連合会商品おすすめ委員会主催の「納豆用・豆腐用大豆生産者、メーカーとの交流会」に参加しました

「納豆用・豆腐用大豆生産者、メーカーとの交流会」報告

日時 2018年10月31日(水) 10:00〜15:00
視察先 福岡県JA筑前あさくら、本所および圃場
主催 連合会商品おすすめ委員会
参加対象 生産者、メーカー、連合会商品おすすめ委員会メンバー
参加人数 39名

 

 連合会商品おすすめ委員会メンバーで朝倉市のある福岡県JA筑前あさくら、本所および圃場へ行って来ました。
 ・朝倉市は福岡県の中南部、筑後地域に位置する市で三連水車で有名です。古処山をはじめとする600m〜900mの山々が連なっていました。

 

《JA筑前あさくら福田ライスセンター》

 

    

 

 初めに福田ライスセンターを見学させてもらいました。大豆を刈り取ったら、その大豆を乾燥させるのですが、その作業をしてくれるのがこのライスセンター(お米、麦、大豆とこちらのライスセンターで乾燥作業をするそうです)。それから、パイプでつながっている隣の建物の調製施設へと乾燥した大豆は運ばれていきます。

 

 

 今回大豆の収穫に備え、調製施設はメンテナンス中ということで中を見ることは出来ませんでしたが、収穫した大豆が乾燥大豆になる工程を詳しく説明してもらい理解することが出来ました。

 

《JA筑前あさくら 大豆の圃場》:JA筑前あさくら鶴田さんより説明していただきました。

 

 

 圃場の様子は、枝豆の枝や葉が茶色に色付き、枝豆の房も少しずつ茶色になっていました。
 大豆の種まきは例年7月7日〜15日。今年は豪雨災害の影響で田んぼが乾くのに1週間かかったので、7月11日〜20日くらいに種まきが行われました。大豆にとって種まきの時期はとても重要で節の数に影響するとのことでした。種を蒔く時期が早いと、大豆の苗の背丈が伸び節の数も多くなるとのこと。節の数が多いと、収量も多くなるそうです。花が咲くのは8月20日から9月のあたまで、紫色の花が咲くそうです。収穫は11月15日過ぎたあたりから予定しているとのこと。

 

《昼食交流会》
はじめのあいさつで、連合会の坂本委員長より今年度はグリーンコープ30周年の年で生産者・メーカー・組合員と共に歩んでいることを実感する年であり、ご協力いただいていること、また国産大豆で安心・安全な豆腐や納豆が食べられることに感謝していると挨拶されました。

 


 JA筑前あさくらの池田さんからは、米・大豆は真夏の仕事が主で大変だが、生産者は安心・安全に心がけ一生懸命作っている。安心して利用してほしいとのことでした。同じくJA筑前あさくらの星野さんからは、平成29、30年と立て続きで豪雨の大きな被害を受けたが復旧が少しずつ進んでいる。1日も早く営農が出来るように頑張っていく。消費者の安全を今まで以上に心がけるので利用をお願いしますとの挨拶をされました。

 

《生産者・メーカーからの報告》
生産者:
《JA全農久保さん、JA筑前あさくら岩橋さん》
 世界と日本の大豆情勢について説明していただきました。
 世界の大豆生産量は3.5億トン。そのうちアメリカ・ブラジル・アルゼンチンでの生産が8割強を占めます。その中で、世界のGM大豆のシェアは年々増加傾向にあり、8割はGM大豆。主要国アメリカでは95%はGM大豆とのこと。しかし、95%で頭打ちになって、辛うじて残りの大豆はnon-GMO大豆の生産が維持されています。
 日本の国産大豆の需要動向は300万トンを推移していて微増傾向にあります。国産大豆は需要量342万トンに対し23万トン。自給率としては7%。その中で、北海道産大豆は40%、佐賀6%、福岡5%。その中でも上位等級大豆を九州(佐賀・福岡)では作っています。

 

《JA筑前あさくら林さん、吉岡さん》
 大豆を育てる中で一番大変なことは、次々に生えてくる雑草の除草作業。あとは、ハンスンモンヨトウ・カメムシ・紫斑病等の防除も気を遣うそうです。防除は規定量と倍率を忠実に守ってやっています。
 今年は豪雨の影響で田んぼが乾かないと種が蒔けなかったり、お盆頃まったく雨が降らず心配したが、品質の良い大豆が出来ているのではないかとのこと。「しっかり利用してください」と話されました。

 

感想・・・今回視察に参加して、生産者・メーカー・組合員が一堂に会し、それぞれの大豆や商品に対する思いを共有できる場があることが素晴らしく貴重だと感じました。またGC大豆がいかに貴重なものか知ることが出来ました。大豆はほとんどが輸入品でその中の8割はGM大豆。そのような厳しい状況の中で、国産大豆生産者は安心・安全な私たちの食卓を守るため日々努力して生産されていることを学びました。
 GCふくゆたかは慣行栽培ではありますが、国産で生産者と消費者の顔の見える関係が貴重なことだし、絶やしてはいけないと思いました。non-GMOの国産大豆はとても貴重で、その中でも品質の良い福岡県産「ふくゆたか」をグリーンコープが契約できているので、グリーンコープで契約した量を私たちは責任を持って利用したいと思いました。そのためには、豆腐、あげ類、納豆の利用普及をもっとしていくこと、GCの福岡県産ふくゆたかをもっとアピールして行くことが大切だと思いました。

 みんなで利用しましょう。

(本部組合員事務局 木戸牧子さんより寄稿)






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

プロフィール

書いた記事数:543 最後に更新した日:2019/03/08

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者