「2016シャボン玉フォーラムin東京」に参加しました

 5月13日(金)〜14日(土)に、せっけん運動ネットワーク主催で、東京のホテルラングウッド日暮里で開催された「2016シャボン玉フォーラムin東京」に参加しました。
 私たちと同じように、日々せっけん運動に取り組んでいる全国の団体が1年に1度、一堂に会する「シャボン玉フォーラムin東京」に参加し、2日間で本当に沢山のことを学んできました。
 2つの基調講演では、合成洗剤、環境ホルモン、プラスチック、水環境についてお話しいただき、中でも衝撃だったのは、私たちの周りにある何100種類もの化学物質の中の「ノニルフェノール」というものが女性ホルモンに悪さをするということがわかり、その「ノニルフェノール」は「使い捨てのプラスチックコップ」や、「ラップ、ラップで握ったおにぎり」、「ペットボトルのフタ」、「アイスクリーム容器とその容器に入ったアイスクリーム」、「乳児の歯がため」等に多く添加されているということです。また、その「ノニルフェノール」が添加されているプラスチックは、海にゴミとして流れ、今現在世界中の海に27万トンものプラゴミとなってただよっています。更にそれらのプラゴミは波やまさつ、紫外線によって小さく小さく砕け、「マイクロプラスチック」という1个頬たないプラスチックになり、魚や鳥などがそれを食べたり、微生物によって分解されないので環境にも大きな負荷を与えています。しかも同じようなものとして「マイクロビーズ」というものは、そのものが商品に使われ、「メラミンスポンジ(激落ちくん)」や「スクラブ入り洗顔料」がそれに該当します。とにかく本当に沢山のプラスチック製品やそれに添加されている化学物質は、今の人々の生活からどんどん自然界に流出し、私たちにも自然界にも本当に多くの影響をおよぼしています。
 「みどりの地球をみどりのままで」子どもたちに手渡すために、私たちは、今「もらおう、買おう」としている物を本当に「いるものなのか」を良く考えなくてはいけないということ。私たちが住んでいるこの地球は、「私たちの子孫から大地を借りて生きている」と考え、人から借りたものはきれいな状態で返すのが最低限のルールであるということをいつも心に置き、合成洗剤は使わず、プラスチック製品を減らし、私たちにできることから環境に優しい生活をするように、これからも広く呼びかけていこうと思いました。

 

  

  

 

(組織・環境委員長 関谷 真紀さんより寄稿)






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者