県央東地域本部環境活動委員会主催で、「戦争に行った方のお話を聞く会」を開催しました。

 8月3日、大津町文化会館ホールにて、「戦争に行った方のお話を聞く会」を開催しました。

 

〇昭和6年生まれ86歳の女性の方より。
父親を歩兵として戦地に送る。小学校4年の時に戦争が本格化した。当時の暮し、食べ物がなかったことをお話された。
〇大正10年生まれ96歳男性の方より。
昭和17年より訓練を受け、昭和18年11月パプアニューギニアに出征し、飛行場の設営・車の運転をされた。昭和19年5月より食糧事情が深刻化し餓死者が多数となっていったことをお話された。
〇ぺぺぺぺらん 高野和佳子さんより。
「まちんと」「へいわってすてきだね」「あの夏の日」を読み聞かせ。
〇高校生平和大使より。
「高校生平和大使」は、1998年に長崎からはじまり、18年目を迎えた。国連欧州本部のジュネーブで、多くの団体と交流し、核兵器のない世界の実現のために訴え続けている。

 

 「とても充実した、いろいろな平和について子ども〜85歳の方までの参加で、考える良い機会が持てました」といった内容のアンケートをいただきました。

 

  

 

  

 

                     (県央東地域本部 環境活動委員会委員長 下飛田 智子さんより寄稿)

 

 






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

プロフィール

書いた記事数:470 最後に更新した日:2018/01/19

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者