「感謝の玉ねぎ」お礼の訪問報告

日 程・・・2017年2月3日(金)〜4日(土)

場 所・・・韓国ソウル〈ハンサリム連合〉


< 歓迎の挨拶:ハンサリム郭代表より >

 真冬に韓国に来て頂いてありがとうございます。グリーンコープとは、30年以上の交流の歴史があり、昨年初めて「もの」〈玉ねぎ〉の交流を行いました。「もの」だけの交流ではなく、国家を越えた交流だと思いましたし、丁寧なやり取りもされました。「感謝の玉ねぎ」の呼び名がグリーンコープの理事会で決まって有り難く思いました。この度、初めての「もの」の交流が終わりましたが、私たちには感動の交流が生まれました。個人の欲求を超えた、公共の交流、未来を目指して共に生きていく交流です。また、たくさんの方々に支えられて今回の交流があった事、キソプさん、生産者の方々、両生協職員に感謝の気持ちを述べたいと思います。

 

< 感謝の玉ねぎを輸入することになった背景 >

 グリーンコープでは、玉ねぎを1週間で27トン、年間1,400トンを扱っています。4月〜9月南九州、10月~3月北海道のものを扱っています。今期、九州産玉ねぎが病気や貯蔵中の痛みがあり、通常通りに出荷することができませんでした。10月に供給予定であった北海道の玉ねぎは、台風と大雨で相当な被害が出ました。玉ねぎが流された北海道は、作物だけではなく様々な被害が出ました。グリーンコープ生産者の畑は、水につかり病気が出て収穫量が減りました。台風が過ぎた後も玉ねぎを乾燥させることが追いつかず、寸断された道もあり、運ぶことも困難な状況でした。グリーンコープもそうであったように、日本全体が同じような状況にあり、野菜が高騰していました。

 

< 牧より当日お伝えした、義援金と感謝の玉ねぎお礼の内容 >
 熊本は震度7地震が立て続けに起こりました。たくさんの方々が被災しました。そのような中で、グリーンコープとして震災支援に取り組んでいるところです。地震直後にハンサリムより郭理事長、専務が義援金を届けに来てくださいました。とても有り難かったです。その後、自然災害が続き、食卓から玉ねぎが消えようとしていました。そんな時、ハンサリムから緊急支援として「感謝の玉ねぎ」を届けて頂けるということで、2度に渡り助けて頂きました。今日は、くまもとのみんなからも、しっかりと義援金のお礼と「感謝の玉ねぎ」のお礼を伝えてくるように言われています。くまもとでは、「感謝の玉ねぎ」の利用普及のために、理事会で試食しました。生でスライスしたものをドレッシングなしで味を確かめました。本当に甘みがあって美味しかったです。私は理事会で言いました。義援金も頂いています。特にくまもとは「感謝の玉ねぎ」を1人10袋は買いましょうと伝えました。
本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

 

< 全体感想 >

 今回、「感謝の玉ねぎ」の取り扱いから更なる交流・連帯の深化へ感謝の旅に参加させて頂き本当に良かったです。私がグリーンコープ組織の在り方、グリーンコープ運動、国際的な連帯や交流を始めて意識したのは、ピョンファ・エ・ダリで韓国の歴史や文化を学び、ハンサリム生協やドゥレ生協との交流をさせて頂いた時からです。それから、グリーンコープの事をさらに知ることができて、広い視野でグリーンコープ運動を深めることができました。
 私の任期が終わる前に、震災支援で義援金を頂いたことや「感謝の玉ねぎ」に対するお礼を直接言えたことは、私にとってとても有り難いものでした。
 懇親会では生産者の皆さんとも会話をさせて頂きましたが、生産者の皆さんはとても純朴で、いつも土と触れ合っている、おおらかさを強く感じました。実は、今回の交流会・懇親会に参加するために、4時間もかかる道のりを来て頂いたと知った時に思わず胸が熱くなり、4時間もかかるので早めに帰られる様子を見て、思わず感謝の思いを込めて握手させて頂きました。
 このように、助け合い、支え合いの精神が海を越えて実現されたことは本当に素晴らしい事だと思いました。これからも、ハンサリム生協との連帯が続いていくことを願っています。参加させて頂き本当にありがとうございました。


(理事長 牧 幸子さんより寄稿)

 





みやぎ生協、コープ東北、コープみらい、日本コープ共済生活協同組合連合会より応援メッセージが届けられました

みやぎ生協、コープ東北、コープみらい、日本コープ共済生活協同組合連合会より応援メッセージが届けられました
  
  
 




地域の子育てサークルで「子どもの心を育てるお金のはなし」講座を開催しました

 2月19日(木)に熊本市東部公民館にて、地域の子育てサークルにて、労働協同組合FP円縁からファイナンシャルプランナーの御書さんを講師に招き『子どもの心を育てるお金のはなし』の講座を開催しました。

 参加者は未就学児から高校生までと幅広い年齢層の子どもを持つ母親14名。
 講座では、講師が自身の実体験を交えながら、定額制のこづかいを導入することによって子どもの金銭感覚を養い、子ども自身もお金を使うことから得る成功体験や失敗体験によって成長していくのだという説明を聞きました。

「お金はものと交換する道具。使って初めて金銭感覚が身に付く。」「こづかい制を導入するには、最初のルール作りが大事。」「人生は一生、選択の連続。限られたこづかいの範囲で子ども自身が買う、買わないという選択を繰り返し、その結果の成功体験や失敗体験から、我慢する力や交渉力、適正価格を考える力、トラブルを回避する力などを身に付けていく。」「『成功』の反対は『失敗』ではなく、『何もしない』ことである。」など、数々の話とともに、親として大切なのは、「子どもを信じて見守ること。」「親子のコミュニケーションを大切にすること。」そして「自分自身の軸をしっかり持って子どもに対応すること。」であると話されました。
 金銭教育とは、単に金銭感覚を養うだけでなく、子どもの生きる力を育むことであり、物を大切にすることや感謝の気持ちを持つといった、心を育てることでもある、ということを学びました。

【質疑応答】
Q.お友だちのプレゼントを用意する場合はおこづかいから出させた方がいいのでしょうか。
A.そうですね。子どもも、おこづかいから必要経費を差し引いたうえで、いつ、誰に何をあげるか、そのためにはいくら必要か、と考えるようになり、予算化できるようになります。
Q.小学校2年生の子どもが、一緒に遊ぶ友だちから「ジュースをおごってくれないと友だちじゃない」と言われたり、その友だちから○○を買ってもらったからお返しをしなければ、と、家からお金を持ち出そうとし、対応に困っています。
A.「ジュースをおごってくれなければ友だちじゃない」と言われたことに対しては、「それならそれでいい」と言えるくらい毅然とした態度が取れると良いでしょう。もしかしたら友だちを無くすかもしれませんが、それも経験です。家庭によってお金の使い方やおこづかいの対応は違うので、だめなものはだめ、というけじめも大切です。
Q.おこづかいを始める時期はいつ頃がいいのでしょうか。
A;子どもによって個人差はありますが、興味を持った時が良いでしょう。消費税などを考えて計算する場合もあるので、幼いうちは親子でおこづかい帳を付けるようにしましょう。
Q.まだ小学校2年生なので、おこづかいを月単位ではなく半月に1回渡していますが、月単位の方がいいのでしょうか。
A.半月に1回でも、あるいはもっと小さいうちは週単位でも良いでしょう。
Q.兄弟の中で自分だけもらっていない、という弟や妹にはどう対応するのがいいのでしょうか。
A.お財布に週100円入れてあげ、使ってしまったら我慢をさせるという方法や、「小学生になったらね」と我慢させる方法など、ご家庭の状況に応じて対応されると良いと思います。
Q.子どもがお金をおもちゃと一緒におもちゃ箱に入れてしまうのですが、どうしたら良いでしょう。
A.「お金は大切なものだから、人目につかないところにしまおうね」と教えてあげましょう。

Q.例えば今後、子どもにおこづかいを1,000円渡したとして、それを使い果たしてしまい、本当に必要な出費がある場合はどう対応したら良いのでしょうか。
A.すぐに代わりに出してあげるのではなく、まず子ども自身に考えさせましょう。子どもは困らないと成長しませんし、困ったときに自分で対応方法を考えるようになります。そして救済策として、家にあるもの(お母さんの鉛筆を貸してあげよう、とか)を貸し出したり、代用品(ノートであればコピー用紙など)をあげたりするのも良いと思います。また、次のおこづかいをもらったら必要なものを最初に買って、借りたものは返すことを約束させるとよいでしょう。なお、もし孫に甘いおじいちゃんやおばあちゃんがそばにいらっしゃるようなら、定額制のおこづかいを始めるときにひとこと言っておくと良いでしょう。

【参加者からの感想】
・子どもに金銭感覚を身に付けさせるためには、長い目で見なくてはならないということを感じ、努力しなくてはいけないな、と思いました。自分でお金の管理、計画、体験をさせてみようと思いました。
・子どもに金銭感覚を身につけてもらいたい・・・と思って参加しました。どうしたらお金をちゃんと管理できるようになるのか、ということばかり考えていたのですが、今日の話を聞いて失敗させる体験も大事だと思いました。成功の反対が失敗ではなく、何もしないことだと聞いて、ハッとしました。何もさせないと、身につかないまま大きくなるのは困るので、ちゃんと話をしてはじめようと思いました。
・高2と中1、小2の子どもがいます。こづかいは3年生から学年×100円、高2の娘には3,000円渡していますが、それ以外にも文房具は買い与え、友だちと出かけるときには昼食代や映画代をその都度渡してきました。もう遅いかも・・と不安を抱えて参加しましたが、今からでも遅くない!と分かり安心しました。
・おこづかいをいつから、いくらあげるか、など考えていなかったので、まずは、お金の在り方など親子で話し合ってルールを守れるようにしたいと思いました。
・今後、定額おこづかい制を我が家でも導入していきたいなと思いました。親子のコミュニケーションを大事に、子どもを信じて、見守っていきたいと思います。
・まだこづかいを与えていないので、事前に子どもへの金銭教育を知ることができ、とても勉強になりました。他の方の話も聞くことができたので、将来の予習ができた気分です。自分自身も改めて金銭学習ができてよかったです。
・こづかいを始める年齢や金額などで迷っていて、まだ始めていませんでした。始めるタイミングやルール作り、ポイントなど、とても参考になりました。特に、買うものの範囲を決めるというのは大切だなあと思いました。「制限つきの自由」参考になりました。
・お金の使い方については悩みがたくさんありました。定額のこづかい制、文房具は自分で買うこと、今日から実践していきたいなと思うことがたくさんありました。おこづかい帳も子どもたちは持っていますが任せっ放しなので、一緒につけていくことも必要だなと思いました。
・お金を持たせること、ゲームや携帯電話についてまで、失敗の体験を見守ること、ルールについての話しこみ重要ですね。日頃からたくさんコミュニケーションをとって話し合っていることが大切だと感じました。
・こづかいは欲しい物を買うと思っていたけど、必要な物(文具)を買うのにも使うのだ、子どもの金銭感覚を育てるために必要なのだと知りました。おおらかに取り組んでいきたいと思いました。
・お金を貯めて使わない長男に感心し、あれば使いたがる次男に呆れていましたが、お金は使わなければ金銭感覚は身につかないということ、失敗して子どもは学び、成長するのだということを改めて考え直す機会となりました。子どもが自分で考えて生きていく力を付けるために、新年度を機に、必需品も含め、少しずつ自分のものは自分で購入するよう取り組んで行こうと思いました。
・以前から疑問に思っていたところに答えてもらったのですっきりしました。早速おこづかい帳を買って始めようと思います。子どもたちがたくさん貯めたままになっていたことにも気付き、家族でお金の使い方を考える機会を与えていただき感謝しています!ありがとうございました。
                        (子育てサークルひだまり代表 渡辺さんより寄稿)

 




ともづな会で訪問した白玉屋新三郎(株)のプリンとシュークリームを紹介します

 2月21日(土)、ともづな会の視察研修で八代郡氷川町にある「白玉屋新三郎」を訪問しました。グリーンコープの取引メーカーでもある「白玉屋新三郎」とは永年に亘るお付き合いで、委員会活動を卒業したともづな会メンバーも懐かしさと共に、白玉やお菓子の買い物に励み(?)ました。
 
白玉屋新三郎・寺田さんからのプリンとシュークリームおすすめコメントを紹介します。
 
◆現在、平成さくら通り店で販売されていますが、今回初めて他のお店でも販売されます。
 2月28日〜桜木店
   3月2日・3日 しみず店、長嶺店、荒尾店

◆グリーンコープ牛乳と卵を使っています。
   プリンはシンプルな材料でこくがあって、なめらか。
   シューのクリームは白玉粉を加えて、新しい食感です。
 
◎GMOフリー プリン
 GCパスチャライズ牛乳とGC産直卵と砂糖だけで焼きプリンを作りました。
 シンプルゆえに素材の良さと、なめらかな食感をお楽しみいただけます。


◎プレミアムシュークリーム
 GC指定国産小麦粉とGC産直卵をメインにシュー皮を焼き上げました。
 カスタードクリームは、GC産直卵とGCパスチャライズ牛乳に白玉粉でとろみをつけるという
  弊社オリジナルのクリームです。
 レモン風味のなめらかクリームは新しい食感です。白玉屋新三郎ならではのシュークリームです。



「とってもおいしい!」と大好評でした。(ともづな会・渡辺さんより寄稿)
 




「NPO法人消費者支援ネットくまもと」が適格消費者団体に認定されました(グリーンコープ生協くまもと生活再生相談室が「NPO法人消費者支援ネットくまもと」の事務局を担っています)

 
 「NPO法人消費者支援ネットくまもと」は平成22年8月に、消費者契約法に基づく適格消費者団体の認定を目指して設立され、熊本の消費者被害の予防・救済のための活動に取り組んでこられました。
 これまでの実績が評価され、事業者の不当行為に対して消費者に代わって差し止め請求ができる「適格消費者団体」に認定されました。
 平成26年12月17日に、消費者庁にて認定書の交付式があり、内閣総理大臣代理として「消費者及び食品安全」担当大臣の有村治子大臣(当時)から当法人の青山理事長へ適格消費者団体の認定状が授与されました。当日は青山理事長はじめ、松岡副理事長、下山専門部会長、グリーンコープ生協くまもと生活相談室からも当法人の事務局長を担っている村上常務と事務局長補佐を担っている原田部長が出席しました。
 また、認定を祝い熊本県広報部長である「くまモン」も駆けつけてくれました。
 




「グリーンコープひろめたい」設立総会を開催しました

 大好きなグリーンコープをひろめたいと思うメンバーが集まり、「地域とグリーンコープを繋ぐ私たち組合員」を合言葉に「グリーンコープひろめたい」を設立し、2月1日(土)、本部会議室にて、設立総会を開催しました。


 当日はメンバー登録した組合員、ワーカー、専従職員116名のうち27名が参加。
 第一部では、牧理事長から開会の挨拶と、「グリーンコープひろめたい」の活動の趣旨として、『まだグリーンコープを知らない人にグリーンコープをアピールしていく。自分が動ける範囲で、前向きな気持ちで楽しく、フットワーク軽く活動していく』という説明がありました。さらに、具体的な取り組みの提案や、どんな「グリーンコープひろめたい」にしていきたいか、またどんなことがやれるかなど、意見交換(ワークショップ)を行いました。
  

●ワークショップで出された意見(一部)
*グリーンコープの本部前が「熊本城マラソン」のコース。元気くんと一緒に応援しては?
*町内会や子ども会など地域の集まりに参加しアピール
*地域で開かれるイベントやまつりなどの情報を集め、積極的に参加しアピール
*食の安心・安全などの目的を持ったイベントに出展する
*戸別訪問、展示試食会、ポスティングなど
*グリーンコープ商品を使っているお店、飲食店、幼稚園、保育園などと連携
*産婦人科でアピール
*お母さんだけでなく、男性や子どもをターゲットにした取り組み
*食の安全、添加物などの話ができる講師リストを作成し、学校等にアピール
*せっけんや化粧品をテーマにしたイベントの開催
*ヨガ教室やバレーボール大会などを開催する
 
 第2部では、メンバーでもある高濱県央西地域理事長お手製の「ラスク」「ネグロスバナナのシフォンケーキ」や、メンバー有志が作った「産直びん牛乳のみるくもち」、平成さくら通り店のオードブルを囲み、中村県北地域理事長の「いただきます」の音頭で、昼食交流会を行いました。


 最後に高濱地域理事長から「第2部が和やかで、料理も美味しかった。この調子で、みんなでグリーンコープは美味しいんだ!と広めていきましょう。がんばりましょう」と閉会の挨拶がありました。

 




韓国ハンサリム生協連合会の職員と組合員のみなさんが研修にこられました

 韓国ハンサリム生協の職員と組合員の皆さんが、10月15日〜10月19日(職員)と11月5日〜11月10日(組合員)に、グリーンコープへ研修にこられました。その中で、10月16日〜18日(職員)、11月6日〜9日(組合員)はくまもとにこられました。
研修のテーマは“グリーンコープの地域に対する新しい様々な働きかけ”で、職員、組合員それぞれに、水俣への視察やグリーンコープの福祉や店舗の取り組みの視察、交流を実施。「元気な組合員と元気なワーカーズに会えてよかった」と感想をいただきました。
 
<職員研修>
日程       2013年10月15日(火)〜10月19日(土)
参加者     韓国ハンサリム生協職員17名、通訳1名、団長(引率)1名、他総計21名
主な研修日程
■10月16日(水)
●水俣を訪れ、水俣病や環境問題について学習
●百間排水口遺構、親水護岸、恋路島、魂石、水俣病慰霊碑、水俣湾巡
   
●田中商店(グリーンコープのびん類のリユースを支えるびん洗浄工場)を視察
 

■10月17日(木)                                                        
グリーンコープゆるりの家・長嶺で、グリーンコープ福祉に関する業務や様子を視察
 
●グリーンコープお店「平成さくら通り店」で日常業務について研修。商品の購入も。
●ハンサリム職員とグリーンコープ職員そしてワーカーズで交流会を実施。3つのグループに分かれて活発な質問意見交換が行われました。最後に、お互いからお土産の交換をしました。
 
 

■10月18日(金)
●くまもとでの最終日は、阿蘇噴火口を見学し、熊本の温泉地黒川を散策し終了。


<組合員研修>
日程        2013年11月5日(火)〜11月9日(土)
参加者      韓国ハンサリム生協組合員21名、通訳1名、団長(引率)1名、他総計25名
主な研修日程
■11月6日(水)
  ●水俣を訪れ、水俣病や環境問題について学習。
●百間排水口遺構、親水護岸、恋路島、魂石、水俣病慰霊碑、水俣湾、汚染魚の墓場。  
    
●ゆるりの家・水俣及び小規模多機能型居宅介護事業所ほのぼの・水俣視察
   

■11月7日(木)
 ●平成さくら通り店開店前業務及びしみず店日常業務について見学
      
●元気館しみず2階多目的会議室で、ハンサリム組合員とグリーンコープ店舗ワーカーズで、交流会を開催。ワーカーズの働き方や業務内容に質問がたくさん出されました。くまもとのワーカーズからは、ワーカーズが組合員の思いで誕生したことなどが説明され、話が盛り上がりました。最後に、お互いからのお土産を交換しました。
     

■11月8日(金)
 ●くまもと最終日は、阿蘇噴火口見学や草千里散策をして終了。








 




 




八代市に連続6期目の代理人が誕生しました

八代市に連続6期目の代理人が誕生しました。
グリーンコープ生協くまもとでは、自分たちの住む地域を住みたい町にしていくために、くまもと生活者ネットワークと連帯して、私たち生活者の声を議会に届ける代理人ネットワーク運動に取り組んでいます。

今回、9月の八代市議会選挙において、連帯の関係にある八代女性市民の会の幸村香代子さんが、当選を果たし引き続き代理人として活動を続けていかれることになりました。 現在、くまもと生活者ネットワークと一緒にすすめている遺伝子組み換え作物反対運動を今後も積極的に展開していくとともに、市民(生活者)の声をしっかり議会に届ける代理人運動を共にすすめていきます。

yukimura●八代女性市民の会 代理人 幸村香代子さんからのメッセージ

「今、高齢化への対応、食の安心・安全、ごみ、エネルギーなど暮らしの課題が山積しています。運動の輪を広げ、自分たちの手で、住んでる町を住み続けていく町にしていきましょう。私も一生懸命務めさせていただきます。」


 





グリーンたいむ152号(8月号)をアップしました

 機関紙グリーンたいむ152号(8月号)をアップしました。
下記よりご覧下さい。
http://greencoop-kumamoto.jp/img/greentime/152.pdf




「気晴らし・とんぼ」にお邪魔しました。

 

 グリーンコープ生協くまもとでは、地域福祉の広がりを目指して、地域の中で組合員による地域たすけあいのための互助組織づくりを進めています。
名称を「グリーンコープ地域たすけあい・絆」とし、その第一号となる「絆・とんぼ」が、2012年4月より、熊本市北区武蔵ヶ丘地域で活動をスタートしました。グリーンコープの組合員活動やたすけあいワーカーズの活動を退いたメンバーが「歳をとっても住み慣れたところで安心して暮らしていけるよう、誰もが集える場を作り、人と人とのつながりを大切にして行こう」と会を立ち上げ、住宅街の中の一軒を借りて活動を開始。月4回の運営会議で、地域との交流や研修、「気晴らし・とんぼ」の運営内容や昼食の献立、役割分担などを話し合い進めています。

 月2回開催する「気晴らし・とんぼ」には、地域の高齢者の方が参加され、運営者も一緒におしゃべりを楽しみながら小物作りや季節の行事を行っています。毎日の暮らし方や福祉サービスのこと、料理のメニューやその作り方、思い出話など様々な話題が行き交う、和やかなひとときとなっています。お楽しみの昼食は、グリーンコープの食材を使って運営者が調理し「おいしい」と好評です。参加費は参加毎に100円、昼食代は別途負担となります。運営費には福祉活動組合員基金が活かされています。

外観 食事準備

 7月5日(金)の「気晴らし・とんぼ」では七夕飾りづくりを行いました。
参加者は8名。用意された短冊にそれぞれが思いを書き入れ、飾りも付けて和室の一角に飾りました。昼食には「ちらし寿しと椎茸とワカメの吸い物、ゴーヤチャンプル、ゲランドの塩とごま油をかけた冷奴、煮しめ」などがテーブルに勢揃い。庭で育ったカボチャの花が煮しめの具の一つとして入れられ、その食感や味について話題が集中し、大にぎわいとなりました。食後には、各自抹茶でお茶を立て、おいしい和菓子も味わいながら、ティータイムを楽しみました。


短冊づくり 全員写真

食事風景 お抹茶

会員には民生委員や社会福祉協議会委員、福祉協力委員などを務めている方もあって、地域の情報もたくさん入り、いっしょに地域の行事に参加したり「絆・とんぼ」への参加を呼びかけたりするなど、地域との交流も深めています。代表の大渕さんは「参加者同士、互いに学びあい地域の人と一緒に作っていく場です。毎回毎回ときめかせてもらえます」と。また「今後、いろいろな地域でも、このような取り組みが広がっていくことを楽しみにしている」と言われ、その先人としていきいきと活動が進められていました。  






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:413 最後に更新した日:2017/04/18

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者