さくら地区主催で「小学生対象 わくわく子ども料理教室」を開催しました

 3月19日(土)熊本市西区の花園公民館にて、さくら地区主催「小学生対象 わくわく子ども料理教室」を開催し、小学生7名が参加しました。
「ワーカーズ・コレクティブ食育の会わくわく」のワーカーが子どもたちの調理体験をサポート。子どもたちは五感をフルに使って、全ての料理を子どもたち自身で作り上げました。



●さくら地区委員長 松尾さんのあいさつ
「料理は楽しいです。出来上がった料理を食べるのはわくわくしますよ。楽しんで作ってください。お母さんたちは後ろで我が子の姿をしっかり見守ってください。」

●ワーカーによるデモンストレーション

 子どもたちは、出し汁をとるためのいりこや、その他の材料全てを、触ったり観察したり匂いをかいだりしながら、ワーカーの話をしっかり聞いて料理の手順を学びました。
 




●料理はすべて子どもたちで
 子どもたちは、ワーカーにサポートしてもらいながら、みそ汁に入れる豆腐は手のひらにのせて包丁で切り、煮付け用のごぼうや人参はピーラーで薄くスライス後、1口大に包丁で切っていました。また、「ごぼうやねぎを一緒に煮ると魚の生臭さを消してくれるよ」など、ワーカーから料理の基本も聞きながら料理を完成させていきました。
出来上がった料理は、見守っていた保護者と一緒に食べ、後片付けは子どもたちで行いました。

  
  
  

●主催者より終わりのあいさつ
 「最初に、先生のお話を30分間じっと聴いていた、みんなの集中力がすごいと思いました。みんな本当によくがんばりました。お家に帰ってお母さんにもいっぱい褒めてもらってください。」

●かわいいランチョンマットの上に並べられた料理
・秋刀魚の煮付け
・野菜のごま和え
・みそ汁
・ごはん
・豆腐団子


●子どもたちの感想
 「ぜんぶ楽しかったです。」
「魚をさばくのが楽しかったです。」
 「白玉団子作りがおもしろかったです。」
 
●保護者の感想
 「家ではみそ汁を食べないのに、今日は『美味しい』と喜んで食べる姿に驚きました。自分で作ると違いますね。今後は、みそ汁作りは子どもに任せようと思います。」
 「日頃から手伝いをすすんでしてくれています。楽しそうに料理していたので、参加させていただいて良かったです。」
 「3人目の子どもの好き嫌いに悩んでいます。料理体験を通して、少しずつでも食べてくれるようになったらいいと思っています。」








 





グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者