県央東商品おすすめ活動委員会メンバーで蠧眦聴卒郛ε更場視察に行ってきました

  

  7月9日(木曜日)に、県央東地域本部の商品おすすめ活動委員会のメンバー19名で、益城町の(株)内田安喜商店の工場視察に行ってきました。
  私たちもマスクに帽子、白衣を身につけて身支度を整え、エアシャワーを浴びて工場内に入りました。工場内では、常務取締役の大石さんに案内していただきました。工場内の一室には、グリーンコープ指定の福岡県産の大豆「フクユタカ」がうず高く積まれていました。粉砕した大豆を絞る過程では、泡が発生するため一般的には消泡剤が使用されますが、内田安喜商店の豆腐には一切使われていないそうです。また、豆腐を凝固されるためのにがりには、長崎県の海水が原料の「海はいのちのにがり」が使用されていました。グリーンコープの豆腐は、大豆とにがり、水という安心・安全な材料で作られているということを改めて知ることができました。厚揚げを作る過程では、揚げ油に「一番搾りなたね油 菜の花物語」が使用されており、これが厚揚げのおいしさのひみつだろうと参加者の間で話題になりました。
  梅雨の合間の晴れの日だったこともあり、工場内はとても暑く感じましたが、豆腐の香り漂う工場の中で、水にさらされて浮き沈みしているでき立ての豆腐を見ると、暑さも吹き飛ぶ思いがしました。
  材料にもこだわり、こんなにも大切に作られている豆腐を、これからも美味しく食べ続けていきたいと思いました。

  

 
(県央東商品おすすめ活動委員 松永 友紀さんより寄稿)
 





グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者