健軍・桜木地区主催で「菊池地域農協大津 産直野菜料理交流会」を行いました

9月13日(火)健軍文化ホールにて「菊池地域農協大津 産直野菜料理交流会」を行いました

 組合員14名に生産者・JAの方が7名の計21名での交流会となりました。

 菊池地域農協大津は2つの部会から成り、さつまいもは「大地有機研究会」、里芋は「瀬田園芸部会」のものを使用しました。まず、各部会より熊本地震の被害報告、現在の様子などのお話がありました。生産者の方からの直接のお話は大変心に沁み、「しっかり食べて貢献したいね」という参加者の声も挙がっていました。
 今回は3班に分かれ、各班に生産者の方1〜2名入っていただきました。一緒に調理しながら、野菜のことだけでなく熟練主婦の知恵を教えていただいたり、和気あいあいと楽しく交流する姿が見られました。ひと班で一品ずつ、里芋の入った鶏ずし(炊き込みご飯)、お姫さん団子汁(さつまいも入りの団子)、さつまいもと鶏手羽肉のレモン風味煮が出来上がり、どれも美味しく、「自宅ですぐに作ろう!」と意気込んでいる方もいらっしゃるほどでした。
 調理をしながらお話を聞くことで、生産者の方々がしっかりと「安心・安全」に心がけて栽培されていることを直接感じることができ、これからカタログで目にする度に生産者さんの顔を思い出す、そんなきっかけになったのではないかと思います。

(健軍・桜木地区 帆足 このみさんより寄稿)

 

 





京北地区主催で産直びん牛乳工場見学を行いました

夏休みも残りわずかとなった8月23日。
大人11名、子ども8名、計19名でバスに乗り、産直びん牛乳の工場である「雪印メグミルク福岡工場」へ行ってきました。
工場内はとても清潔な環境で、徹底した温度管理がされていることがよく分かりました。
子どもたちは、空のびんに牛乳がみるみる注がれていく様子を食い入るように見つめていました。
今回の工場見学により、いつも飲んでいるびん牛乳のよさを改めて確認できたとともに、工場の方々の温かさも感じることができ、これからもより一層びん牛乳がいとおしくなりました。
このような牛乳を毎日飲むことができる幸せを感じました。

                                                                               (京北地区 村上 十夜美さんより寄稿)

 





元気館しみず12周年夏祭りを開催しました

 7月23日(土)元気館しみずにて、元気館しみず12周年夏祭りを開催しました。元気君マーチをみんなで踊りました。踊る元気くんのかわいさに、皆、笑みがこぼれていました。

 

  

 

 店舗の外にテントを張り、フランクフルト、カレーライス、いか焼き、ヨーヨーつり、くじ引きコーナーなどを出店し、たくさんの来場者でにぎわいました。
 氷柱の中に入っているお菓子を取るために、一生懸命氷を手で溶かして、お菓子と一緒に涼しさもゲットしていました。

 

  

 

  

 

 

 会場には、浴衣姿の女の子や、元気くんのお面をつけたヨチヨチ歩きのお子さんなどもおられ、夏祭りを演出してくれました。

 

◆参加者の感想
 カレーライスがおいしかった。トレーがリサイクルの容器で、グリーンコープらしくていいなあと思いました。

 

 

 

 





県央東地域本部主催で、「ささえあう熊本 元気くんバッジ贈呈式」を行いました

 8月2日(火)県央東地域本部倉庫にて、県央東地域本部主催で「ささえあう熊本 元気くんバッジ贈呈式」を行いました。
 熊本地震が起きてすぐ、ご自身が被災したにもかかわらず、私たち組合員に配達を続けてくださった職員の皆さん、何処もお店が開いてない時、店舗を開けて下さったワーカーの皆さんに、感謝の気持ちを込めて、組合員手作りの元気くんバッジとメッセージ集をプレゼントしました。職員・ワーカーの皆さんにとても喜んでいただき、元気くんバッジを毎日つけてくださってます。

 

 

東部センター長・北部センター長より
「かわいいい元気くんバッジありがとうございました。まだまだ震災の復旧には時間がかかりますが、組合員さんの期待に答えられるよう、今後もスタッフ一同頑張っていきます。よろしくお願いします!!」

 

 

(県央東組合員事務局 東 智子さんより寄稿)

 

 

 

 

 

 

 





県央東地域本部 大江・水前寺地区主催で「愛農会スイートコーン収穫体験」を開催しました

8月5日、県央東地域本部大江・水前寺地区主催で「愛農会スイートコーン収穫体験」を開催しました

 

 愛農会スイートコーン収穫体験で山都町へ行ってきました。組合員、未組合員、計14家族の参加で、現地は熊本市内より5℃程気温が低いことにまず驚きました。早速畑で、大きくて、しっかり中身のつまったスイートコーンを収穫し、その場でかじる子どももいて、おいしさを実感しました。
 昼食交流会では、生産者さんと共においしい昼食をいただき、栽培のこだわりとして、メンバーの方が育てている豚から出るフンを肥料に、おいしく作っていること、甘すぎる種類は虫がつきやすいため、最初に出たアメリカンという種類で、うま味、甘味のバランスが良いものを自信を持って作っていること、受粉の際めしべの先に使う農薬も使っていないこと、長く30年以上無農薬栽培を続けていることなど教えていただきました。
 宝さがしでは、子どもたちが木の枝先や植え込みに隠してあるお宝を必死で探し、○×クイズで盛り上がりました。生産者さんと実際に会えて、共に楽しい一日を過ごせて、これからもこだわりのいっぱいつまった野菜を、よりおいしく料理し、さくさん食べようと思いました。

 

(大江・水前寺地区 藤野美保さんより寄稿)





県央東地域本部ながみね地区主催で「蠱呂留社」工場見学を開催しました

 8月8日(月)、夏休み企画として、山鹿市にあるせっけんメーカー蠱呂留社にバスで工場見学に行きました。
 当日は15組37名の参加がありました。初めに工場内の案内をしてもらい、過程を説明していただきました。炭せっけんやキッチンのしゃぼんなど、稼動している所を見学させてもらい、次に学習会と実験をしました。
 社名の由来や、せっけんの特徴など、分かりやすくお話して頂き、ペットボトルを使った実験では、小さい子どもたちも楽しそうに参加していました。
 普段使っているせっけんについて知ることができた良い機会でした。夏休みの宿題にもなり、短縮された夏休みでしたが、楽しい1日になったとの感想も出ました。親子でせっけんのことを学ぶ、有意義な1日となりました。

 

  

  

  ( ながみね地区委員長 西本 美香さんより寄稿 )





県央東地域本部主催で「ゆっくりはなそうかい第4弾 小学生習字教室」を開催しました

 8月19日(金)、県央東地域本部主催で「ゆっくりはなそうかい第4弾 小学生習字教室」を開催しました。

 ゆっくりはなそうかい前半は習字教室。10枚で、集中してしあげましょう!という先生の言葉にしんけんに子どもたちはとりくんでいました。

 終了後はおたのしみの茶話会。ケーキやジュースで楽しいひとときを過ごしました。

 

(県央東地域本部 米森さんより寄稿)





県央東地域本部主催で、「親子でゆっくりこどもえいが上映会」を開催しました

 県央東地域本部では、地震発生後、震災に会われた皆さんが少しでも元気になれるようにと、毎月1回「はなそうかい」を開催しています。
 7月23日(土)は、「はなそうかい第3弾」として、元気館しみず2階りすのおへやにて、「親子でゆっくりこどもえいが上映会」を行いました。約20名の親子が参加されました。
 竹内地域理事長が、「きょうは、映画を楽しんでください。」と挨拶。参加した子どもたちは、おやつに配られたグリーンコープのお菓子を食べながら、映画を楽しんでいました。
 映画上映後、子どもたちは、風船遊びなどを楽しみ、お母さんたちは、GCコーヒー大福とコーヒーをいただきながら、普段のちょっとしたことや、子育ての話などを思いお思いに話し、リラックスした時間を過されていました。

 

 

    





こうし地区主催で「地域総代さんお茶しませんか♪交流会」を開催しました!!

 7月13日(水)に麻生田地域コミュニティセンターにて、「地域総代さんお茶しませんか♪交流会」を行いました。大雨の中お集まりいただきましてありがとうございました。
 交流会では、地震直後あってよかった商品やグリーンコープの大好きな商品、夏に大活躍のレシピ、今年度やりたい取り組みなどの話題で大変盛り上がりました。
 今年度やりたい取り組みの話題の中で「豚肉枝肉学習会」や「魚のさばき方講座」「顔ヨガ」「ゆるベジ」「スイーツ作り」などの声があがったので、地区運営委員会で検討したいと思います。楽しい取り組みを企画したいです♪

(こうし地区 金子 弓さんより寄稿)





しみず地区主催で共済学習会「くらしの中の身近な税金」を開催しました

 6月20日(月)に、元気館しみずの多目的会議室にて、一般社団法人グリーンワークスFP円縁からファイナンシャルプランナーの御書さんを講師に招き「くらしの中の身近な税金〜税のしくみをしろう〜」の学習会を開催しました。子育て中の方、お孫さんのおられる方と幅広い年齢層18名の組合員の参加がありました。
 所得税、源泉徴収票の見方、配偶者控除、生命保険料控除、確定申告の仕方等について学びました。税金は約50種類あり、健康で豊かな生活を実現するための財源という話がありました。配偶者控除を受けられる103万円の仕組みの話もありました。社会保険料控除の話から年金の話へと発展しました。皆さん熱心に聞かれ、質問も多くありました。その都度、御書さんが丁寧に答えられました。CO-OP共済の話もあり、地震保険の加入を考えられた方もおられました。
 参加された方々から「とても詳しく話してもらって良く分かった」「人生設計を立てる上でプラスになった」「家計簿サークルでもっと深く学んでいきたい」「生活に密着した税金にしっかり向き合っていきたい」等の感想がありました。もっと深く学びたいという皆さんの意欲が強く、節税の情報、相続について、年金の仕組み等の学習会の要望もありました。今後の取り組みに活かしていきたいと思いました。

(しみず地区 上村 貴世さんより寄稿)

 






グリーンコープ生協くまもと公式サイトはこちら

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

プロフィール

書いた記事数:475 最後に更新した日:2018/02/14

サイト内検索

携帯サイト

qrcode

管理者