県南地域本部主催で、「骨盤調整ピラティス」を開催しました

 

 

 県南地域本部では、熊本地震での心労を癒し心と体を元気にしようと、10月20日(木)に、八代市の太田郷公民館にて、ほのぼの・長嶺のワーカーを講師に迎えて、「骨盤調整ピラティス」を開催しました。組合員でない方も含めて36名が参加し、骨盤調整ピラティスを体験しました。 体を動かした後に茶話会も行いました。

 

 「骨盤調整ピラティスは、胸式呼吸を行いながら、身体の芯であるインナーマッスルを鍛えることで、歪んだ骨盤を調整したり、自律神経を整えたりするのに効果が期待できる運動です。今日は自宅で毎日できる動きをご紹介します」と講師の栗崎さん。

 

<実践>
〔椣をつけた場所に立ち、目を閉じ、元気よく約50回足踏みをする。
¬椣からどの方向にどのくらい離れたかをみる。その離れ具合が骨盤のゆがみを表す。
ゆったりとした音楽を聴き、リラックスした中で、胸式呼吸を行いながら、体を曲げたり伸ばしたりねじったりと、骨盤を調整する様々な運動を行う。
ず埜紊忘討哭,鉢△鮃圓ぁ骨盤の歪みがどれくらい調整できたかを確認する。

 

 参加者は講師の動きに合わせ、さまざまな動きを体験しました。
 「足を前に出して座り、お尻を交互に動かして前後に移動する“おしりあるき”を毎日続けて、1ヶ月で4圓笋擦燭箸いκもいましたよ」との栗崎さんの話に興味をもたれる様子も見られました。
 適度な運動でさわやかな汗をかいた後は、グリーンコープのクリスマスケーキと産直びん牛乳をいただきながら茶話会を行い、ピラティスを行った感想や、熊本地震を経験しての想いなどを語り合いました。


<感想>
・普段使っていない筋肉を動かして全身の血行がよくなったように感じます。御船町で被災し、八代に引っ越してきました。子育てなどでイライラすることもあるので、人が集まるところに来てリフレッシュすることができました。
・地震を経験して気持ちが落ち込むことがありますが、今日は、みんなで体を動かしたりおしゃべりしたりして、心身ともにスッキリしました。

 

  

 

 






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者