上益城地区主催で「かんたんアロマ生活〜オーガニックアロマで女子力アップ〜」を開催しました

 熊本地震発生から約5ヶ月経った10月6日に、上益城地区主催で、甲佐町総合保健福祉センターにて、グリーンコープ化粧品メーカー蟶明玄砲茲蟾峪佞魴泙┐董◆嵬し」をテーマに「かんたんアロマ生活〜オーガニックアロマで女子力アップ〜」を開催しました。

15名の組合員が参加しました。

 

・溜 香苗地区委員長挨拶

「熊本地震から約半年経ちますが、上益城地区は被害が大きく、会場が避難所になっていたり、補修工事が済んでいなかったりして、取り組みを開催することができませんでした。今回、やっと今年度第2回目の取り組みとなるアロマの学習会を開催することができました。アロマの香りに癒されて、リフレッシュして楽しんでいただきたいと思います」

 

・彩生舎の金沢美加さんのお話より

 彩生舎の代表的な化粧品に「水の彩MM」があります。これは、化粧水・乳液・美容液とマッサージクリームが一緒になったオールインワンのゲルで、この商品の販売をはじめて来年で20年になります。その他、リキッドクレンジングやアロマティゼにも原料として使われているオーガニックのエッセンシャルオイルも商品として取り扱っています。忙しくて、ストレスがたまった時こそ取り入れていただきたいのが、100%天然の香りを上手に取り入れたアロマライフです。

今日は、初心者でも使いやすい代表的な精油10種類、精油の選び方や保管方法、活用方法などについてお話します。

 代表的な精油にはイランイラン、ゼラニウム、グレープフルーツ、ラベンダー、オレンジ・スイート、ペパーミント、ジュニパーベリー、レモングラス、ローズマリー、ティートリーの10種類があり、それぞれの香りを嗅ぐことで、気分を明るくさせる、落ち着かせる、すっきりさせるなどの効果が期待できます。

 精油を購入するときは、表示を確認することが大切で、100%天然の植物由来のもの(添加物を一切加えない事)か。精油名、学名、原産地、抽出部分の明記があるか。原料のハーブが可能な限り有機栽培か野生由来か。含有成分が開示されているか。取り扱い説明書が添付されているか。などを確認することが必要です。また、瓶の口にドロッパーがついていて、1滴0.05〜0.06mlの範囲であるか。などもチェックして選ぶといいです。

 保存は、直射日光や高温多湿な場所を避け、遮光瓶に入れて、冷暗所で保管しましょう。また、開封したら使用期限内に使い切りましょう。開封して1年以内に使い切るのが好ましいです。

 その他、特に注意が必要な精油として、妊娠中使用してはいけない精油や乳幼児は避けた方がよい精油がありますので、表示を確認して使用してください。

 アロマ生活を楽しむための活用方法として、蒸気吸入、洗濯物の香り付け、掃除機の匂い消し、バスソルト(入浴剤)などがあります。

 

・アロマ入浴剤づくりと簡単フットマッサージを体験

 参加者それぞれが、自分で気に入ったエッセンシャルオイルを選び、用意された容器に、指定された量の「海水塩なぎさ」とエッセンシャルオイルを混ぜ、アロマバスソルトを作りました。

 また、「ナチュラルアロマボディパウダー」を使った簡単フットマッサージを体験し、パウダーの香りに包まれながら、ふくらはぎや足先をマッサージし、足の疲れを癒しました。

 

 参加者からは、「張りつめていた時間が長かったので、アロマの香りに癒され、気持ちが和らぎました」「チラシだけでは分からない商品の良さが分かり、帰ってチラシを見直そうと思いました」などの声が出されました。

  

 

 






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者