利用普及推進委員会で、GC「産直国産牛」ワンコイン試食会を行いました

 9月28日(木)利用普及推進委員会内において、GC「産直国産牛」ワンコイン試食会を行いました。
 (有)矢野畜産の白石さんを講師に迎え、GC「産直国産牛」についての学習会とあわせて、GC「産直国産牛モモ一口カツレツ」の、ソースも一緒に作れるおすすめの焼き方を教えていただきました。

 

 学習会では、まずDVDで産直国産牛の飼育している様子を見ました。どの生産地も牛が穏やかな表情をしており体もきれいで、衛生的に管理されている様子が伝わってきました。カメラに向かって話す生産者の手を牛が後ろから舐めていたのが印象的で、愛情深く育てられているのだと、改めて安心安全を感じました。
 GC「産直国産牛」と国産牛の違いですが、GC「産直国産牛」はモネンシン(抗生物質)、ホルモン剤を使っておらず、肥育用配合飼料に含まれるトウモロコシはnon-GMO(非遺伝子組み換え)、PHF(収穫後農薬不使用)と安全性が明確です。
 2000年より供給が開始されたGC「産直国産牛」。当時は抗生物質やホルモン剤を使うのが当たり前で、牛はデリケートで飼料を変えると体調を崩すこともある中、グリーンコープの考えを理解する生産者を探し、流通経路等、様々な課題をクリアして今があることに、カタログで注文できることは決して当たり前ではないと感じました。
 パッカーの(有)矢野畜産では香水、マニキュアは禁止、手に切り傷がないか等、工場に入る前に細かいチェックがあります。一番、重要なのが手洗い!髪の毛も特に注意を払っていて、帽子も作業服も二重になっており1時間毎に粘着テープのローラーをかけているとのことでした。工場内の外と中は気圧が変えられていて、入室する際に空気が中に入らないようになっています。

 

 お肉は余分な脂身や筋を手作業で除去。冷蔵商品は変色等の劣化防止のため窒素を充填。金属探知機やウエイトチェッカーを通し、消費ラベル、個体識別ラベルを貼付して出来上がりです。生肉を扱うだけあって徹底した品質管理が行われていました。

 

 

 

 

 

 学習会に続き、GC「産直国産牛モモ一口カツレツ」のおすすめの焼き方を教えていただきました。片面のみ焼き、蒸し焼きにすることで、しっとり肉汁たっぷりでした。

 

 

 

 

 

 

 お肉を焼いたフライパンで、そのままソースも作り、あっという間に一口モモステーキの完成!!試食タイムはモモ肉の柔らかさに感動し、家でも作ってみようとの声がたくさんでした。

 

 

 

 

 

 

 産直国産牛の生産者とパッカーはリスクがある中で、組合員の要望とグリーンコープの考えを理解してくださり、今、GC「産直国産牛」があります。
 地域本部でも、今回の学習会で学んだことを1人でも多くの方に伝え、ずっとGC「産直国産牛」を食べ続けていける為に、ていねいに利用普及していきたいと思いました。

 

 

 

          (県央東地域本部 商品おすすめ活動委員会 委員長 柳田 恭子さんより寄稿)

 

 

 






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者