6月24日、県央東地域本部しみず地区で、「わくわく子ども料理教室」を開催しました

 6月24日(土)しみず地区で、わくわく子ども料理教室を清水公民館で開催しました。
 1年生から6年生の12名が参加し、あじの味噌煮、野菜のゴマ酢和え、香りすまし汁、牛乳ひなびもちを作りました。
 子どもたちの身支度が終わると、それぞれの身長にあわせて、踏み台の高さを調整してもらい1カ所へ集合。食育の会わくわくの先生から、包丁やまな板など道具の基本的な扱い方を丁寧に説明してもらった後、先生が調理を実演しながら工程を説明してくれました。
 先生の説明はとても分かりやすく、「切った物が包丁にくっついたら、刃の方から指を入れたら切れちゃうから、上の方から滑り台みたいにシューッと滑らせて取るよ」など、離れて聞いている親も『こういう風に言えば子どもに伝わるんだな』と新鮮な驚きと共に、見てとれるほどに子どもたちはしっかり理解できたようです。子どもたちへの説明でしたが、親にとっても学びとなる内容も多かったです。
 その後、3班に分かれ、先生のサポートを受けながら、子どもたちが調理を行いました。
 始まるまでは、そわそわとおしゃべりしたり緊張していたり、という様子の子どもたちでしたが、始まると一変、とても真剣な表情で、その目はイキイキとして、みんな意欲的に頑張っていました。
 ハプニングもありましたが、最後まで夢中になって取り組めていました。
 完成して盛り付けたメニューを親たちに見せにくる子どもたちは、とても嬉しそうで達成感に満ちていて、好き嫌いの多いお子さんたちもいたようですが、みんな口々に「おいしい、おいしい!」と食べていました。
 自分の力で色んなことにチャレンジし喜んでもらえた、というこの経験は自分でできるようになった作業はもちろん、目には見えない子どもたちの心の成長や、自信となって自己肯定感を高めることにつながったと感じました。
 親は遠くで見守るだけという“子ども”料理教室であることに大きな意味を感じたという保護者の意見もありました。
 少し距離を置いて見れるからこそ、日々を顧みることができ、普段なにげなく一緒にいる子どもたちを客観的にながめることで、忙しさを理由に、つい便利に走りがちな日常を立ち止まり、家庭の食事からうまれる家庭のつながり、心の満たされた感、丁寧な本物の味、お互いの成長など、良さを再認識する貴重な時間となりました。
 グリーンコープの掲げる「生命(いのち)を育む食べもの運動」の全てがここにつまっていると感じられる活動だと思いました。
 子どもたちから「通いたい!」という感想が出るほど良い時間を過ごせたようで是非また地区で取り組みたいです。

 

(県央東地域本部しみず地区委員 後藤 文さんより寄稿)

 





2017年6月17日(土)、県央東地域本部主催「レッツゴー田んぼ in JA上益城矢部」に親子で参加しました

 2017年6月17日(土)に、「レッツゴー田んぼ in JA上益城矢部」へ、初めて参加しました。
 当日は曇り空で暑くもなく、田植えにはちょうど良い気候でした。
 我が家の年長の娘は初めての田んぼに、恐る恐る足を踏み入れていました。
 始めは植え方が浅く倒れそうになっていた苗が、生産者の方や一緒に参加した組合員さんのアドバイスを受け、植え終わる頃には見違えるほど上手に植えられるようになっていました。
 丁寧に一生懸命に植えている姿がとても頼もしく、印象的でした。
 田植えの後は、生産者の方との昼食交流会で、生産者の方が用意してくださったカレーライスと野菜サラダを、生産者の方も一緒に食べました。
 昼食後はお米のミニ学習会や、各活動委員会の報告があり、皆さんとても熱心に話を聞かれていました。
 その後、お米に関する○×クイズがあり、豪華商品をかけて大盛り上がりで、楽しいひとときを過ごしました。
 田植えを体験したことにより、娘の食への関心が以前よりも高まり、苦手なものにも積極的にチャレンジする姿が見られるようになりましたし、残すこともなくなりました!!
 親子で参加して本当に良かったです。

 

(県央東地域本部京北地区副委員長 栃原 友紀さんより寄稿)

 

生産者、JA職員、組合員全員で、田んぼの前でハイポーズ!!
生産者、JA職員、組合員全員で、田んぼの前でハイポーズ!!
みんなで一列に並んで田植え開始!! さあ、がんばろう!!
みんなで一列に並んで田植え開始!! さあ、がんばろう!!
生産者のお母さんたちが作ってくれた、おいしいカレーライス。さあ、食べるぞー!!
生産者のお母さんたちが作ってくれた、おいしいカレーライス。さあ、食べるぞー!!
班ごとに、話も弾んでいます。
班ごとに、話も弾んでいます。

 

 

 





6月6日、県央東地域本部ながみね地区で、ゆらぎ倶楽部(植木町)へ、きゅうりの収穫体験に行きました。

 今年度から始まった、ゆらぎ倶楽部による「きゅうり収穫体験」に行きました。
 生産者の畑さんたちが大切に育ててくださった、ビニールハウスのきゅうりを収穫し、取りたてのきゅうりを皆さんとその場でいただきました。その瑞々しさと美味しさに、きゅうり嫌いの子どもも思わず魅せられていました。
 会場を移し、生産者の方々を囲んでの産直交流会では、昨年の地震の時の様子や、3年がかりでやっとできたきゅうりの苦労話、育てているきゅうりの品種の紹介と、その美味しい食べ方などたくさん教えていただきました。
 畑さんのきゅうりへの熱い思いをお聞きし、生産者の方々との顔の見える関係のすばらしさを改めて感じました。

 

      

 

      

 

(県央東地域本部ながみね地区委員長 吉井 敦子さん寄稿)





健軍・桜木地区主催で「シアバター配合アロマクリーム作り」を開催しました

 

 12月9日(金)健軍文化ホールにて「シアバター配合アロマクリーム作り」を行いました。まず、講師の先生よりアロマテラピー講座があり、エッセンシャルオイルについて詳しく教えていただきました。
 その後はシアバター配合アロマクリーム作り。まずは3種類のアロマオイルの中から自分の好きなオイル1種を選びました。香りを嗅ぐことで癒し効果になるので、効能より香りでアロマを選んだ方が良いとのこと、香りを選ぶ時の皆の嬉しそうな表情がとても印象的でした。
 会場にはアロマオイルの心地良い香りが漂う中、和やかな雰囲気で楽しくアロマクリーム作りをすることができました。できあがったアロマクリームは本当に良い香りで、保湿効果も高く、乾燥が気になるこの季節にピッタリ。いつも頑張っている自分への少し早いクリスマスプレゼントになりました。
 ティータイムではグリーンコープのガトーショコラを食べながら、話に花が咲き、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。
日々の生活の中で皆、何かしら疲れやストレス等があると思いますが、アロマを生活の中に取り入れることでリフレッシュできたり、癒されたり、さらに豊かな楽しい暮らしを送れたらと思います。今回のアロマクリーム作りは、はじめてアロマを使った方にも分かりやすく、また興味を持つきっかけになったのではないかと思います。
 カタログでエッセンシャルオイルが載っていた際には、ぜひお試しください。その時期にあったものがチョイスされているそうですよ。

 

 

(健軍・桜木地区委員 佐藤 ちづるさんより寄稿)





県央東地域本部主催で「子どもたちが地域で生活するために 〜重度心身障がい児(者)の家族のレスパイトを考えよう〜」を開催しました

 2月13日、くまもと県民交流館パレアにて、県央東地域本部主催の学習会「子どもたちが地域で生活するために 〜重度心身障がい児(者)の家族のレスパイトを考えよう〜」を開催しました。
 講師に認定NPO法人NEXTEP(合志市)理事長の島津智之先生をお迎えして、取り組んでいらっしゃるレスパイトケアに関する“なりたち”から“熊本地震直後の様子”や “現状と課題”など、今後私たちが第五次福祉事業3ヵ年計画において検討していくヒントをたくさん教えていただきました。 
 先ずは「レスパイトケアとは何か?」ということを、端的に「家族がひと休みできるサービスの全てを指す幅広い概念」とおっしゃいました。具体的に、2000年12月に活動を開始されてから今日まで、《子ども専門の訪問看護ステーション・ステップ♪キッズ》《子ども専門のヘルパーステーション・ドラゴンキッズ》《医療と福祉の連携をコーディネイトできる専門の相談員を配置した相談支援事業》《通園サービス・ボンボン》を次々に開設して来られています。 
 そのどれもこれもが、「子どもは子どもの中で子どもらしく」「一番弱い立場にある人たちが笑顔になれる社会は、きっとみんなが笑顔になれる」という信念のもと、成長する子どものニーズに合わせた支援を実施された結果なのです。 
 これからは多様性を受け入れるあたたかさが時代を切り開く鍵だということでした。さらに、支援者が一方的に支えているのではなく、支えられている部分もあるとおっしゃっていました。 
 ここでも共助・ささえあいの精神が活かされ、動かれているのだなぁと思いました。 
 配布されたパンフレットには、「これからも笑顔あふれる地域社会を創りだすために、地域の人々と共に、医療・福祉・教育等の諸問題について、問題点の解決のために必要な事業を考え、行動に移していきます」と書かれていました。 
 私たちも、地域福祉の課題について引き続き積極的に学び、何が必要で何ができるのか、先ずは知っていくことで、今後に繋げていきたいと思います。
 なお、この取り組みは福祉活動組合員基金の助成を申請予定です。

 

(県央東地域本部 福祉活動委員会委員長 磯川多香子さんより寄稿)





県央東地域本部主催で、第10回ゆっくりはなそうかい「ミモザと春の草花のスワッグ作り」を行いました

 2月11日、グリーンコープしみず店2F りすのお部屋にて、第10回ゆっくりはなそうかい「ミモザと春の草花のスワッグ作り」を行いました。
 今回で最後となる、ゆっくりはなそうかいに、子どもと一緒に参加しました。スワッグとは、独語で壁飾りの意味があるそうで、今回は花束をさかさにしたような形のスワッグを作りました。カナリヤイエローのかわいい元気なミモザ、桃の花、黄色のスイートピーやラフィアを使い、春らしい作品ができました。
 グリーンコープのおいしいお茶やケーキもいただき、参加の組合員さんと「震災から10ヶ月たったけど、今だから話せることがある」「なかなか思うように支援が進まない」「やはり、大きく価値観を変えた体験だった」など、震災のことを思い思いに語り、また、子どもの進学、学業、スポーツ、成長のことなども、まだ子どもが小さい私は、知らないこともたくさん聞けて、よい刺激を受けました。春の生花に触れて元気になり、終始気さくで楽しくなごやかな時間となりました。

  

  

  

(大江・水前寺地区委員長 藤野 美保さんより寄稿)

 





阿蘇地区主催で、愛農会「産直野菜料理交流会」を行いました

2016年11月22日(火)、阿蘇地区主催で、南阿蘇村白水保健センターにて、愛農会「産直野菜料理交流会」を行い、22名が参加しました

 

 今回は、根菜たっぷりの「ぎゅうぎゅう焼」がメインの料理交流会でした。生産者の方々から有機農業へのこだわりを直に聞き、大切に自信を持って育てておられることを知りました。
 カタログを広げたその時に、生産者さんの顔を思い出しながら注文します。

 

(阿蘇地区副委員長 岡部とし子さんより寄稿)

 





県央東地域本部 福祉活動委員会で、多機能型事業所サンシャインワークスの視察に行きました

 1月13日、合志市にありますサンシャインワークスの視察に行きました。
 広大な土地と、大変大きな施設の中で、障がい者の方がお一人おひとりの特性や能力に応じて黙々と一生懸命に作業をされていました。
 グリーンコープのカタログも丁合されており、膨大な量のカタログを1つひとつセットし、クリアケースに封入していくのですが、そのスピードがものすごく速く、かつ正確に行われており、思わず見とれてしまうほどでした。
 組合員の方の中にも「見ないカタログは外してほしい」「無駄だ」という意見もあるそうですが、皆さんの思いのこもったカタログ、ぜひ大切にすべて目を通していただきたいと思います。
 施設長の方がお話されていた中で印象深かったのは、「何をもって障がいというのか。その人その人の個性、特性をきちんと見極め、職員がきちんとサポートし、最大限能力を発揮できるようにする。私たちはただ、就労したいという障がい者に少し配慮し、心遣いをするだけです」ということでした。障がいの等級や区分、程度で判断するのではなく、障がい者に寄りそう姿勢こそ「地域福祉」に通ずる大切なことなのだと思います。

  

  

 

(県央東地域本部 福祉活動委員 久保智絵美さんより寄稿)





益城地区主催で映画上映会「うつくしいひと」を開催しました

 

 熊本地震で大きな被害のあった益城地区で、今年度始めての取り組みとして、 1月28日(土)益城町交流情報センター ミナテラス 視聴覚室にて、益城地区主催で映画上映会「うつくしいひと」を開催しました。組合員を含む94人が参加。
 「うつくしいひと」は熊本出身の映画監督と俳優による、熊本の美しい風景、街並みを舞台にした短編映画です。今まで当たり前にそこにあった震災前の熊本の風景・日常が描かれています。
 上映会の後は、グリーンコープ災害支援センターから震災支援報告がありました。また、会場の外にえほんバスを設置し、参加された子どもたちに絵本のプレゼントをしました。

 

 

【震災支援報告】グリーンコープ災害支援センター:村上常務

 熊本地震発生直後から支援活動を続けています。はじめのころは組合員から地域の情報を受け、支援物資・おにぎり・お弁当などを避難されている方々に届けました。4/29からはグランメッセで炊き出しを始め、約4ヶ月間、毎日炊き出しを行いました。また、入浴施設を避難所などに出張させたり、休校で学校に行けない子どもたちのために「親子ひろば」を開いたりと、被災者に寄り添った支援活動を行ってきました。また、生活再生相談等、現在も継続して行っています。
 日が経つにつれ支援内容も変わってきて、買い物が困難な仮設に移動販売カーを出したり、仮設住宅に入居される方に生活応援セットを配布したり。その後、仮設住宅でのコミュニティづくりのイベントなども行っています。
 地震発生から9ヶ月が経ちましたが、今からが大変な時期だと思います。これからも支援を続けていきます。

 

【県央東地域理事長あいさつ】県央東地域本部:竹内地域理事長

 私も小さい頃から通っていた道を、今日通ってきました。当たり前の風景が変わっていて、心が痛みました。
 これから、益城は復興に向け進んでいくと思います。私たちも心に寄り添った支援をしながら、明るい未来に向かって一緒に歩んでいきたいと思います。

 

 

【終わりのあいさつ】益城地区:松川地区委員長

 熊本地震で被災された皆様にこころよりお見舞いを申し上げます。また、支援に携わられている皆様に感謝申し上げます。今回の地震で、私たちは深い傷を負いました。見知らぬ人と声をかけあって、泣くことも忘れて、無我夢中で毎日を過ごしていました。
 今日の映画では、震災前の美しい熊本の自然が見られました。映画の中で「一瞬の出来事が永遠に心に残る…かもしれない」という言葉がありました。熊本地震によって、なにげない日常がどんなに大事だったかと気付きました。それとともに人と人との絆や思いやりを感じることができました。
 一人ひとりの力は次への大きな力となっていきます。復興に向け、地区活動再開の第一弾として今日の上映会を企画しました。次は3月の地域組合員総会を行います。茶話会も行いますので、みんなで一緒にいろんな話をしましょう。

 

(参加者の感想)
・映画を観て、熊本はきれいだなと改めて感じた。
・象徴的な映像が、心情も含めて描かれていて、とても良かった。良い時間をいただき、ありがたかった。
・益城の方々の会話を聞いていて、まだまだ普通の状態ではないと感じた。
・グリーンコープが支援活動に力を入れている様子を知り、益城に住んでいる私も何かしないといけないと思った。

 

 

【えほんバス】

上映会のあと、えほんバスで絵本を選ぶお子さんたち

 





県央東地域本部主催で「第9回 ゆっくりはなそうかい『子ども料理教室』」を開催しました

 

 1月21日(土)、元気館しみず2階 多目的室にて、ワーカーズコレクティブ「食育の会わくわく」による「子ども料理教室」を開催しました。
 魚の味噌煮や香りすまし汁等のメニューで、魚を1人1匹ずつさばいたり、野菜を切ったりするところから自分たちで作りました。調理から盛り付けまできちんとできた子どもたちはみんな誇らしげでした!!
 また、できた料理は、親子で一緒にいただきました。お父さんやお母さんから「すごく美味しい!!」とごほうびの言葉をもらい、食を通じて笑顔あふれる子ども料理教室でした♪

 終了後にはワーカーズの皆さんと参加者で茶話会をしました。コーヒーとグリーンコープの美味しいケーキを食べながら楽しく交流しました。

  

(県央東地域本部地域理事長 竹内 智子さんより寄稿)






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

プロフィール

書いた記事数:507 最後に更新した日:2018/10/17

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者