共同体商品おすすめ委員会で納豆用・豆腐用大豆生産者・メーカーとの視察・交流を行いました

共同体商品おすすめ委員会で納豆用・豆腐用大豆生産者・メーカーとの視察・交流を行いました

 

 11月2日、共同体商品おすすめ委員会メンバーで、福岡県宗像市に「納豆用・豆腐用大豆生産者・メーカーとの交流会」に視察・交流に行きました。グリーンコープの納豆用・豆腐用大豆は、福岡県の生産者が作られています。今回はJAむなかたへお邪魔しました。
 まず、圃場を見せて頂きました。7月に大豆の播種が始まります。夏場の大豆の生育中の気象が高温少雨傾向でしたが、今年は順調に生育しているそうです。一部の地域で害虫も発生しましたが、作柄、品質ともに良好ということです。大豆は「フクユタカ」で非遺伝子組み換えです。大豆の収穫は11月中旬から12月はじめまでになります。収穫した大豆は、JAのカントリーへ運び、乾燥して調整に入ります。大・中・小に分けられます。検査を受け、倉庫で保管されます。グリーンコープの大豆は、森光商店が引き取り、専用倉庫で保管されます。
 交流会では、生産者・豆腐部会・森光商店・JAむなかた・JA全農ふくれんより自己紹介があり、昼食交流後に大豆の様子などの報告がありました。国産大豆が20%で後は輸入だと話されました。国産大豆で非遺伝子組み換えの大豆が貴重なものだということがわかりました。
 これからも納豆・豆腐をたくさん利用してください。

 

(利用普及推進委員長 狭間直美さんより寄稿)






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者