アクア地区・日吉川尻地区合同で、子ども料理教室を開催しました

 6月16日(土)に県央西地域本部 アクア地区・日吉川尻地区合同で「ワーカーズ・コレクティブ 食育の会わくわく」による未就学児の子ども料理教室を開催しました。
 場所は、南部公民館の調理室で両地区からも参加しやすい場所でした。

 まずは、いつものように子どもたちを1つのテーブルに集め、デモンストレーションを行いました。調理器具や材料の質問にも、戸惑いながらもハキハキと答えていました。
<メニュー>
・やわらか角煮
・いんげんの胡麻和え
・豆腐とわかめの味噌汁
・ベイクドバナナ

 

<実習の様子>

 

 

<参加者からは・・・・>
 「家ではほとんど料理をしたことがなかったのですが、先生方のお話をよく聞いて取り組めていたのでビックリしました」
 「子どももとても楽しかったようです。誉められてもらえたことが嬉しくてニコニコしていたので、親としても見ていて嬉しかったです」
 「最初から最後まで自分だけでという、なかなかできない経験なので良かったです。『わくわく』の皆さんが優しく見守ってくださり安心でした」
など、今回も好評な取り組みでした。
                  

 (アクア地区運営委員会副委員長 林田 典子さんより寄稿)

 

 





福祉委員会で、「グリーンコープの地域福祉学習会」を行いました

 6月29日(金)に西部公民館にて、社会福祉法人グリーンコープ専務理事金嵶廟さんを講師にお招きし、「グリーンコープの地域福祉学習会」を開催しました。

 

  


 参加者からは「地域福祉とは人が地域で生きていく上での生活すべてを表す言葉であり生活まるごと福祉だという表現が印象的だった」「子ども食堂を続けることで地域の人たちが関わってくれるようになり地域のコミュニティが深く、強くなっていくことがわかった」「金屬気鵑力辰わかりやすかった」「自分が今後どう動くべきか考えさせられた」「人と人はお互い様で対等という理念の基にグリーンコープ地域福祉の取り組みが行われていることを仲間の組合員に伝えていきたい」等の感想をいただき、とても充実した学習会になりました。

 

  


(県央東地域本部 廣末福祉活動委員長)





6月7日(木)に、県央東地域本部 福祉活動委員会主催で、「認知症サポーター養成講座」を開催しました

 講師に、社会福祉法人グリーンコープ 小規模多機能ホームほのぼの・長嶺 管理者の江島真弓さんを迎え、認知症について、「認知症とは?」「その症状は?」「認知症の人への対応の心得や具体的なポイント」等、詳しく多くのことを学びました。DVDも視聴し、参加者からは質問や具体的なアドバイスを求める意見もたくさん出て、中身の濃い学習会でした。
 超高齢化社会となった日本では、「認知症」は深刻な問題であり、誰にでも起こりうる脳の病気によるものです。そのため、1人でも多くの人が認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を見守り支援する応援者(認知症サポーター)となることが、誰もが安心して暮らせる地域づくりにつながるのだと思いました。

 

 

(県央東地域本部 福祉活動委員会より寄稿)

 





県央東地域本部主催「おもちゃのカンヅメ」を、東部センターにて行いました。

 7月4日(水)県央東地域本部東部センターにて、おもちゃのカンヅメの取り組みを行いました。


 当日は50名ほどの参加があり、グリーンコープのみかんとりんごがどのように作られているのか、畑の様子や生産者さんの作業風景について、直接お聞きする貴重な機会となりました。

 りんごの花に1つひとつ手作業で受粉させるなど、いかに心を配りながら作ってくださっているのか、よくわかり、感動するとともにもっともっと利用していきたいなと思いました。

 

  

 

  

 

(県央東地域本部 しみず地区 後藤文さんより寄稿)





県央東地域本部 こうし地区主催で「みんなおいでよ!キッチンのお片付け講座&茶話会」を開催しました。

  今年度のこうし地区の最初の取り組みとして、6月12日(火) に、「キッチンのお片付け講座」を開催しました。
   これは昨年もこうし地区で主催し好評だった「お片付け講座」を、「キッチン」に絞ったもので、参加者には昨年のリピーターのお顔も(^-^)

 

   始まる前から「去年の講座から何かされましたか?」「私は一度は片付けてみたけど、結局また元に戻っちゃって…」「今回またお知らせあったから、すぐに申し込みました!」等々、早速、意欲的な嬉しいお言葉も聞こえてきました。
   講師は今年度も、我らこうし地区の委員でもある中尾若菜さん(整理収納アドバイザー2級!) 
  今年度もグループワーク等も取り入れながら、収納の心構えから、収納の仕方、便利グッズ、実際のお掃除体験談(整理整頓して良かったこと等)、お掃除後のビフォーアフターの写真、収納の注意点等々、冷静、且つ的確なアドバイスを交えながら、分かりやすく教えていただきました。

 

  

 

   参加者の皆さんもメモを取りながら、うんうんと頷かれたり、“モノが増える あるある話”  には笑いも起こったり、真剣、且つ和やかなムードで進みました。

 

【ちなみに、あるある話の例え→引き出物でいただいたグラスや食器。今は使わないけど、子どもたちが結婚して家族を持った時に使うかもしれないから取っておきましょ♪   →→→   子どもたちも自分の趣味でないなら使いません!(笑) リサイクル店等利用して、処分しましょう!等々。。。】

 

    片付けのコツは、
,箸蠅△┐此△泙困話から全てのモノを出すこと!
△修海ら、要るモノ・要らないモノに分け、要らないモノは容赦なく処分!思い切りも大事!!(どうしても迷うモノは、一旦迷い箱の段ボールにしまい、1年経っても使わなかったら処分!)
M囘喨未膨召后(調理台、シンク下、コンロ下、収納棚。。。)
   ★自分で使いやすい高さに、よく使うモノを直す(自分の中でのゴールデンゾーンを作る)と、やりやすいそうですよ!

 

  こうやって空いた空間には、幸せが入って来るそうですよ〜。
  スッキリすると、気持ちにも余裕ができて、無駄なモノも買わなくなるとか…。
   無駄遣いも減り、お財布にも優しくなるかもですね♪

 

   講座の後は、お楽しみの茶話会☆
まずは、恒例の “牛乳deカンパイ” をして、グリーンコープの以下のおすすめ商品を、美味しくいただきました(^q^)

 

・宇治抹茶パフェ  または、
・至福のプチロール(マンゴー)&エクレア

 

・インスタントコーヒー  または、
・ノヴァの有機ティーバッグ 紅茶(セイロン)

 

  試食も好評で、「初めて食べたけど、美味しかった。」「今度早速注文してみます!」等のご感想をいただきました。

 

  

 

   茶話会の中での質疑応答でも、色々な意見が出され盛り上がり、参加後のアンケートにも「分かりやすくて早速実践したい」「また参加したい。定期的にしてほしい」等、こちらでも嬉しいご感想をいただき、次に繋ぐことのできる良い取り組みになりました。

 

(こうし地区委員 鎌田 美紀さんより寄稿)





利用普及推進委員会主催で、「2018年度蠧眦聴卒郛ε垢砲茲詁ι紊粒惱会」を開催しました

 6月11日(月)豆腐の製造メーカー蠧眦聴卒郛ε垢梁臉仂鑢海鬟哀蝓璽鵐魁璽彑原┐まもと本部会議室にお招きして、学習会を開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎グリーンコープの豆腐は原料にこだわっています。
大豆:産地を指定した国産大豆。だから100% non-GMO(遺伝子組み換えでない)。
にがり:長崎県崎戸島の海水からできたにがり。一般的な豆腐は薄い豆乳濃度でも作れるようなにがりを使用している。
消泡材:使用しない。

◎泡立った豆乳に、一般的に使われている消泡材をたらすと、魔法のように泡が消えました。内田安喜商店では、このような薬剤に頼らず、手作業で泡をすくい取っています。だからどうしても「月のクレーター」のようなくぼみが出来てしまいます。
時々組合員からクレームとして出されるそうですが、このくぼみは「大豆とにがりだけで作った本物の豆腐である証拠」です。組合員も、製品の作られ方を知って利用することが大切ですね。

 大豆の甘みが味わえるおいしい豆腐です。みなさんも食べてみてくださいね。

 

蠧眦聴卒郛ε垢両ι
もめん豆腐、(小)もめん豆腐、絹ごし豆腐、(小)絹ごし豆腐、厚あげ、絹厚あげ、生あげ、すしあげ

 

(利用普及推進委員会委員長 松尾 さおりさんより寄稿)

 





「2018年度 りんご博士・みかん博士養成講座」報告

 5月9日(水) グリーンコープ共同体おすすめ委員会主催で、福岡センタービル(博多)にて、「2018年度 りんご博士・みかん博士養成講座」が開催されました。その時の報告をします。

 

 「2018年度 りんご博士・みかん博士養成講座」報告
【グリーンコープのみかん・りんごの取り引き】
・みかんの取り引きは1960年代から始まりました。九州にたくさん産地があり減農薬の取り組み開始も早かったとのこと。
・りんごの取り引きは1978年、「八ケタ会」からスタートしました。
 グリーンコープのみかん・りんご、野菜において減農薬が当たり前だったのではなく、長い年月をかけて徐々に農薬を減らしながら今に至っています。生産者と長い期間向き合いながら付き合ってきたからこそ実現しています。

【今年度の産地の様子】
・「みかんもりんごも今年は開花が早かったのですが、今年も何とか花を持ってくることができました」「開花が早いため、おそらく収穫も早くなるだろうが今後の天候次第」とのこと。

 

【早期予約のメリットについて】
<生産者側>
 自由注文だと「来週これだけの数」と言われても対応できないが、予約されていると計画的にできる。安定した収入が得られるので、経営の安定と後継者増に繋がります。
<消費者側>
 欲しい時期に必ず届く。予約されているとおいしくなったものを収穫して届けられます。

 

【生産者さんの声】
・減農薬で栽培するというのは本当に大変。特に草刈りは体力的にきつい。木の周りの草刈りでマムシがいたり、全体の草刈りが終わる頃には最初に刈った草が伸びていたり、夏場は汗で長靴がビチャビチャ音をたてるほど。それでもおいしいものを作るやりがいを感じる。

 

【GC生協くまもと 利用普及推進委員会からのアピール】
 今年も好評の「なぞかけ」を行ないました。

 

わかりやすい標識  とかけまして
産直みかん     とときます
その心は      板見やすい(傷みやすい)のは安全にこだわっているからです♪

 

 グリーンコープのおいしいみかん・りんご、今年も楽しみですね。
 是非、みなさんも注文してください♪

 

(利用普及推進委員会委員長 松尾 さおりさんより寄稿)





県北地域本部 商品おすすめ活動委員会で「チーズ作り」をしました。

5月11日(金)、県北地域本部 商品おすすめ活動委員会において、GC産直びん牛乳(ノンホモ)でチーズを作りました。

 

以下、報告します。

 

 

 





共同体商品おすすめ委員会主催で、「衂塩」を視察しました

 6月22日(金)、共同体商品おすすめ委員会メンバーで、長崎県西海市にある衂塩に視察に行きました。

 

 海水塩なぎさの製造メーカーである衂塩は、ハウステンボスから車で40分程の崎戸町にあります。海底が透けて見える程のきれいな海に囲まれた場所でした。崎戸町には川がなく、ろ過器が詰まったことがない位の良い環境にあるそうです。工場前の海から海面下5〜8mの海水を取水しています。侵入者による異物混入がないかを監視カメラで24時間監視しているそうです。

 

【製造工程】

.ぅン交換膜槽に通し、海水中の有害物質を除去しながら海水を濃縮します。

  

 

大きな釜で海水を加熱。水分を蒸発させて塩を結晶化させます。 

 

 

釜のふたを開けると、液面には薄い氷のような塩の結晶が浮いていました。      

                

1鷽簡離機で脱水。にがり成分を足します。

ぢ浹佑

 

 

 イオン交換膜を使うと聞くと「化学的」とか「ミネラルが残らない」などのイメージを持たれやすいのですが、有害物質を取り除きつつ、ミネラルを残す方法です。平釜加熱でできた塩の結晶はフレーク状で、調理時に溶けやすく、素材に浸透しやすいそうです。

 グリーンコープ商品を作るメーカーが「この塩だからこそおいしく作れる」と絶賛される程のおいしい塩です。角のとれたまろやかな塩。おすすめです。

                       (利用普及推進委員長 松尾 さおりさんより寄稿)





利用普及推進委員会で牛乳実験(ホエー蛋白残存テスト・レンネット実験)を行ないました

 利用普及推進委員会で牛乳実験(ホエー蛋白残存テスト・レンネット実験)を行ないました。この牛乳実験は、生乳の栄養素が残っているのか、いないのかを目で見て確かめる実験です。

 生乳・産直びん牛乳ノンホモ・市販の超高温殺菌牛乳の3つを比較しました。

 

 参加者の中には、見たことはあっても実際に実験するのは初めてというメンバーもいて、普段使わない実験器具に戸惑いながらも手​​​​順書通りに進めました。  

 

 

結果は一目瞭然!

 

 生乳と産直びん牛乳は同じような結果となり、市販の牛乳とは明らかに違うことを実感しました。もともと栄養たっぷりの生乳ですが、殺菌方法によっては残る栄養に差があることが分かります。

 産直びん牛乳ノンホモは、2017国際優秀味覚賞2つ星を受賞し、国際的にも美味しいと認められた牛乳です。美味しい上に栄養も残っているとなれば、多くの方に自慢したくなりますね。

 皆さんの周りでも牛乳実験を行う機会があると思います。是非、皆さん自身で産直びん牛乳の良さを感じてください。

                     (利用普及推進委員会委員長 松尾さおりさんより寄稿)






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

プロフィール

書いた記事数:520 最後に更新した日:2018/11/14

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者