2016年度 新産地「真南風(まはえ)」との交流会を開催しました

 2017年2月21日に、本部会議室にて、2016年度 新産地「真南風(まはえ)」との交流会を開催し、利用普及推進委員会、商品おすすめ活動委員会、理事長・委員長会メンバー合わせて32名が参加しました。

 真南風は2015年から取引を始めた新産地です。真南風からは、代表の坂本勇一郎さん、パイナップルの生産者の平安名貞市(ヘンナサダイチ)さんの2名、鳥越農園ネットワーク代表の鳥越和廣さん、連合職員の小田陽史さんに参加していただき、詳しく説明していただきました。

 

 

 真南風は魚住けいさんと夏目ちえさんで1995年に立ち上げられた。真南風の生産者は石垣、宮古、西表、本島、久米島などで、40名ほど。「真南風」とは6月に真南から吹く風のことで、「南の沖縄から本土へ安心・安全な青果を届けたい」との思いで、会の名前を決められたそうだ。

 石垣島はパイナップルが好む赤土の酸性土壌で、以前は加工用として「大きくて香りがするだけのパイナップル」を栽培して、島の工場で缶詰にしていた。1970年代に外国産のパイン缶に押されて、島の工場が撤退。その後、「生でも美味しいパイナップルを作りたい!」との思いで、安全性や品種にこだわり、窒素を必要以上に与えず、酸味と甘みのバランスが取れた物を作ってきた。パイナップルは追熟しないので、畑で熟した物を収穫して、翌々日には組合員の手元に届き、1週間は保つそうだが、注文の時期と合わないこともある。
(そういうパイナップルを、熊本地震の時には大量に送っていただいたので、炊き出しの時に被災者の皆さんに食べていただき喜んでもらったと、牧理事長より感謝の言葉を述べられました。)

 宮古島は地下ダムがあり、農業用水が豊富だが、一時期水が汚れてしまった。このままでは人が飲めない水になってしまうので、水を守るためにも、農薬を使わず肥料(窒素)も使わない「有機栽培」を行っている。平均気温22℃で、雑草も虫も病気も多く発生する厳しい環境だが、有機によって野菜のえぐみを出さずに甘みを出している。

 

 

 交流会では試食(ピーマン・パプリカ・いんげん・平ザヤいんげん)を出したのですが、「甘くて美味しい」「このピーマンなら食べられる」という声が多くありました。試食とともに産地の説明を聞いたので、余計に理解が深まったという感想が多くあり、良い交流ができたと思います。試食に出した青果以外でもゴーヤやバジルは今カタログに載っており、パイナップルは4〜6月頃に登場します。ぜひカタログを見て注文をお願いします。

 

 

 

 

                                                              (利用普及推進委員会副委員長 岩本紀子さんより寄稿)

 

 






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:415 最後に更新した日:2017/06/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者