利用普及推進委員会で牛乳実験(ホエー蛋白残存テスト・レンネット実験)を行ないました

 利用普及推進委員会で牛乳実験(ホエー蛋白残存テスト・レンネット実験)を行ないました。この牛乳実験は、生乳の栄養素が残っているのか、いないのかを目で見て確かめる実験です。

 生乳・産直びん牛乳ノンホモ・市販の超高温殺菌牛乳の3つを比較しました。

 

 参加者の中には、見たことはあっても実際に実験するのは初めてというメンバーもいて、普段使わない実験器具に戸惑いながらも手​​​​順書通りに進めました。  

 

 

結果は一目瞭然!

 

 生乳と産直びん牛乳は同じような結果となり、市販の牛乳とは明らかに違うことを実感しました。もともと栄養たっぷりの生乳ですが、殺菌方法によっては残る栄養に差があることが分かります。

 産直びん牛乳ノンホモは、2017国際優秀味覚賞2つ星を受賞し、国際的にも美味しいと認められた牛乳です。美味しい上に栄養も残っているとなれば、多くの方に自慢したくなりますね。

 皆さんの周りでも牛乳実験を行う機会があると思います。是非、皆さん自身で産直びん牛乳の良さを感じてください。

                     (利用普及推進委員会委員長 松尾さおりさんより寄稿)






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

プロフィール

書いた記事数:492 最後に更新した日:2018/08/08

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者