6月7日(水)、県北地域本部主催で「産直なごみとの産直交流」を行いました

〜「産直なごみとの産直交流」取り組み報告書より抜粋〜

 

 当日は、雨がひどく心配されましたが、生産者の方々が雨にぬれながらハウスの前の道では誘導していただき、笑顔で対応していただいたのが本当に嬉しかったです。
 ハウスの中に入ると全面にもみがらが敷いてあり、フワフワとしていて歩きやすかったです。
 もみがらは、草が生えないようにする為と、再来年位には肥料になるとのことでした。
 トマトの下のほうの茎は葉っぱを落とし、風通しを良くしているということでした。
 手入れが行き届いていて、徹底した管理と生産者の方々の御苦労があって私たちは、安心・安全で美味しいものを口にできるということを、実際に見て、体験することができた、とても貴重な1日でした。

 


〜アンケートより〜

 

*知っているようで知らなかったトマトの収穫時期、保存の仕方、美味しい食べ方など教えていただき、今までより身近に感じることができました。食卓にもう一品が増えそうです。
*どんな方が作っているのか、顔の見える関係は本当に大切だと思いました。また、直接お話を伺うという機会は滅多にないので、とても貴重な時間になりました。


(県北地域本部組合員事務局 平田亜希子さんより)

 




 






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者