県南地域本部で「認知症サポーター養成講座」を開催しました

  6月9日(木)グリーンコープ県南センター会議室にて、社会福祉法人グリーンコープ グループホームほのか・八代の管理者である中川光子さんを講師に招いて、認知症サポーター養成講座を開催しました。県南地域本部の理事・委員25名が参加し、認知症の原因となるさまざまな病気や、それに伴う症状、認知症の人との接し方のポイントなどを学びました。

 

 中川さんから、認知症の人への対応の心得として、3つの「ない」と、7つのポイントを教えていただきました。

【3つの「ない」】

   「1、驚かせない」、「2、急がせない」「3、自尊心を傷つけない」

 

【具体的な7つのポイント】

 ,気蠅欧覆、一定の距離を保った上で見守ること

 ⊆然な笑顔で、余裕を持った対応を心がけること

 B膺与瑤納茲螳呂爐閥寡歐瓦鬚△りやすいため、声をかけるときは1人でかけること

 じ紊蹐ら突然声をかけて驚かせることの無いよう、正面から、「何かお困りですか?」「お手伝いしましょうか?」など、声をかけること

 ゾ柄な方の場合は体を低くするなど、相手に目線を合わせて、優しい口調で話しかけること

 耳が聞こえにくい人が多いので、おだやかに、はっきりとした話し方で話すように心がけること

 Я蠎蠅慮斥佞房を傾けてゆっくり対応すること

 

 最後に、「認知症サポーターとは、何か特別なことをする人ではなく、認知症を正しく理解し、認知症の方やその家族の方を支える応援者です。サポーターになられた方は、ぜひ地域で身近な高齢者や認知症の方を温かく見守り、支える杖となってください」と話されました。 講座を受けた方全員に、認知症サポーターの印となる「オレンジリング」を配布しました。

 参加者から、「家族に、もしかすると認知症ではないかなと思われる高齢者がいるので受講しました。認知症の方との関わり方のヒントがもらえたので良かったです」との感想が寄せられました。






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者