いずみ地区主催グリーンズカフェを開催しました

 9月30日(水)に出水南コミュニティーセンターにて、いずみ地区主催グリーンズカフェを開催。組合員、職員合わせて14名が参加しました。
 
 
 はじめに今田地区委員長より挨拶。
 「グリーンコープは“いのち”を1番大切にする生協です。私は食べ物からグリーンコープに入りました。加入したばかりの頃は、グリーンコープがなぜ環境や福祉に取り組むのかわかりませんでした。でも、よく考えていけば『家族に体にいいものを食べさせたい』という想いは、つまり『家族の“いのち”を大切にしたい』 ということ。そして、地球環境にやさしいせっけんを使うことは、私たちの水を守ることであり、“いのち”を守ることにつながります。また、川内原発で事故が起これば、もう熊本には住むことができなくなるので、原発に反対することは、わたしたちの“いのち”を守ることにつながるんですよね。困窮者支援や生活再生事業なども、やはり“いのち”を守ることにつながり、老人介護施設などの福祉事業や葬祭事業も“いのち”を大切にするからこそのものです。今日はそんなグリーンコープの活動をいろいろと皆さまにご紹介して、お互いに語り合える場となればいいな、と思います。」

 続けて環境活動委員長と活動委員より環境に関する活動についてアピール。
くまもとにおける市民電力事業の状況を説明し、グリーン電力出資金の出資を呼びかけました。また、仕分け袋やトレーの返却方法、新しく始まったカタログの回収などの4R運動について案内しました。

 次に福祉活動委員会より、グリーンコープにおける福祉活動全般について説明。なかでもファイバーリサイクルについては、実際にファイバーリサイクルで購入した服を見せて紹介しました。また、11月11日に開催する子育て講演会の案内も行いました。

 商品おすすめ委員会からは、グリーンコープのびん牛乳の良さと特徴についての説明、新登場のせっけんシャンプー・リンス「ピュアシリーズ」についての紹介や、産直りんご・みかんの利用の呼びかけなどを行いました。

 また、廣瀬センター長からは仲間づくりの取り組みの1つとして始めた「地域仲間づくりスタッフ」についての紹介と募集の呼びかけを行いました。

 その他、11月21日にフードパルで開催するまつり(グリーンフェスタinくまもと2015)について案内し、参加を呼びかけました。また、今後の地区の活動計画についても案内しました。
 その後、地区委員が用意した試食メニューを味わいながら、参加者同士でグリーンコープについて語り合いました。

 参加者からは「まつりが楽しみ」「ファイバーリサイクルを利用してみたい」「他の取り組みにも参加してみたい」「新しいシャンプーを使ってみたい」「ミルクもちがとてもおいしいので、家でおやつに作ってみたい」などの声が聞かれました。

【試食メニュー】
 写真右上から時計回りに
 ・東ティモールコーヒーこだわり直火2度焙煎(粉)
 ・シュークリーム(パプアチョコカスタード)
 ・ミルクもち






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者