3月26日(土)にげんきの森こども園で卒園式を開催。

 
 3月26日(土)にげんきの森こども園で卒園式を開催。この日卒園する園児は5名。保護者等が見守る中で、温かに行われました。
 玄関には、黄色い菜の花が活けられ、皆の似顔絵で飾られたウェルカムボードには、巣立つ卒園児への想いが込められていました。
 卒園児たちは、一人ひとり担任の先生から胸に花をつけてもらい、少し照れた様子で、開会の時を待っていました。

 
ピアノの演奏と、拍手に包まれながら入場


保育証書授与
 園長先生が、一人ひとり保育証書を読み上げ、園児へ授与。園児は、保育証書を保護者のところへ持って行き、「ありがとうございます。」「お仕事ありがとうございます。」と保護者への感謝の気持ちを伝えていました。
 
 


園長あいさつ
「子どもたちに安心・安全な食べ物を食べさせたいという思いで、6年前に安全な給食を提供できる保育園を開設しました。『こども園の給食は世界一、今は地球一おいしい給食』と子どもたちが言っているのを耳にします。また、食育の日は、お料理、野菜栽培、梅干や味噌、マヨネーズづくりと、色々なものを作りました。その他、運動会や、生活発表会などの行事で、何をするかなど、自分達で考え、難しいことに挑戦しました。普段の生活でも園のお兄さんお姉さんとして、困っている子がいれば優しく声をかけ、喧嘩して泣いている子があれば仲裁に入り大人顔負けの対応にドキッとさせられることがありました。5人ともとてもしっかりした年長さんでした。こども園でおもいっきり遊んだこと、怒られたこと、お友だちの事などを思い出して4月からは元気に小学校へ通ってください。」と園長先生から言葉が贈られました。 

保護者会会長あいさつ
 皆さんの卒園式を祝うように桜が咲いていました。卒園式の姿も立派でした。それぞれ違う小学校に通うことになるので、少しさびしい気持ちもあることでしょうが、こども園でのことを思い出して、小学校でも楽しく過してください。また、先生方のご指導により、手際良く給食作りを手伝ったりなど、色々な場面で子どもたちの成長を見ることができました。保護者活動にも協力していただきありがとうございました。先生たちのたっぷりの愛とご指導で、心豊かに成長しています。こども園の支援のおかげで、安心して通わせることができました。親も大好きなこども園でした。」と保護者会会長からお祝いと感謝の言葉が述べられました。

来賓紹介・あいさつ 
グリーンコープ生協くまもと 牧理事長
「昨年は卒園児1名の初めての卒園式で感動的でした。今年は、5名の卒園児、今までで1番多い記憶に残る式になります。このこども園で、皆さんが元気に笑って、元気に強く生きる力、どんな困難にも立ち向かう力を持つことができたと思います。こども園で培った力を持って、小学校でもお友だちと仲良く思いやりを持って、毎日過せることでしょう。保護者の方も成長をみて、一つひとつ喜びをかみしめておられることでしょう。たくさんある保育園の中で、このこども園を選んでいただいて、ありがとうございます。グリーンコープが最も大事にしている命、このこども園も命を大事にしています。これからも、ずっと見守りたいと思います。」とグリーンコープ生協くまもと理事長からお祝いの言葉が贈られました。




在園児見送る歌とことば
「1年中あそんでくれて、ありがとう」
「トランポリンで、とんで、いっぱいあそんだね」
「サンタさんと写真とったのうれしかったね」
「1年中、助けてくれてありがとう。かっこよかったよ。」




卒園児お別れのことば
「みんなと過したこども園、お別れです。」
「なわとび、トランポリン、屋根のぼり、楽しかった食育の時間、マヨネーズ、味噌、梅干、色々作った、忘れません。」
「屋根のぼり、ジャンプ色々なことに挑戦して、わくわく、どきどき、することがたくさんありました。」
「笑ったり、泣いたり、ケンカしたりしたこと大切な思い出です。」
「げんきの森のみんなと先生のこと忘れません。ありがとうございました。」

先生より、卒園生製作の安全柵の紹介
トランポリンの横に置く安全柵に使ってください。
牛乳パック、新聞紙、グリーンコープの注文書を毎日詰め込んで作りました。設計書も作り、みんなで知恵を出し合って作りました。大切に使ってください。





保護者代表あいさつ
「私たちの子どもたちに、心温まる卒園式をありがとうございます。園長先生、先生、来賓の皆さんへ、保護者一同お礼を申し上げます。皆様のことばは、小さい子どもたちの心に刻まれるでしょう。今ではたくましい、お兄さん、お姉さんに成長しました。
 こども園での1年を通じた食育、種まきから収穫したものを、心を込めて料理し、自然や命の不思議に触れ、学びました。
 手間暇をかけた食事つくり、子どもたち一人ひとりに愛情をそそいでくれた先生たち、感謝しています。巣立つ子どもたちを温かく見守っていただけたら、この先、力強く前進して行ける力となることでしょう。」と感謝の言葉を述べられました。


保護者記念品贈呈
保護者から、「こども園便りや、子どもたちの姿をたくさん撮ってください。」
とデジタルカメラとSDカードが贈呈されました。
「これからもたくさん、子どもたちの姿を撮りたいです。ありがとうございます。」と園長先生が感謝の気持ちを伝えられました。




卒園児退場
在園児、先生や保護者でアーチをつくり、卒園生は、そこをくぐりながら退場しました。


紙風船とばし
 最後に、「空まで届け、みんなの夢」と書かれた紙風船に、願い事や、将来の夢を短冊に書いた紙風船を手に子どもたちは、園庭に駆け出し、「風船とばし」の掛け声を、かけ大空へと紙風船をとばしました。


卒園児の夢
「お店屋さんをしたい」
「パティシエになりたい」
「小学校で友だちたくさん」
「パン屋さんになりたい」
「兄弟仲良く、大きくなって」
「ママのお仕事がうまくいきますように」
「デザイナーになりたい」
「小学校に行ったら、色々勉強したい」
「バスケの選手になりたい」
「お友だちができますように」

 真っ青な空に、赤、青、黄色、白の紙風船が、子どもたちの願いをのせ、風に揺られながら飛んで行きました。子どもたちは、風船に、「がんばれ!」と大きな声で応援していました。



保護者のみなさんからの言葉
・初めての子どもで、初めての体験なので感動しました。こども園は、思い出がたくさん詰まっています。子どもは、1度も行くのを嫌がりませんでした。引越しの関係で、次の子が入園できないのが残念です。それほど、素敵なところでした。親のストレスがなかったので、子どもにもストレスが伝わらなく、良かったです。
・約5年間通いました。すごく丁寧に育ててもらったので感謝の気持ちです。
・3年半通いました。こどもが食に興味がある(食べることが好き)ので、食べること、作る事、たくさんしました。身体も丈夫になりました。畑仕事もするので、草花や、虫も好きになりました。通わせて本当に良かったです。
・安心して通わせていました。先生方が全部のこどもを理解していたように思います。おいしい、安心、安全な給食。おやつも手作りで、おやつもおかわりして食べていました。お迎えに行くと、迎えが早いとこどもが言うほど大好きでした。保護者も仲良く、安心して、ストレスを感じることもなく寄りかかっていられました。  

担任の先生からの言葉
・手放したくない気持ちです。言葉が出ません。感慨深いですね。下の子たちの面倒もみてくれて、頼りにもしていました。
・今日は、堂々として、かっこよかったです。成長を感じました。ワーカーズになって、3年目、子どもが好きで、密に関わることができ本当に楽しい時でした。いろんなことを一緒に学ばせてもらっています。




 





グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者