8月17日(木)、共同体商品おすすめ委員会で、2017年度みかん産地の視察交流会を開催しました。

 当日はとても暑い日で、風が吹いても背中を汗が伝っていく程でした。
 訪れた園地の山川さんは、この暑さなので朝早くから作業をされ、11時から17時までは休んでいるとの事でした。ここ10年で異常な気温変化が起き、作業可能時間も限られていると感じました。

 


 また、暑い中、草刈りの実演をしていただき、みかんの木のまわりに生い茂った草は手作業で取っているとの事で、「除草剤をまけば簡単だが、安心安全の為に」という言葉に、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 


 今期の作柄の様子は、早生・極早生は順調。1月以降に収穫する遅生は少なめとの事でした。園地がくたびれ、収量が減っている生産者もおり、私たち組合員が利用して応援し続ける事が大切だと思いました。

 


 「安心・安全なみかんが食べたい!!」という組合員の想いに応え、たくさんのご苦労をされている生産者がこれからもずっと安定して作り続けていける様に、自宅用、手みやげ用、ご近所のへのお礼に…と、たくさん予約しようと思います。

 


 そして、たくさんの方に、この安心・安全にこだわり抜いたグリーンコープのみかんの素晴らしさを伝えていきたいと思います。

 

(県央東商品おすすめ活動委員長 柳田 恭子さんより寄稿)






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者