずめて必死に収穫しています。
生産者の魅力に可愛らしい女の子もメロメロです。

 

(京北地区運営委員会 委員長 菅 朋子さんより寄稿)

 

 

 

 

 

 





県央東地域本部主催で、「遺伝子組み換えルーレット 〜私たちの生命(いのち)のギャンブル〜」上映会&講演会を開催しました





県央東地域本部 福祉活動委員会主催で、2018年度 子育て講演会「笑って親子で笑顔に」を開催しました

 11月5日(月)くまもと県民交流館パレアにて、くまもと笑いヨガ倶楽部、西嶋 敏(にしじま さとし)さんをお招きして、2018年度 県央東地域本部子育て講演会「笑って親子で笑顔に」を、福祉活動委員会主催で開催しました。

 若いお母さんからおじいちゃん、おばあちゃんと幅広い年代の方々58名のご参加があり、笑いヨガで元気になるためのヒントを学びあいました。

笑いヨガとは、笑いエクササイズとヨガの呼吸法を合わせた健康法で、笑うことで大量の酸素を脳や身体に運ぶエアロビクス運動(有酸素運動)のようなものです。

 笑うことで前向きな精神状態になり、免疫システムも強化されストレス解消になり、生活の質が向上するそうです。

 西嶋さんの優しい笑顔とトークで少し緊張していた会場の雰囲気もすぐに和らぎ、自然と参加者全員が笑顔になっていました。

 手拍子をしながら「♪ホ・ホ・ハ・ハ・ハ♪」〜深呼吸「イエーイ!」。

 全身を使って「ヨカバイ!! ヨカバイ!! イエーイ!!」と大声を出しながら笑い合うとだんだんと体が温まり、とてもリフレッシュできました。

 「1日5回笑って、1日5回感謝!」是非実践しましょう!

 怒りなどの負の勘定も、笑いに代えて吐き出すという名案も教えていただき、子育てや孫育て中の参加者にとって、とても有意義な時間となりました。

 

<参加者の感想>

  • 始まる前は、はずかしさもあり、また体調が万全ではなかったのですが、西嶋さんやみなさんの明るい笑い声と笑顔につられて自然と笑っている自分がいました。終わりには心地良い疲れとすっきり感が感じられ、ストレス解消になりました。
  • 笑うこと、とても気持ちよかったです。身体まで軽く頭もスッキリ、楽しかったです。家でも笑顔を心がけ楽しい日々を過ごしたいと思いました。

    

(県央東地域本部 福祉活動委員 河野 里美さんより寄稿)





県央東地域本部主催で、「坂本佳奈さん食育講演会〜食で育む生きる力〜」を開催しました

 去る11月13日(火)合志市文化ホール 総合センターヴィーブルにて、「食で育む生きる力」と題した、坂本佳奈さんによる食育講演会を行いました。

 近年自然災害が多発する中で、生きる「力」を育む食育が大切です。

 生命を育む食べ物運動について考えるきっかけとなるよう、開催に向けて、準備をしてきました。

 お陰様で、たくさんの方に来ていただき、食育活動を通して、子どもの育ちに大切なことを学び、有意義な時間となりました。

 「五感が使えるのは、食育だけです。体験をベースに言語化し、生きてゆく力を育む」というお話を聞き、これからの子育てや地域や周囲への関わりにおいて、指針となりました。

 「食育体験!たつだ・こどもカフェ」の紹介もさせていただきました。

 お忙しい中、ご来場くださった方々、ありがとうございました。

 

  

「子どもの時の成功体験が大切」と話される坂本佳奈さん

 

講演開催までの想いを語る竹内地域理事長

 

「食育体験!たつだ・こどもカフェ」代表 井村ユリエさんより活動報告

 

(県央東地域本部 たつだ地区副委員長 宮 沙知子さんより寄稿)





9月と10月に、県央東地域本部 福祉活動委員会主催で「お店の100円基金アピール」を開催しました

 9月7日(金)と10月5日(金)に、県央東地域本部 福祉活動委員会主催で、長嶺店・しみず店・桜木店の3店舗へ福祉活動委員が伺い、100円基金のお店アピールをしました。

 

 買い物に来られた組合員の方々とグリーンコープの美味しいケーキと紅茶をいただきながら、基金や福祉全般について楽しくお話することができました。

 

 福祉について色々と分かったとおっしゃっていただいたので、開催して良かったと思いました。

 

 

(県央東地域本部 福祉活動委員会より寄稿)





県央東地域本部主催で「レッツゴー田んぼ in JA阿蘇小国郷『稲刈り』」を行いました

 10月13日(土)、県央東地域本部主催で「レッツゴー田んぼ in JA阿蘇小国郷『稲刈り』」を行いました。組合員32名、子ども10名、組合員事務局6名、職員1名、生産者20名、JA職員1名の計70名の参加でした。

 

 秋晴れの青い空と森の緑と黄金色の稲が揺れる田んぼ。まるで絵の世界に入ったような美しい景色の中、稲刈りが行なわれました。

 全員に鎌が渡されザクッザクッと刈っていきます。最初はこわごわでしたがだんだん調子が出て、思ったより早く稲刈りは終了。安心したのも束の間、掛け干しの台(はざと言うそうです)を生産者の皆さんが準備している間に稲の束を縛ります。掛け干し台が倒れるというアクシデントもありましたが無事掛け終わりお待ちかねの昼食です。

 ごはんに豚汁にマコモダケの天ぷら、そしてグリーンコープおすすめのお漬物など。どれも本当においしくおかわりしていただきました。食後は家族対抗○×クイズで盛り上がり、抽選会ではごはんにピッタリのおすすめ商品をゲット!みなさんにこにこ顔でした。

 最後に生産者さんより、「農家の高齢化が進み後継者問題も深刻です。赤とんぼ米は手間もかかり大変です。それでも今日来てくれたような消費者さんが喜んで食べてくれている姿を見るとまた頑張ろうという気持ちになります」というお話がありました。

 農家の方はその生業が里山の風景も守っています。美味しく安心なお米をいただきながら美しい風景を守ることにも貢献できるとしたら、私たちはなんと幸せなことか。毎日のごはんを感謝していただこうと改めて思いました。

 

 さて、春の田植えに続いて稲刈りにも参加してくれた子どもたち。バッタを見つけ「バッタだ!カマキリも!」と追いかける男の子。畦に咲く花を摘んで髪に飾る女の子。沢の水のきれいさと冷たさに歓声をあげながら足を洗う子。

 日本の原風景を見た気がしてとても幸せな気持ちになれた1日でした。皆さんも来年は、レッツゴー田んぼ!

 

架け干しのやり方、意外と難しいです!!
黄金色に輝いていた稲穂を全部刈り取って、全員でハイ・ポーズ
新米の炊きたてごはん、具だくさん豚汁、それはそれは美味しかったです。

(県央東地域本部 地域理事 渡邉 由紀さんより寄稿)





県央東地域本部 商品おすすめ活動委員会主催で「三桃食品蟠綵9場視察」を行いました

 10月11日(木)、県央東地域本部 商品おすすめ活動委員会メンバーで、福岡県久留米市にある三桃食品株式会社九州工場へ視察に行きました。参加者は10名でした。

 

 三桃食品株式会社は、餃子や肉まん、しゅうまいを製造しているメーカーです。

 

 工場内には何台もの大きな機械が入っており、次から次に商品が作られていました。その中でも、グリーンコープの商品は使用する原料が異なるので、最初に製造されるという話を聞き、徹底されているのだなと思いました。また、使用する鶏肉、豚肉、調味料なども、グリーンコープと取引のあるメーカーのものを使用しているということで、メーカー同士の繋がりも感じました。

 

 お話の中で、「賞味期限を延ばそうと思えば延ばせるが、できるだけ安心・安全なものを食べてほしい!!という気持ちでやっています。」という言葉が心に響きました。

 

 そんな思いの詰まった商品を是非たくさんの組合員さんに利用してほしいです。

 

(県央東地域本部 商品おすすめ活動委員 米村 睦子さんより寄稿)





県央東地域本部 京北地区主催で「グリーンズカフェ(秋の組合員のつどい)」を開催しました

 10月10日(水)熊本市北区の高平台地域コミュニティセンターにて、京北地区主催で、「30th Anniversary ありがとう これからも」をテーマに、グリーンズカフェ(秋の組合員のつどい)を開催しました。10名参加。委員がつどいのしおりや紙芝居などを用いて、各活動委員会からのお知らせ等を参加者に伝えました。グリーンコープの化粧品メーカー蟶明玄砲茲蟾峪佞鮠靴い寝従冑奮惱会「『心もふれ合う ハンドトリートメント』学習会」も行い、充実したグリーンズカフェとなりました。

 

 まず、地区委員長の菅さんより、「皆さんと一緒にグリーンコープについて楽しく語り合うグリーンズカフェにしたいと思います」と挨拶がありました。続いて、参加者全員が簡単な自己紹介をしました。

 

「心もふれ合う ハンドトリートメント」学習会
 講師は、蟶明玄砲龍眤瑤気鵝「グリーンコープの組合員歴は約25年で、香椎店(グリーンコープ生協ふくおかのお店)のキープを利用しています」と話されました。
 参加者は2人1組になって、金沢さんが実演されながら説明されるとおりに、「水の彩MMクリーム」をたっぷり使って互いにハンドケアし合いました。利用普及のためにサンプルが用意されている新登場の化粧品GC「パプアココボディ&ネイルジェルクリーム」についても、開発の経緯や特長などについて金沢さんに話していただきました。

 

 

 

 

 

■金沢さんのお話より
<水の彩MMクリーム開発の経緯>
 本社は滋賀県の近江八幡にあり、もともとは浄水器を販売する会社だった。浄水器は「逆浸透膜」を使用しており、水の分子を小さくし、あらゆるものを漉すことができた。
 あるとき、浄水器を使っている人から「浄水器を通した水をつけていたら子どものアトピーが良くなってきたのですが、何か入っているのですか」という問い合わせがあり、詳しく調べたところ水の分子が小さく肌に浸透しやすいことがわかった。その後、水だけではどうしても蒸発してしまうため、肌に留めておけるようにとオールインワンゲルを開発するに至った。
<水の彩MMクリームの特長>
 油分をまったく含んでいないので、1回つけただけでは塗った気がしないという人は、2回、3回と複数回つけるのがおすすめ。成分は、例え赤ちゃんがクリームを塗ったお母さんの手をなめたとしても大丈夫なくらい安全。そのため、開封後90日の使用期限を設けている。
<ハンドケアで大切な心構え>
 「やってあげる」ではなく、「させていただく」という気持ちが大切。
 ※肌の触れ合いにより、オキシトシンというホルモンが出て幸せな気持ちになる。ハンドケア「してもらった人」より、「してさしあげた人」の方がオキシトシンの数値が高くなると言われている。
<新登場のGC「パプアココボディ&ネイルジェルクリーム」について>
 化粧品メーカーとしてもグリーンコープが取り組んでいる民衆交易を応援できないかと考えていた。構想から約2年での登場となった。GC「パプアココボディ&ネイルジェルクリーム」には、パプアのココアバターをたっぷり使用している。カカオの実を割ると皮の内側についているのがココアバターで、チョコレートにも入っている成分。肌に塗ると体温でココアバターが溶け、ココアの甘い香りがする。お風呂上がりに全身に塗ったり、かかとや爪などに塗るとツヤが出てくる。

■Q&A
Q、しみ、そばかすが気になります。どうしたらいいでしょう?
A、しみは、年をとって出てくるものは、大半が過去の紫外線によるダメージが原因です。完全に消すことは難しいけれど、肌の表皮のターンオーバーを早くさせることで、表皮の入れ替わりを早くして目立たなくさせることはできると思います。水分をたっぷり与え、肌を乾燥させないようにしてください。水を十分飲むことも大切です。そうして肌のキメを整えると、肌に入ってきた光を綺麗に反射させることができるので、シミやそばかすは目立たなくなるでしょう。

 

委員より
■商品おすすめ活動委員会
 試食として準備した3種類のクリスマスケーキの特長を伝え、予約を呼びかけました。また、魚の缶詰の紹介をグリーンズカフェのしおりを用いて行いました。びん牛乳の予約や、タオルとメッセージを贈る取り組みの協力も呼びかけました。
■環境活動委員会
 4R運動について、仕分け袋の返し方や、びん牛乳のびんの正しい洗い方を伝えました。そのほか、「グリーンコープでんき」やせっけんについて、グリーンズカフェのしおりを用いて伝えました。
■その他
 ファイバーリサイクルについて紙芝居を使って紹介。集めている衣類については、グリーンコープのホームページで確認できることも伝えました。

<参加者の感想>
・友だちに誘ってもらって参加しました。聞きたいと思っていたことを詳しく聞けたので、参加して良かったです。
・説明がわかりやすくてとても良かったので、次の取り組みにもぜひ参加したいです。
・クリスマスケーキがとても美味しかったので予約したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 





県央東地域本部たつだ地区主催で、グリーンズカフェを開催しました

県央東地域本部たつだ地区主催で、グリーンズカフェを開催しました。

 

開催日時…2017年9月27日(水)10時30分〜12時30分

場所…しみず店(熊本市北区麻生田)

参加人数…18名

試食の内容…産直びん牛乳ノンホモから作ったモッツァレラチーズ(実演あり)、ホエーとホットケーキミックスだけで作ったパンケーキ(実演あり)、未希ライフとサンつがるのスライス1片ずつ、産直びん牛乳ノンホモの試飲

試供品…GC「パプアココ ボディ&ネイル ジェルクリーム 150g」

お持ち帰りおすすめサンプル…ホットケーキミックス1袋、リトルポッキンチュー2本

県央東地域本部のテーマ…「30th Anniversary ありがとう これからも」

 

全体の流れ…
 店内サッカー台の横に、ハロウィンの特設商品棚と等身大と思しき産直びん牛乳を模した展示物があり、先ず目を引きました。
 たつだ地区のグリーンズカフェ〜秋の組合員のつどい〜は、その隣接スペースで開催されました。

 

  

 

 来店者の都合の良い時間に着席していただく“さみだれ式”でしたが、モッツァレラチーズ作りの実演が始まると、テーブルの前に人だかりができました。

 

  


 また、店内で買い物中の組合員には積極的に声を掛けて、遺伝子組み換え作物反対に関する署名活動の協力を願いました。
 試食を勧められテーブルに着いた組合員には、産直びん牛乳ノンホモから手作りで簡単にチーズができること、それには何の添加物も加えられていない「安心」・「安全」が保証されていること、チーズを作った後のホエーは様々な料理に活用できること等が伝えられました。

 

  

 

 さらに、グリーンズカフェのしおりの「グリーンたいむ」を開き、各項目について丁寧に説明しました。
 タオルとメッセージを生乳生産者へ贈る取り組みに賛同する組合員には、その場でメッセージを書いてもらいました。

 

  

 

 試供品のGC「パプアココ ボディ&ネイル ジェルクリーム 150g」を両手の甲や指に伸ばしながら、「美味しそうな匂いですね〜」と、ほとんどの組合員が手を鼻に近づけていました。
 持ち帰り用のおすすめサンプルは、試食で使われていたホットケーキミックスや、しおりの中に登場していたリトルポッキンチューだったので、「さっそく試します」と喜ばれていました。

 

  


参加者の声
 ・グリーンコープと出合って、チーズが自宅で作れることを知りました。ぜひ自宅でも作って、集まり等に持って行って、広めようと思います。
 ・ホエーも無駄にならず、栄養たっぷりのままスープやカレー等の料理に使えるので、ぜひチーズを作ってほしいです。
 ・それぞれのりんごの味わいがあって、とても美味しかったです。
 ・牛乳がなくなってしまったら大変なので、さらに利用していきたいです。
 ・試食のパンケーキにはホエーとホットケーキミックスだけしか使われていないということですが何の違和感もありませんでした。モッツァレラチーズは塩味がきいていましたが、お酒のおつまみになると思いました。
 ・店舗組合員です。今回お話しをじっくり聞いて、グリーンコープの活動が多岐にわたっていることを初めて知りました。このような機会があって、良かったです。





県央東地域本部すぎなみ地区主催で、「れんこん料理交流会」を開催しました

 9月20日(木)、菊陽町三里木町民センターにおいて、生産者グループやまびこ会の方をお招きし、「れんこん料理交流会」を開催しました。(29名の参加がありました)
 今回のメニューは「からし蓮根」「蓮根の和風ミートローフ」「蓮根のヘルシーポタージュ」「蓮根とささみのサラダ」「蓮根ごはん」「蓮根白玉のフルーツポンチ」の6品と盛りだくさんです!

 

  

 

 それぞれの料理の説明を受けた後、5班に分かれて調理開始。
 「からし蓮根」は、やまびこ会の方の主導のもと調理し、上手なからし味噌の詰め方や揚げ方を手取り足取り教えていただきました。
 各テーブルではレシピを見て互いに教え合いながら和気藹々とと調理を進め、調理室は次第に美味しそうな匂いに包まれていきます。
 1時間半程で盛り付けやセッティングまで終了し、いよいよ試食タイムです。

 

  

 

 参加者も初めて作ったメニューも多かったので、「家でもぜひ作りたい!!」という声がたくさん聞かれ、美味しい蓮根料理のおかげで、話も弾みました。
 試食後は、やまびこ会の方に蓮根がどのように栽培されているのか、そして「安全で健康な野菜作り」の為に無農薬や肥料にもこだわり、私たちの食の安全が守られているのだと改めて学ぶことができました。
 少しずつ寒くなってきたこの季節。栄養たっぷりの蓮根料理で、家族の健康と笑顔を守っていきたいと思いました。


(すぎなみ地区コミュニケーション委員

遠藤千枝さんより寄稿)






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

プロフィール

書いた記事数:528 最後に更新した日:2018/12/14

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者