産直豚肉生産者との枝肉学習会」が開催されました

 9月4日(火)、県央東地域本部主催で地区委員を対象に、「産直豚肉生産者との枝肉学習会」が熊本市青年会館の調理室で開催されました。
 学習会では、グリーンコープとは30年以上の付き合いとなる宮崎県綾町で豚肉を生産している綾豚会の江島さんや、その枝肉カットを担っているパッカー業者矢野畜産の山村さん、白石さんから、養豚業の厳しい現状やグリーンコープ組合員の思いを大切にして育てている様子、その豚肉のおいしさなどが話されました。また、豚肉半身の部位カットも実施され、各部位の特徴やそれにあわせた料理の仕方なども紹介されました。その後、参加者全員で調理をし、そのおいしさを実感しました。
 産直豚肉の利用低迷が続いてる中、両者からは、「このままでは、この豚肉は食べられなくなる。私たちも頑張るので、組合員もしてしっかり買い支えてほしい」と切実なアピールがあり、商品おすすめ委員長からも、「豚肉の現状をキチンと聞けた。私たちの役割りとして、これから地域の組合員にしっかりと伝え、利用を呼びかけていこう」と力強く呼びかけがありました。





元気館しみず8周年夜市がありました

 8月26日(日)元気館しみずで恒例の夜市が開催されました。当日はワーカーズや組合員が趣向を凝らして様々な出店やお楽しみコーナーを企画し、みんなで夜市を盛り上げました。
 色鮮やかなスーパーボールやヨーヨーつりは子どもたちに大人気。グリーンコープのゼリーなどを入れて凍らせた氷柱にも、冷たさを求めてたくさんの子どもたちが集まっていました。店内ではファイバーリサイクル市も開かれ、大勢の買い物客でにぎわいました。





小規模多機能ホームほのぼの・長嶺が開所しました

 グリーンコープくまもとで2番目となる小規模多機能ホームが、熊本市東区長嶺に開所しました。
 社会福祉法人グリーンコープの事業として展開され、たすけあいワーカーズみどりが主体となって運営をしていきます。
 施設は木造2階建てで、デイルームは15名の方がゆっくり過ごせるスペースです。浴室(浴槽2台)も含めて床暖房を完備。宿泊室は和室2、洋間7部屋を設置しています。食事も、グリーンコープの商品を使用した安心・安全な食事を提供していきます。
 7月15日(日)には、事業開始(7月23日より)に先立ち開所式が催されました。式には、地域自治会の方々や施設建設関係者、並びにグリーンコープくまもとの理事、また該当地域本部である県央東の理事が一堂に会し、それぞれからお祝いや励ましの言葉が寄せられました。管理者の江島さん(たすけあいワーカーズみどり代表)から「地域の方が『あそこがあるから安心だ。あそこに行ける』と話してくれた時が、地域に根ざしたことになる。安心して利用していただけるよう頑張ります。魂のこもった施設にしていくことが私たちの務めです。」とあいさつがありました。
小規模多機能ホームはこちら






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プロフィール

書いた記事数:460 最後に更新した日:2017/11/16

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者